薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

アロエ育毛剤の体験

育毛剤ではアロエ成分の育毛剤はどれもよかったです。
あるいは手作りアロエ育毛剤も実行しましたが、これもOK。
発毛サプリメントでは、
スピルリナ
ローヤルゼリー
ビタミンE
レシチン
ビール酵母
黒ゴマ
など。
薄毛を治したい方は、少しずつでも、試してほしいです。
私には効果があります。
副作用もなく、安心して私は使用しております。
髪の悩みを抱えている人は、とにかく自分でできることから改善をしてみることが大切で、髪の毛が突然抜け始めたのには何か原因があるはずです。
まずは、原因をきちんと考えることが重要となります。自分の生活習慣を思い返して、問題点を洗い出しましょう。
じっさい、薄毛に悩む人は、健康雑誌などもよく読むので、育毛の知識を得るとともに、健康オタク的になるようです。
それは、いいことなのです。
ネットで、できるだけひんぱんに、育毛情報を集めましょう。
その一方で、お金も投資して育毛剤を試すことも必要だと感じています。

育毛剤を考える

育毛剤には二つの種類があります。
1.身体の中から働きかける飲む育毛剤
2.直接頭皮につける育毛剤
2番目のほうは、発毛の効果を感じられない方が多いようです。
ハゲの原因は人それぞれ。
皆に効果が出る育毛剤はないのです。
効果の高いと話題の飲む育毛剤で効果が出ないと言う場合、その人の体質や生活習慣に悪い部分があるかもしれません。
生活習慣がッハゲになりやすいとか。
心理面でのストレスが大きく身体の状態が悪いとか。
運動不足なども血行の悪化をまねくので、ハゲ要因になります。
頭皮につける育毛剤はせいぜい現状維持の効果があるだけ。
私の体験ですが・・・・・。
発毛するという効果は期待できないのです。
一方、飲む育毛剤の代表はプロペシア。
世界60カ国で使用されています。
プロペシアは最初は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
服用した患者の毛髪が増えるという現象が起こったので研究されて、育毛効果があることがわかりました。
AGAの多くは、男性ホルモンである「テストステロン」の影響でハゲになりやすい。
プロペシアは男性ホルモンの作用を妨げるのでハゲ対策として効果がある。
日本では承認はなかなか得られませんでした。
2001年からプロペシアの臨床試験を行っていた万有製薬が、2005年10月に「プロペシア錠」の輸入承認を取得し、2005年12月14日に国内での発売を開始しました。
万有製薬のクスリでは、0.2mgと1gがあります。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

私としては体験上、副作用が出たのでお勧めはしません。
とくにこれから子供を作る予定がある人は。
中高年の人でも、気力をなくしたりしますから、できるだけ飲まないほうがいい。

育毛の成功確率を高めよう

育毛漢方の世界では「髪の毛は内臓を映す鏡」と診ます。
髪の毛と内臓は深く関係しており、具体的な例としては肝機能が弱くなれば、髪の毛が少なくなったり、パサパサになってきます。
生活が乱れたり、暴飲暴食が続けば、内臓が疲労し、薄毛化が始まり、白髪が出現したりします。
髪の毛のダメージが見られたなら、体の中のどこかが不調になってきたと考えて間違いありません。
髪の毛がいきいきとして若々しい人は、肉体的にも若く、髪の毛が元気がなくヘナヘナの場合には、肉体的にも老化しているといっていいのです。

髪の毛を弱らせる原因は、食生活を含めた生活習慣の乱れなのです。
まずは生活習慣を見直してみることから発毛は始まるのです。
髪の毛を増やす生活習慣としては野菜の摂取が大事ですよ。
まずは野菜を取り入れることを意識してみませんか。
私が育毛に成功したのは、昭和56年の対策を始めた頃からずっと、野菜の摂取に留意してきたからだと思うのです。
もし、育毛剤に頼るようでしたら、失敗して、今頃は「ハゲ」と呼ばれる状態だったはず。
セーフ。
助かった。
平成31年の今でも、あまり育毛の成功確率は高くないのです。
プロペシアや、ザガーロなどの育毛薬が登場しましたが、それでも、成功確率は高くはないのです。
野菜を食べなきゃね。
私の成功は、
野菜摂取
充分な睡眠
育毛栄養
心の平安
なのです。

育毛栄養ではカイセイ堂のミレットコラーゲンが一番効果的でした。

 

 

飲む育毛剤や塗る育毛剤を使用する前に、薄毛回復法の基本について考えてみましょう。
薄毛回復法としての方法は、ネットで検索するといくつか発毛効果の高そうなのがみつかることと思います。
しかし併用して、基本的には頭皮マッサージを実行したいのです。
薄毛回復のためには頭皮マッサージを毎日続けることは効果的です。
私はこの26年間、さまざまな育毛関連書籍を読んできましたが、頭皮マッサージに関しては「肯定派」と「否定派」がいることがわかりました。
私は肯定派です。
優しく、ソフトに頭皮をマッサージするのは発毛に有益です。
ただし強く刺激を加えるのは良くないのです。
否定派の人は、強く刺激して失敗した事例をもとに否定しているのだと思います。
また、頭皮マッサージをしたからといってハゲの進行や、髪の毛が細くなるのがピタリと止まったりすぐに髪の毛がボウボウに生えてくるわけではありません。
頭皮マッサージの効果は抜け毛の進行度や個人差はあるでしょうが、毎日続ければ薄毛回復には役立つのです。

頭皮マッサージをすることで頭皮の血行が良くなるので、血液とともに髪の毛の生育に必要なものが届くからです。
結果として毛乳頭に届く栄養量も増え髪の毛自体も強くなるわけです。
また、若ハゲや抜け毛予防のためには正しい方法でマッサージしないと、こすったりすると、頭皮にダメージを与え、かえって逆効果にあることがあり、要注意です。
こするのは良くないです。私も育毛を始めたころ、容量が分からずに失敗したこともあるのです。
こすらないでください。
飲む育毛剤や塗る育毛剤に頼るだけではなく抜け毛予防には毎日の食事をバランスのいいものに変えていくことも忘れないでほしいのです。
現代の食生活では動物性のたんぱく質は必要量以上の摂取をしているのです。
髪の毛の成分といえるケラチンはたんぱく質の一種ですが過剰な動物性たんぱく質の摂取は抜け毛の原因であると考えられますから、良質なたんぱく源である納豆や豆腐など大豆製品の摂取を心がけましょう。
体全体の調整を行ってくれるビタミンを摂取することを心がけると育毛にはいいですね。
飲む育毛剤を飲む前に、抜け毛予防に良いといわれる昆布やわかめなどの海藻類やかきやレバー、いわしなどに含まれるミネラル類も体にとっては必須です。
ミネラルは体内では一切生成できない成分ですから意識して摂取することです。
不健康な食生活が、薄毛回復を妨げます。食生活と薄毛回復の因果関係は大きくかかわっています。
口から育毛栄養を摂りましょう。

 

薄毛対策にはスピルリナを多く食べることからスタート

薄毛を治すための情報はあらゆるところから仕入れましょう。
情報なくしては、育毛の成功は難しい。
成功した人の話を聞きましょう。
このブログも大いに役立つのです。
私は育毛に成功した数少ない人物の一人なのです。
さて、この本ではハゲや薄毛を防ぐには身体の健康が前提と言うことを述べています。
たとえば、いろんな場所でスピルリナのことを書いています。
あなたも、
スピルリナの育毛パワーを体験しよう。
決して「スピルリナさえ飲んでいたら髪が生える」とは言いません。
それほど容易なものではないのですよ、育毛は。
ただし、スピルリナなくして育毛なし、と言いたいのです。
必須の栄養素です。
うれしいことに、現在は安価で、しかの内容の良いスピルリナを買うことができるので、うれしいのです。
スピルリナで育毛することは、再現性の高いノウハウです。
ちなみに私は昭和56年から、さまざまな育毛法を試してきましたが、スピルリナはそのころから欠かしたことはありません。
なお、スピルリナはプーアール茶で流し込むように食べます。
平均的には1日10粒程度らしいのですが、私は1日に40粒〜50粒食べます。
睡眠不足や、肉を食べすぎたときなどは1日に60粒くらい食べています。
スピルリナは「スピルリナ普及会のものにしましょう。
安価でしかもま品質もいいのですから。

 

これは、もう、ブランドを迷わなくていいのです。
 

 

薄毛を治す確かな方法

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

精神世界のことに興味のある人はよく知っていると思うが、

 

「引き寄せの法則」

 

というのがあるよね。

 

これは「ある」と私は思ってる。

 

 

心からの強い願いは、磁力をもっていて、対象物を引き寄せるのです。

 

薄毛を治す場合にも、この引き寄せの法則、あるいは「潜在意識の活用」というのが重要なのです。

 

もし、活用がうまくいかないと「効果のない育毛剤」「効果のない育毛サプリ」のようなものを選んでしまう。

 

 

その結果、お金と髪の毛を失うわけです。

 

 

これはつらいよね。

 

 

では、「髪の毛が生える」ための正しい引き寄せ方法とは、どういうものか?

 

一つは、正しいテキストブックを選ぶこと。

 

実績のある方法を選ぶこと。

 

 

これが前提です。

 

 

継続率93%!回生堂メンズミレット

 

 

その育毛方法を理解して「これなら、きっとハゲは治せる」と確信できるか、どうか?

 

 

これがポイント。

 

 

私は23歳の頃、そう、ハゲはじめて絶望感に打ちのめされていたころ、漢方の育毛法と「自然美」の商品を知った。

 

 

そして、「これなら、救われる」と直感的に思った。

 

自然美の商品は決して安くはない。

 

 

スピルリナも500粒で5000円くらいしたんですよ。

 

ミネラルやイノシシ毛ブラシも数千円しますからね。

 

 

しかし、「ハゲないためには、なんでもする」と決めたので、お金と時間を投資した。

 

 

その結果、何度か危ない状態もあったが、ハゲずに済んだ。

 

同年代の髪の毛の量に近い感じで推移してきた。

 

 

しかし、ハゲ遺伝子のパワーは強く、どんなに努力しても、「平均以上」の髪の毛にはならなかったね。

 

 

これはしかたがない。

 

ハゲとからかわれることがないだけで「成功」と思うよ。

 

 

で、位引き寄せの則を育毛で実現したいのなら、まずは、情報を集める。

 

 

そして「髪の毛を増やすためには、自分でできることは何でもする」という決意。

 

 

この決意をしたときに、引き寄せの法則が作動し始めるのです。

 

 

作動し始めると、効果の高い育毛商品と出会うことができるようになりますよ。

 

 

メンズミレットはその代表。私の場合。

継続率93%!回生堂メンズミレット

漢方育毛法を続けたほうが近道だと思い実行した・・・・結果!!

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

髪の毛が薄くなる体質の人。

 

この人は「薄くなるのが正常」なのです。

 

そういう体質なのですから。

 

 

体質なのです。

 

背の高くなる体質の人は、背が高くなるのがあたりまえ。

 

太る体質の人は太るのが当たり前。

 

体質に「逆行」するのは、並大抵のことではないのです。

 

具体的には、食べ物を武器として、体質変換を図ることです。

 

 

身長も体重も頭髪も、食べ物で大きな変化が起こりうる。

 

 

背を伸ばしたくないなら栄養を取らないことです。

 

お菓子ばかり食べて、睡眠不足状態にしておく。

 

 

そうしたら背は伸びにくい。

 

 

太りたいなら、カロリーの高いものを食べまくる。

 

そうしたら太る。

 

 

ハゲたいのなら脂質の多いものを食べる。

 

睡眠もあまりとらない。

 

 

そうしたらハゲてくる。

 

 

食べ物と生活習慣で人間の体は変化するのですね。

 

医療的な育毛法ではプロペシアで悪玉酵素を押さえつけます。

 

 

一方漢方育毛法も、口から取り入れる栄養によって悪玉酵素を押さえつけるのです。

 

安全面からは漢方療法が優れています。

 

 

私はプロペシアの体験があるのですが、「もう、いやだ」と感じています。

 

 

副作用あり。

 

私の場合にはね。

 

結局、長く続けることでプロペシアの副作用も大きくなると思うのです。

 

 

ですから、安心して続けられる「漢方の育毛法」を実践するほうが、結局は成果が出やすいのです。

 

 

昭和56年に実行し始めた漢方育毛。

 

 

当時、私が利用していました「自然美」という漢方育毛法の商品販売部門は今も運営されています。

 

 

今までいろんな「新しい育毛法」が登場しては消えていった。

 

 

マイナス温度の冷気を頭皮に当てて、刺激を加えるサロンなども私の住む町にあったが、もちろん今はない。

 

効果があるものが長く愛用されるのです。

 

 

参考  自然美

 

 

薄毛を治す特別セット

 

 

 

 

 

育毛漢方で髪を増やしてほしい

育毛ノウハウは「再現性」が決め手なのです。
数年前のSTAP細胞疑惑。

STAP細胞の疑惑で小保方さんが理研から批判されたのは、結局のところ、
まだ、追試に誰も成功しなかったからです。
いや、小保方さんは「私のほかにも成功した人がいます」と記者会見で発言しましたが、
どこの誰とも言いませんでした。
あんなにつらい目に遭っているのに?
追試に成功した人は、なぜ、名乗りを上げないの?
「小保方さんは正しい私もSTAP細胞を作った」
と言えば、一件落着なのに。
 

 

ここが「信じられない」部分です。
疑惑が深まるところなのです。
追試。
自分だけが「成功した」のでは、説得力がないわけだ。
発毛にも同じことが言えるのだ。

「これで、生える」
という言葉が真実味を帯びるのは、再現できる人が大勢出てこそなのだ。
「私も生えた」
という人が次々と名乗りを上げることなのだ。
漢方の育毛法で私は生えた。
強い薄毛遺伝子を抑え込みつつ、髪の毛を維持してきた。
満足している。
だが、
あなたはどうか。
もう、満足のいくレベルまで髪が生えたのか?
まだならば、育毛漢方療法を試してほしい。

⇒ 薄毛を治す特別セット

再現してほしいのです。
もし、再現できない場合は・・・・?
そのときは、べつの方法を検討していけばいいだけ。
平成30年の現在は、いろいろな育毛法があるからね。
有名なのは、
プロペシアやミノキシジル。
あるいは、いろいろな育毛剤を試すのもいいでしょう。
現代の日本にはいろいろな発毛法があるからね。
ハーグ法とか。

 

漢方法で成功したら、ぜひ、できるだけ多くの薄毛で悩む人に伝えてあげてください。

薄毛の季節を乗り切りましょう

美容室に、髪を切りに行くたびに、
「どんどん髪が少なくなっている・・・・」
などと悩んではいませんか?11月は薄毛の季節でもあるのです。
秋は髪の毛が少なくなる時期。「もう、ここまで薄くなったら、ハゲと呼ばれそう・・・・」とブルーな気持ちになりがち。

 

落ち込むよりも発毛の努力です。
遺伝性のハゲでも私は対処できました。
詳しくは「育毛漢方」で検索してほしい。
急いで発毛させるためにはコラーゲンを活用します。
これが、速さでは一番早い。
早いから、心が折れずに継続できる。
あまりに早く見た目が変わるので「ついに、カツラをかぶったのか?」と言われることもあるくらいです。
薄毛対策は対処が遅れると、悩みは深刻になるばかり。
症状が初期段階で「生える育毛方法」に出会うことほど重要なことはありません。
育毛剤で対処している場合には、「もう、生えないのだ」とあきらめる人が多い。
今まで何をしても生えなかった場合でも、まずはコラーゲンを試してみることです。
数か月後には、もう、髪の毛を気にしなくなってくるほど髪ボリュームが増えるでしょう。
私の飲んでいるコラーゲン会社が、商品の改良を行いました。
ツバメの巣を配合したのです。
これで育毛効果はさらにアップ。
2か月後、美容室で満足できる状態を楽しんでください。

薄毛を治す成果が出ない人は必見記事

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ハゲる怖さは体験した人でないとわかりません。

 

「ああ、これからオレはハゲていくのだな・・・・・・」

 

という不安感。

 

 

ましてや20代で、これから楽しい時期をすごそうとするときに遺伝的なハゲの兆候が出始めると、

 

 

「こんなはずじゃ、なかった!!」

 

と理不尽な思いをします。

 

人によっては親を恨んだりもします。

 

 

「ハゲ体質を、俺によこしやがって・・・・・・」

 

あなたの親もハゲたくてハゲたのではないのです。

 

 

天のはからいで、薄毛体質の人20%のほうになったのです。

 

2割程度の確率でハゲ遺伝子は「当たりくじ」になっちゃうからね。

 

 

大当たり!!

 

 

うれしくなんか、ない。

 

悲惨。

 

なぜ、悲惨なのか?

 

 

平成30年の日本社会では、ハゲはからかわれてのしかたがない。

 

 

テレビもよくないよね。

 

ハゲお笑い芸人をからかって、その場をもりあげようとする。

 

トレンディ・エンジエル。

 

自分から、先回りして、薄毛をネタにしたりして。

 

テレビで行われていることを、現実社会でも再現する社会。

 

 

こうなっては、薄毛の人は「絶対にイジられる」と覚悟すべき。

 

 

そして、イジられるのがいやならば、「髪の毛を生やすしかない」わけだ。

 

 

どうしても、生やしたい人は、生やすことができます。

 

 

「できたら、生えればうれしいのだが・・・・」程度の気持ちでは、なかなか髪の毛を生やすことができない。

 

 

40年近い育毛生活で俺にはよくわかっているんです。

 

「体質を変革しないと、髪の毛は生えない」

 

のです。

 

根本的に体質を変えるのは無理。

 

持って生まれた体質は、頭髪の場合、変えられないと理解した。

 

もう、わかっているんだよ。

 

 

でも、「抑え込む」ことができるのも事実。

 

 

ハゲ要因を抑え込む。

 

これが大事。

 

 

育毛剤では抑え込むのは困難。

 

これも俺は体験した。

 

育毛剤では抑え込めない。

 

 

プロペシアはどうなのか?

 

 

抑え込むことができる。

 

これは俺も体験した。

 

ハゲ要因が急速に弱まる。

 

 

ハゲるまえの中学生は髪の毛がある。

 

ハゲ要因が動きだしていないからだ。

 

 

ハゲ要因が動き出すと、これが強力なパワーがある。

 

 

特に20代、30代が強い。

 

 

俺自身の体験では、50代以降は、ハゲ要因が弱くなる気がするね。

 

 

ハゲ始めの1年くらいが強いのが印象的。

 

 

俺の場合には23歳。

 

昭和56年。

 

 

これが恐怖。

 

 

速いスピードで額の後退。

 

 

その後、合わせ鏡で見た「頭頂部の肌色の面積の広さ」の驚き。

 

 

絶望のために吐き気がしたよ。

 

 

ゲボゲボ。

 

 

つらい思い出です。

 

 

でも、少し懐かしい。

 

 

それも、これも、「ハゲからの生還」を成し遂げたから。

 

 

お金と努力については、代償を支払ったけれども、結果には満足。

 

 

あなたが、もし、ハゲを治せない状態であるならば、「育毛漢方療法」を実行したらいいのです。

 

 

漢方と言っても、漢方薬を飲むのではないです。

 

 

ここは誤解のないように。

 

 

漢方薬で育毛をしようというのではないのです。

 

 

「薄毛を治した実例をもとに、再現しましょう」

 

という漢方の考え方をもとにした育毛法が漢方療法なのです。

 

 

高橋由美子先生が唱えた方法です。

 

 

はじめから、全部を実行しようとしたら難しい面がある。

 

 

だから、睡眠時間を7時間以上キープしたうえで、

 

 

.好團襯螢

 

▲瓮鵐坤潺譽奪

 

 

⇒ 薄毛を治す特別セット

 

 

 

の二つを4か月飲むことです。

 

 

これがあなたの絶望感から救い、希望の星がみえるようになるスタートなのです。

 

 

 

 

 

 

薄毛対策は毎日の積み重ねですね

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

薄毛対策は毎日の積み重ねです。

 

これが難しいところです。

 

ダイエットなら「目に見えて成果が出る」のですが、育毛はそうならない。

 

「こんなに頑張っているのに、生えてこないではないか?」

 

と焦ってしまう。

 

 

お金をかけて対策をしているので、成果が出ないと「お金だけ出ていくよ」というむなしさもある。

 

 

でもね。

 

成果が目に見えなくても続けないといけない。

 

「もうすぐ成果が見えてくる」

 

そう考えて続ける事です。

 

 

ここで大切なのは、どういう方法で生やすかなのです。

 

 

プロペシア

 

ミノキシジル

 

ザガーロ

 

 

などなど。

 

 

成果が出やすいが副作用も出やすい方法をとるのか?

 

私は反対ですよ。

 

 

副作用を怖れながら、つらさに耐えながら、クスリを飲み続けるのは反対します。

 

要は「ハゲ要因を抑える成分と髪の毛を生やす成分」をとればいいのです。

 

漢方育毛法では安全な方法でこの二つを実現します。

 

 

商品としてはカイセイ堂のメンズミレットを飲むとよいのです。

 

生やす成分とハゲ抑制成分の二種類が配合されており、しかも安全。

 

しかも美容と健康にもよい。

 

 

⇒ 薄毛を治す特別セット

 

 

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧