薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

育毛の原点を振り返ってみる

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

20代で薄毛のスイッチオンとなった。

 

「もう、生えないのではないのか?」

 

と絶望しかけた時もあった。

 

救ってくれたのが高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」です。

 

この方法を忠実に実行した結果、1年後にはかなり復活できました。

 

ハゲ遺伝子を消し去ることはできませんが、「抑え込む」ことに成功できたのです。

 

今、振り返ってみて「どうして成功できたのか」と思い返すと、本に掛かれていることを忠実に実行したからだと思うのです。

 

「自己流」を排除した。

 

生えた実績のある方法を忠実に私もなぞったのです。

 

自己流は成果が出にくいです。

 

 

私がよく例に出すのがスピルリナとプーアール茶の同時活用。

 

高橋先生は「スピルリナは暖かい黒茶(注 プーアール茶のこと)で飲みましょう」と言っています。

 

 

ところが水で飲んだり、ウーロン茶で飲んだりしてはいけないのです。

 

美容と健康に関しては、「成功した人の通りを実行する」のがよいです。

 

自己アレンジはやめておくこと。

 

 

 

 

 

 

一事が万事。

 

「みるみる髪が生えてくる」の中で説明のあった育毛法は、そのまま実行することです。

 

本の中で「ヘアーパック法」の解説があるのに、自己判断してヘアパックをしない人も少なくないようですね。

 

先生の言う通り実行することで、成果が出やすいのにね。

 

 

せっかく「みるみる髪が生えてくる」を読んでも、ヘアパック法を実行しない人もいるんですね。

薄毛対策に成果が感じられない人の今すべき事

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

漢方の育毛法の基本は「髪の毛が生える血液にすること」です。

ネットなどを見ると「漢方薬を飲む育毛法」として解説している方もいます。

でも、高橋先生の説いた漢方育毛では「血液」に着目したノウハウであり、「漢方薬を使った育毛法」ということではありません。

 

⇒ 育毛漢方まとめページ

 

では、髪の毛が生える血液にするにはどうするのか?

プロペシアを飲むと血液にクスリ成分が溶け込み、ハゲ要因を押さえつけます。

私は副作用があったので今は、使用していません。

使用はしていませんが理論的にも「効果がある方法」ということができます。

 

高橋式漢方療法では、プロペシアの持つハゲ要因を抑える効果を、ごく自然な栄養成分で行うものです。

「効果があった」という事例をもとに、いくつかの成分が重要視されているのです。

 

薄毛要因を押さえつける成分を摂りつつ、一方では髪の毛を育てる成分を取り入れる。

これができれば、生える。

 

ただし、たとえば、「野菜成分が大事」ということは漢方法の基本ですが、この部分が十分ではないことが多いです。

一般的な日本人の食生活では、圧倒的に不足します。

一日に食べる3度の食事において、「ラーメン」「うどん」「親子どんぶり」「牛丼」「ハンバーガー」などを食べたとすると、よほどの努力をして、その日の野菜不足分を取り戻さないといけないわけですね。

 

野菜だけで生えるのではないですが、野菜を多く食べるのが育毛の基盤になるのです。

 

⇒ 育毛漢方まとめページ

なぜ髪の毛を生やすことができたのか、それはシンプルな回答

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

なぜ、ハゲの恐怖から解放されたのか?

 

昭和56年から今日まで「育毛」が私のライフワークのようなものとなっています。

 

「こんなに熱中できるとは思わなかった・・・・」

 

というのが現在の心境です。

 

 

ネット情報などを読むと「ハゲを治せない人が多い」ことがわかります。

たしかに薄毛対策も「身体改造」ですから、決して容易ではないのです。

 

ハゲ対策だけではなく、人それぞれに、いろいろな身体改造を望んでいます。

 

ダイエットをして体重を落とす。

O脚を治す

血圧を下げる

胸を大きくする(女性)

ほほのたるみを解消する

低い背を高くする

視力を改善する

 

などなど。

 

身体改善は容易ではないのですね。

 

その容易ではない「身体改造」を、どうしたら成功できるのか?

 

私は、今になって

 

「なぜ、俺はハゲを治せたのだろうか」

 

と、よく考えるのです。

 

一番シンプルな答えは「努力したから」といえます。

 

もう少し付け加えると「正しい方法を実践するよう努力したから」です。

 

更に加えると、

「育毛に役立つことなら何でもすると決意して、正しい方法を実践するように努力したから」

です。

 

このあたりかな。

成功要因は。

 

言いかえると、育毛に成功できない人は、どこかで躓いているのです。

 

 

 

1.育毛に対する決意がない

2.正しい方法を知らない

3.努力しない

 

こういう状態だと成功できない。

 

一つずつ説明しましょう。

 

1.育毛に対する決意がない

 

「なんとなく育毛剤を頭に振りかける」ようなケース。

男性型脱毛症は「体質」なので、よほどの努力をしないと成果が出ません。

 

なんとなく「髪の毛が増えたらいいのになぁ」と淡い希望をもっているレベルでは、決して生えるところまでいかないでしょう。

 

 

2.正しい方法を知らない

 

成果が出る方法を知らない。

男性型脱毛症を治すには「正しい方法」を実践しないといけないのです。

 

効果のない育毛法しか知らなければ、成果が出ないのは当然です。

 

ここでは、詳しくは説明しませんが、簡単に言うと、

 

「薄毛原因を押さえつける方法と、髪の毛を育てる方法を実行する」

 

ということ。

 

 

3.努力しない。

 

努力しないと、男性型脱毛症の人はハゲる方向に進みます。

 

なぜなら、そういう体質だから。

 

ハゲることが、むしろ「正しい方向」なのです。

 

その方向を逆行させるのですから、並大抵な努力では無理。

 

「なんとしても、ハゲを治す」

 

という気持ちで実践を続けないといけないのです。

 

ところが、現実には・・・・・・。

 

たとえば、「薄毛には〇〇が効果的」という情報を知ったとき。

 

そして、○○が2万円するとした場合。

 

薄毛対策に真剣ではない人は2万円すら出さないのです。

 

「損をしたくない。お金を出したくない」

 

ということで、実践しない人がいるわけです。

 

行動なくして成果なし。

 

 

私は実践しました。

お金を出しました。

 

結果的には、「投資すれば、効果のある育毛製品に出会うことができる」ということが実感できた。

 

たとえば、核酸、育毛コラーゲン、スピルリナ、ごま、レシチン、どくだみ。

 

さらには野草酵素、プラセンタ、シルクアミノ酸、品質の良い野菜ジュース。

 

などなど。

 

⇒育毛漢方まとめページ

 

 

 

育毛漢方のノウハウで短期間で成果を出すために

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

育毛を始めて6か月たっても何の変化も起きないとしたら、

「やってられないよ!!」

という気持ちになるはず。

 

だから、薄毛対策では早く成果を出すことが極めて大事なのです。

6か月とは言わず、3か月でも成果が何もなければ心が折れる。

 

「もう、俺の髪の毛は戻らないかもしれない・・・・」

 

そういう気持ちになって当然。

 

 

私は短期間で成果を出す方法を知っています。

それができたからこそ、育毛を続けることができた。

昭和56年からです。

薄毛改善の成果がなければ1年続けるだけでも大変な作業です。

 

短期間で成果を出すには、どうするか?

 

答えは集中です。

これが決め手です。

 

◆◆◆ ロケットスタート育毛法 ◆◆◆

あなたの育毛をロケットやミサイルに例えることができます。

平成29年5月現在、ニュースでは北朝鮮のミサイル問題を毎日のように放映していますね。

本当に日本にミサイルを撃ち込まれたら200万人が死ぬとか。

これは怖いよね。

アメリカにはもう少しおとなしくしていてほしいと私は思う。

まあ、これは余談でした。

 

さて、ミサイルやロケットを飛ばす時に、エンジンをチョロチョロと噴射していては、とても空高く飛び上がることはできません。

発射の際の集中的なエネルギー。

最初の数秒間はエンジン全開なのです。

これが大事。

 

育毛も同様です。

髪を生やそうと思ったのなら、一日2粒の育毛サプリだけとか、育毛剤を振りかけるだけとか、効果がほとんどないですから。

集中です。

3か月間、集中するのです。

 

 

育毛は短期間のうちに成功させて、その後は「維持段階」に入ればいいのです。

たとえば、3か月間をどう過ごせばいいのか?

一例を示しましょう。

 

〇 毎日7時間睡眠

〇 野菜の摂取を十分に。この3か月間は野菜ジュース1日2本補助的に飲む。

〇 心の平安を維持する。

 

この3原則を3か月間守ったうえで、

 

1.スピルリナを1日100粒をプーアール茶で飲む

2.メンズミレット1か月に3パック飲む

⇒ 薄毛を治す特別セット

3.イノシシ毛ブラシによる刺激毎日5分。

4.シルクアミノ酸を食べる

5.野草酵素を飲む

6.ビタミンEを摂取。サプリメントで可

7.いわし、さけ、ブロッコリーなどで核酸を摂取

8.プラセンタを摂取する。

9.GROW UPやボストン、あるいはフェルサなどの総合育毛サプリを飲む

10.どくだみ、ごま、レシチンの同時摂取

など。

 

「こんなにも、実行しないといけないのか?」

と思うかもしれませんが、なに、3か月です。

集中して実行しましょう。

 

成果が出るから希望が湧きます。

新しい人生がスタートします。

 

 

身長160センチの女性の場合、体重が80キロの時と、50キロでは同じ人生ではありません。

同様に、「ハゲの人生」と「髪の毛のある人生」では異なった人生になるのです。

髪の毛のある人生のほうが楽しいです。

そう考えると育毛への努力が苦にならない。

薄毛を治す漢方療法の実践

イワシ、食べてる?

 

育毛ノウハウに秘伝なしと言ってきました。
です。

髪の毛を生やすノウハウは、すでに公開されていると、いうことですね。

<効果のある育毛食品がハッキリしています。

「いわしのカンヅメ」

です。

これは、ノーベル医学生理学賞からの大発見である、核酸の研究から生まれたもので、

医学博士 ベンジャミンSフランク博士の言っていることなのです。

育毛の、個人的な体験からではないのです。

ベンジャミン博士は「週に4回 イワシを食べよ」

と主張しています。

若返るのに必要だからです。

こんな簡単で、効果のある方法を、なぜ確実に実行しないのでしょうか。

週に4回、なぜ、確実にイワシのカンヅメを食べないひとがいるのでしょうか。

一缶100円〜200円のイワシカンヅメを、食べて髪の毛を増やす「実践」をしない人がいるのです。

髪の毛が、生え、若返るのに、なぜ食べないのですか?

もしかして、イワシのカンヅメよりも、テレビで宣伝されている育毛剤のほうが、効果が大きいと思っているのではないでしょうけれど。

真理は単純な中にあり、育毛も単純なことを実践するだけです。

 

 

 

 

 

育毛で大切なこと。
栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、不規則な時間の食事は抜け毛を促します。

私はサプリメントで育毛の補助をしています。

抜け毛対策には、まずは栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切で、何ごとも食生活の改善が第一歩となり、髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけると良いでしょう。

ミネラルはサプリメントでとってもよいのです。

抜け毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

どうして、自分は抜け毛なんだろう、と悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのは、なにか原因がある。

その原因にきづけば、きっと髪の毛はよみがえります。

誤った洗髪方法を繰り返すことにより、かゆみやフケがでたり、炎症や血流障害を起こして、毛根の活動を抑制してしまうことがあります。

関しても自分にあったものを選ばないと効果が半減したり、かえって頭皮の状態を悪くする。

とくに、粗悪なシャンプーや、育毛剤は危険です。

抜け毛対策として有効な洗髪方法は、諸説ありますが、やはり毎日の洗爪をたてず洗いましょう。爪をたてて洗うことにより頭皮を傷つけてしまうことがあるのです。

抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。

 

その理由をまとめてみましょう。

体を動かさないために血行が悪くなり、頭まで充分に血液が行き渡らなくなり、それが抜け毛の原因となります。

毎日何かの運動を取り入れたいと思います。

抜け毛の原因が運動不足の場合は、毎日少しずつの運動をおこなうだけで抜け毛対策だけに限ったことではなく、運動不足は今すぐにでも解消するべき。

 

定期的な運動はメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の対策にもなります。

 

抜け毛のリスクを減らす意味でも、毎日の運動を習慣化していきましょう。

習慣化さえできれば、髪の毛に限らず、体は改善できます。

 

 

 

 

ハゲを治す育毛漢方

 

漢方の力によって、体質から改善しないことには、遺伝的な薄毛、抜け毛には対応が難しいです。

 

漢方の力のもとは、数千年のあいだに蓄積された事例研究なのです。

当然その事例の中には、ハゲ、抜け毛といった場合の症状例がのっており、ハゲ治療は、漢方の得意分野でもあるのです。

漢方の育毛方法の基本は「血(けつ)」ということです。

これさえ理解しておれば、非常に発毛に役立ちます。

漢方でいう「血(けつ)」は、字のごとく血液と同様のものと考えてかまいません。

全身を流れて、体中の細胞に栄養を与えるものをいうのです。

この血について

1.血の量が不足
2.血の滞り
の場合に抜け毛をはじめとしたトラブルが発生するのです。

血の滞りにより、特に女性は月経痛、冷え性、子宮筋腫、肩こり、更年期障害、肌荒れ、抜け毛、シミ、などさまざまな悪いものが発症してきます。

血が少ない場合もまた、薄毛、体力不足、頭痛、しびれ、めまい、などの症状がでてきます。

髪の毛が「血」のあまりであるからには、血の不足を解消し、あまりを髪の毛にまわせるようにしたいもの。


血の滞りによる抜け毛、薄毛の症状には有名な漢方薬では、

「けいしふくりゅうがん」
「とうかくじょうきとう」
「しもつとう」
があります。

血の少ない「血虚」の症状では
「しもつとう」
「かみきひとう」
などの漢方薬があります。

漢方のことを初めて体験する方へのアドバイスとしては、
1.漢方はゆるやかな改善と一般にいわれているが、非常に効くものであるということを知る必要があります。
場合によっては、効きすぎるときもあるのです。
慎重に取り扱うことです。
有名な製薬会社の商品を(ツムラ など)説明書をよく読んで使いましょう。

育毛剤によらず、体質改善という作業によって、はじめて育毛は大きな成果を出すのです。

私も30年以上漢方薬で育毛に励んできましたが、副作用はまったく感じたことがないのは、やはり優れた育毛方法だと思うのです。

 

 

 

 

みるみる髪が生えてくる

 

育毛シャンプー漢方育毛で、髪を増やすノウハウをお伝えしております。


『みるみる髪が生えてくる』の高橋由美子先生ですね。

高橋先生が、キリスト教でのキリストとすれば、私は名もない宣教師といった立場です。

しかし、キリスト教の宣教師が、あらゆる苦難をも乗り越えて宣教したように、私も、高橋式を述べ伝えていくのです。

理由は、たった一つ。


救われたから


高橋先生とは何の関係もなく、たぶん、会うことも、話をすることも、ないでしょう。

しかし、私にとっては、若ハゲの恐怖から抜け出し、希望の星の見える場所まで導いてくれた人なのですね。

この高橋式は、漢方の知恵を利用して、髪の毛を増やそうとするものです。

では、キリスト教の宣教師のように、高橋先生の著書の言葉を解説してみようと、思います。

■■高橋先生の御言葉■■

「私の説く即効漢方で、それこそ即効的にハゲは完治するのです。

髪の根元の毛乳頭が死んでいれば不可能ですが、そうでないかぎり、本気で治すつもりなら、漢方にはその方法があるのです」

(『みるみる髪生えてくる』 50ページより)

■■■       ■■■        ■■■

どうですか? この心強い言葉。

育毛漢方法であれば、髪の毛を増やすことは可能なのです。

他のノウハウでは、体質改善までは求めないケースもありますが漢方療法は体質改善が重要です。


体質改善の不要なものにはプロペシアという方法もあります。

ただし、お金の面と、性的(セックス)な部分で、問題がないとはいえません。


高橋式の即効育毛であれば、健康に抜け毛を治せます。

体が若々しくなり、肌もキレイになり、セクスも強くなり、髪の毛の勢いが増します。


しかし、育毛生活の実践が必須です。

ここで、よ〜く、考えてください。

ルックスが勝負の芸能人、映画スター、歌手、あるいは政治家などなど。

お金もあり、ルックスが命であるのに、ハゲの人がいます。


お金で髪の毛が生えるなら、このルックスが大事な、しかもお金もある人たちに、なぜ、薄毛、抜け毛進行中の人がいるのでしょうか?

結局は「お金では髪の毛は生えない」ということなのです。

 

お金をかけて、行動することが必須なのです。

 

 

 

 

具体的な行動

 

育毛ノウハウで、なぜ髪の毛は生えないか、を考えたとき、「育毛ノウハウだけでは髪の毛が生えないが、具体的な実践をすると髪の毛は生えてくる」

ということです。

 

適切な行動を起こせば薄毛は治せます。

 

⇒ 薄毛を治すセット

 

適切な行動を知るには正しい情報がどこにあるのかを知ることです。

ネット上では育毛情報が高価な値段で販売されていますが、余裕がある方は高価な(2万円前後)の育毛情報商材を購入してもOKと思います。

私からみると「これは大げさな表現だ」と思うセールス文章であり、誇大広告ぎみですが。

ただ、

「育毛ノウハウに秘伝なし、育毛情報にシークレット情報なし」

という大原則を忘れないように。

ネットでの投書で、「こんな情報なら、ネットで無料で手に入る」というような感想を育毛情報商材を購入した後に投稿していましたが、そういう感想をもつ人も多いことでしょう。

期待が大きければ失望する購入者もいるわけです。

ノウハウがあっても、髪の毛がはえるわけではないのです。

たとえばFコンサルタント先生。

日本でトップのコンサルタントF先生の私は長いフアンです。

いまも書店に行けば数々のF先生の本が並べられていますが、F先生の本を参考に私は25年ほど前に、「大学の卒業論文」を書いたのです。

25年も前から、フアンとして、F先生を見てきましたが、F先生は写真や似顔絵でわかるように、頭髪はなくなっている状態です。

25年見てきましたが、髪の毛が生えることはなかったように思えます。

ところで、F先生は日本で1〜2番に情報が収集できる方です。

「ビックリ現象」、「本物の技術」、「不思議体験」などはもちろん、育毛や発毛の最新技術、最高ノウハウも集めることができたのです。

実際に「育毛」の新技術について、語ったこともあります。

しかし、結局はF先生の頭髪は回復しなかったのです。

つまり、
「育毛ノウハウでは髪の毛は回復しない」

ということなのです。

ただ、ノウハウを実践すれば、やはり生えてくるのです。

そのノウハウは実は、高いお金をださなくとも、ネット上を2時間程度検索を続けていると、ほぼ完全に近い形で手に入るのです。

「育毛」「発毛」「抜け毛」「育毛剤」などのキーワードにて、ネットで2時間情報収集することで、高価な育毛商材と同等の育毛ノウハウが手に入るのです。

「育毛情報にシークレット情報なし、育毛ノウハウに秘伝なし」

という私の結論は、ゆるがないのですね。

あとは「実行するのみ」です。

しかし、ここがなんとも難しい。

漢方のパワーを最大限に生かす「育毛酒」で、ハゲ体質を発毛体質に変えることができるのにもかかわらず、育毛酒をつくるのが面倒ということで、作らずに、ただ育毛剤を夜に振りかけるだけの人が多いのです。

高価な英会話教材で勉強したら英会話もできるようになりますが、実行できず「ほったらかし」に教材がなってしまうことが多いのですね。

ハゲの程度のひどい人が、かえって早く髪の毛が生えるのは、

「この頭を、なんとかせにゃならん!!」

という思いが強いので、発毛ノウハウを実行、継続できるためです。

 

気持ちが弱いと、薄毛化が進行するだけなのです。

 

それで、いいのですか?

 



 

育毛に役立つ「十戒」

薄毛やハゲの関連の書籍は毎年数多く出版されています。
私も育毛関連書籍は非常に多く購入しています。
ネットでの「育毛情報商材」といった数万円のものも何冊か購入しました。
それぞれに理論がありますので、言っている内容も少しずつ違ったり、ある時は大きく違っているときがあります。
さて、今回は書店で購入したものです。
タイトルは「なぜグリーン車にはハゲが多いのか」 幻冬舎 刊 です。

 

一言で言うと、
「歴史上にの偉人には薄毛が多いし、知能的にも高いことが多い。だから気にせず胸を張っていきてほしい」
というようなことです。

たしかに多くのハゲ関連書籍は、
.魯欧龍寡櫃鯑票圓某△┐弔韻
▲魯欧麓りにくいが、その方法を私は見つけた
その方法は○○である。
ずなら○○が12800円で販売します。今すぐ注文を!!
みたいな感じですよね。

今回紹介する本は、その点で好感を持てます。
「それほどハゲを気にし過ぎちゃいかんよ」と。
著者がいうハゲの十戒には、ハゲ対策だけでなく、気持の問題を含めています。

ハゲの十戒のうち第3の戒めでは、
「薄毛は優秀な男性の証であると自覚すべし」
と述べられているのです。
ちなみに、著者自身はプロペシアを使用しています。
著者佐藤明男氏は頭髪治療の第一人者ということです。
そんな人がプロペシアを自ら使用していることからも、プロペシアは発毛にとってはかなり有効だと思いますね。
とは言っても、読んでいて、
「これは、おかしいんではないか?」
という部分も何箇所かありました。

その一つが「食事と薄毛は、実際には証明されていない」としています。
ところが、これは私の実感からは非常に隔たりがあるわけです。
また、実際に発毛を実感できた高橋由美子先生のノウハウである漢方の育毛法でいう「髪の毛と食事の深い関係性」とは主張がことなります。

肉の食べ過ぎは明らかに薄毛を促進すると私は感じますが、あなたはどう思われますか?
薄毛対策法についても医学的見地から述べられた良書です。
抜け毛や薄毛の人はぜひ一読をおすすめしますね。
2009年1月30日初版で760円です。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

細い毛がワーと生えはじめ、半年後は元の2倍、1年後には3倍の毛髪量

JUGEMテーマ:健康

 

育毛本「みるみる髪が生えてくる」の62ページをご覧ください。

 

「東北大名誉教授の勇気ある自己実験」

 

という見出しです。

 

東北大学の名誉教授の名前は後藤幸正さん。

 

後藤さんの勇気ある方法とは、

 

・こぶしで頭を殴る

・犬用の金属ブラシでこする

・均等に髪の毛に力がかかる独自のブラシ活用

 

こういう、普通に考えたら頭皮を傷めて逆効果ではないか、と思わされます。

 

実際に、最初は白髪も黒髪もどんどん抜けるのですが、ひるむいことなく3か月続けていると、

 

「細い毛がワーと生えはじめ、半年後は元の2倍、1年後には3倍の毛髪量」

 

という結果になるのです。

 

私は、こぶしで頭を殴る場合には、よほど軽いタッチで叩かないといけないと考えます。

 

また、金属ブラシでこするのは、危険だとも思います。

 

それでも、結果として「生えた」のですから、漢方の見地からは貴重な実例だと言えるのではないでしょうか。

 

私も過激な方法は行いませんが、頭皮に刺激を与えるのは必要だと思います。

 

すなはち、

 

「髪の毛を軽く引っ張る」

 

「頭皮をもむ」

 

「頭皮を動かす」

 

など。

 

あまりにも「過保護」にすると髪の毛は生えないです。

 

少々、手荒な刺激くらいが生えるのです。

 

このバランスが難しいかもね。

 

無難なのは「気持ちいい」レベルで行うこと。

 

時間的には5分程度を朝と晩がいいでしょうね。

 

もちろん身体の中から生やすための「育毛成分」を摂取するのが一番大事です。

 

頭皮への刺激は補助的なものとなります。

 

 

 

 

 

みるみる髪が生えてくるを読み解く

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

みるみる髪が生えてくる。

 

高橋由美子先生の著書の名前です。

 

あなたは、もう、読まれたでしょうか?

 

私は今まで数多くの育毛書籍を読みましたし、2万円くらいする育毛情報商材もネットで20冊以上買ってきました。

 

その長い時間の間で、もっとも役立った本は、やはり「みるみる髪が生えてくる」だったのです。

 

今回から、この本について私なりの解説を行っていこうと思います。

 

最初に、あなたに言っておきたいと思いますが、

 

「この本の内容を実行したら、きっと、髪の毛は生えます」

 

ぜひ、楽しみながら実践してほしいと願っています。

 

強度のハゲ遺伝子を持っていたために23歳で急激に額の後退と、頭頂部の地肌露出が起こりました。

 

典型的な「若ハゲ(AGA)」です。

 

絶望の中で出会ったこの本をとにかく、何の疑いもなく実践しました。

 

その結果1年後には、ハゲ始める前のレベルに戻ったのです。

 

うれしいと思うよりも「安堵感」が大きかったです。

 

「助かったのだ・・・・・」と。

 

さて、では、さっそく、この本を解説していきましょう。

 

「みるみる髪が生えてくる」の内容をおそらく私は日本で一番忠実に実行した一人でしょう。

 

そして、一番何度も読み込んだ一人でしょう。

 

その体験談も交えて、これから、このブログで解説していきます。

 

第一回目今日は、表紙を解説します。

 

 

 

サブタイトルに

 

「4か月で根治する驚異の高橋式」

 

とあります。

 

この言葉は、さすがにオーバートークか?

 

どの程度のレベルの薄毛やハゲが対象となるのか、人それぞれですから。

 

ただし、私の実感では4か月もあれば「髪の毛が復活の兆しが見える」のは確かでした。

 

根治はしないが、それまでハゲていく一方だった額と頭頂部に、復活の兆しが見える。

 

このことが、どれほど気持ちを明るくしたことでしょう。

 

「治るんだ」

 

という気持ちになった。

 

方向が転換。

 

潮の流れが変化した時。

 

この本の写真の植物の「芽」のように、大きな植物には育っていないが、芽生えてきたという姿。

 

このことが、ハゲの恐怖を吹き飛ばしてくれたのです。

 

そういう意味では、

 

「4か月」

 

というのは、あながち、大げさな表現でもない。

育毛漢方ブログ運営10年の思い出など

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

このブログを書き始めたのが2007年1月。

 

10年になったのですね。

 

 

読者の方たちのうち、10年間に何人かは育毛成果が出て「まったく違う人生」を送るようになっています。

 

これは管理人としてうれしい話です。

 

お役に立ったという喜びです。

 

当初このブログは

 

「粗悪なシャンプーを使わないように」

 

ということをメインテーマにして書く方針でした。

 

漢方育毛法の心の師匠といえる高橋由美子さんも

 

「粗悪なシャンプーを使うと、育毛成果は出ない」

 

ことを力説していましたから。

 

今現在では育毛漢方療法全般について、役に立つ記事を書いています。

 

10年たっても私の育毛法は大きくは変化していません。

 

プラセンタとコラーゲンの比重が大きくなったくらいです。

 

また、この10年間のうちにはミノキシジルとプロペシアの体験もありました。

 

そしてプロペシアなどの医療的な育毛法とサヨナラしてことも記録に残しています。

 

10年書き続けてきて一番大事だと思うことは、

 

「正しい漢方育毛法を実行すると、ハゲ体質でも髪は生える」

 

ということ。

 

「実行」が大事です。

 

知識を得たら実行する。

 

もう、ハゲ要因を押さえつける方法も、髪を増やす方法もわかっているのですからね。

 

淡々と実行するとよいのです。

 

ただし、問題はお金です。

 

私がハゲ体質にもかかわらず平均的な髪の毛を今日まで維持できたのは理由があります。

 

毎月2万円〜3万円を育毛のために使うことができたからです。

 

これはつくづくそう思います。

 

もし、毎月1万円しか育毛にお金を使えなかったのなら?

 

それは、私の髪の毛はずいぶんと寂しい状態になっていたことでしょう。

 

⇒ 育毛漢方まとめ

 

 

 

ハゲ体質の人が早く出会いたい育毛漢方療法

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

育毛のノウハウはネットで検索すると、多くのサイト、ブログが出てきます。

 

私はそのなかでも、「育毛漢方療法」を支持しています。

 

 

 

育毛漢方療法は、一言でいうと、

 

「育毛の成功体験を積み重ねたもの」なのです。

 

育毛漢方でよく使用される「黒ゴマ」「スピルリナ」「紅クコ」などは、

 

「飲んでみたら生えた」

 

「食べていたら髪が増えた」

 

という事例を積み重ねた結果わかったものなのです。

 

そういう点では、「ミノキシジル」も漢方的な考えのもと、クスリが開発されていますね。

 

つまり、血圧降下剤という心臓などのクスリを利用している患者に、髪の毛が増えたという事例がもとになっている。

 

プロペシアも前立腺肥大の患者に飲ませていたクスリが育毛にも役立つという事例をもとにAGAのクスリとして開発しました。

 

漢方の育毛にはそうした「生えた事例」をもとに、「育毛に良いもの」がわかってる。

 

ここで、「まとめ」として作成したサイトで、確認いただけたらと思います。

 

事例があるものを追体験することが、自分の髪の毛を増やす結果につながります。

 

 

 

⇒ 育毛漢方まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧