薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

漢方の育毛ノウハウこそが安全安心に髪を増やせる

3か月で髪の毛は太く変化するのか?</span>

若ハゲにおびえる男性や、薄毛に悩む女性でも、

たとえば3ヶ月で髪の毛をフサフサにできるのでしょうか?

薄毛体質でも頭に髪の毛が生える方法はあります。

漢方療法による育毛を実践すると、薄毛体質であったとしても、髪の毛が生えます。


⇒ 薄毛を治す特別セット



 
ただし、「フサフサ」と言えるくらいの量は、はっきり言って3ヶ月では難しいのです。

けれども、3ヶ月の間に頭髪の量が増加し、久しぶりに会った友人から、

「部分カツラなのか?それとも植毛はじめたか?」

といわれるくらいに、部分的な変化はあり得ると思います。
髪の毛の発毛が実感できると、人前に出るのが快感になるのですよ。

「カツラ・・・・、つけちゃった?」

などとと言われたとしたら、

「実は、髪の毛が生えてきたのです。」

と堂々と答えるとよいのです。

快感です。

これがカツラや植毛の場合は、おどおどしてしまいそうですが・・・・・。

ハゲからの生還だけではなく、

ダイエットの成功や、落第生が有名大学に合格したりする、

「復活劇」

というのは、当事者にとってはうれしさ100倍です。

また、注目を浴びますよね。

漢方育毛療法を今日始めれば、あなたも3ヵ月後に、そういう快感を得られるのですよ。

漢方療法による育毛ノウハウについては、「自然美(しぜんび)」というところの商品を購入するといいと思います。

はやく育毛効果を得るためにはネット上のあらゆる育毛情報を収集する時間の投資、そしてお金の投資もが必要です。

プラセンタとコラーゲンには非常に注目しています。

じつは、プラセンタ、コラーゲンともに、漢方でも用いられていたのです。

コラーゲンは「あきょう」という漢方の素材です。

プラセンタは「しがしゃ」という漢方の素材なのです。

漢方育毛療法で、

薄毛体質から発毛体質への体質改善

が促進できていれば、発毛成果は大きく出るのです。
ご縁があってこのページを見たあなたには、今日から3ヶ月間は漢方療法を実践してほしいです。

「あ〜あ、お前、ついに部分カツラをつけたのか・・・・」

と間違われる快感を味わいましょう。

3か月で、いくらかでも髪の毛が生えたことで、発毛に対する自信と意欲が100倍になるのです。

それは「ハゲの恐怖」からの解放でもあります。

漢方でいう「あきょう」はコラーゲンです。

男性には育毛専用コラーゲンの「メンズミレット」を飲んでほしい。

女性には「ミレットリッチ」ですね。
具体的に、行動をしましょう。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

ドクダミ酒で薄毛改善の理由

 

どくだみ酒でなぜ、髪の毛が復活する事例があるかというと、そのわけは、あまりよくわかりません。

というのも、人体の仕組みは不思議なもので、漢方のように原因と結果で考えないといけないわけです。


牛乳を飲んだら背が伸びた

マカを飲んだら子が授かった

ビタミンCを飲んだら美肌になった


オットセイのキモを飲んだら夜の元気が出た

などなど。

漢方の考えでは、「こうすると、多くの人がこうなった」ということの積み重ねなのです。


ドクダミについても、非常に多くの文献で肌と髪によいことが記されています。

肌を美しくし、髪の毛を増やす。

なにが、どのように作用してそういう結果になるのかは不明です。

でも、ドクダミのエキスで髪の毛が増えたという報告は多いのです。


たぶん、すぐ事例はネットで検索できると思いますね。

では、ついでなので、今、調べてみましょう。


このどくだみ酒はドクダミの成分がたっぷりなので、効果はさらに大きいわけですね。

注意すべきはどくだみと、ツルドクダミは別と言うことですよ。

 

薄毛を治すためにはドクダミや、アロエ、バナナ皮エキス、カボチャの種などが効果的です。

 

とくにバナナ皮エキスが有効。

 

商品としてはカイセイ堂のメンズミレットが有効成分を多く含んでいますよ。
 

⇒ 薄毛を治す特別セット

 

 

髪の毛を生やす即効高橋式ノウハウにかかる費用。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

髪を増やすための育毛にかかる費用について解説します。

 

育毛シャンプー購入費用など、髪の毛を増やすには、お金がかかります。

 

もっとも、カツラや植毛と比べると、だんぜん安上がりです。髪の毛にかかる費用を惜しんではなりません。

植毛やカツラは「メンテナンス」ということで、維持費が高いのです。

 

今、髪の毛を太くし、抜け毛を防ぐ努力をしないと、カツラなどは百万円など、すぐかかってしまいます。

 

育毛剤や、育毛シャンプー、そして育毛サプリメントには、ある程度お金を使いたい。

 

では、育毛漢方の実践では具体的に、どのくらいの費用がかかるのか?

 

おおよその目安を見てみよう。

 

ちなみに、『みるみる髪が生えてくる』では、おすすめの育毛剤や、育毛シャンプーは本にでてきません。

 

あくまでも私の場合をみてみるだけで、費用には個人差があることに注意。

 

重要度の高いものから記載します。

 

 

1.育毛シャンプー  1か月あたり  1000円
→例:「馬油成分シャンプー」3000円を3か月で使用
2.スピルリナ    1カ月あたり   1200円
→例:2400円のスピルリナを2か月で消費する
3.レシチン     1カ月あたり   2000円
→例4000円のレシチンを2か月で消費する
4.育毛酒      1カ月あたり   2500円
→例:5000円の酒を2ヶ月で消費する
5.ビタミンEとビタミンC   1カ月あたり1500円
→例:1500円程度のビタミン剤を1ヶ月で消費する
6.育毛剤  1ヶ月あたり3000円
→例:マミヤン アロエ原液3000円を1ヶ月で消費
7.プーアール茶、ドクダミ茶など  1ヶ月あたり1000円
→例:2000円で2か月で消費
8.その他   1か月あたり1000円くらい
→豚毛ブラシ、心を明るくするサプリメント「セントジョーンズワート」、亜鉛、鉄、など。
9.肩、首、背中等のコリをほぐすクイックマッサージ
毎月1500円使用。
10.メンズミレット
毎月16000円程度


以上、髪の毛を太くする育毛生活実践に必要な費用です。

 

ちなみに、メンズミレットというのは育毛コラーゲン商品です。

 

高橋先生の本ではコラーゲンは出てきませんが、当初提携していた「自然美」という会社では、現在コラーゲン商品を取り上げています。

 

コラーゲンの太髪効果は、多くの人が体感したので、現在の日本では人気が定着しました。

 

さて、いくつかの商品を取り上げています。

 

これらは抜け毛によいだけでなく、体全体の健康にも良いので、積極的に採用してほしい。

 

育毛剤やサプリメント代をケチるようでは、髪の毛を増やそうとしても、成果が出ないと思います。

 

育毛剤も、ケチらずじゃぶじゃぶ使用するのがよいのです。

 

何度もいいますが、カツラや植毛に一度手をだすと、引き返せません。

 

人の目が気になるし、カツラの下で、ハゲがどんどん進行していくからです。

 

カツラの場合、使用するためのメンテナンスは、年間百万円を越す場合もあるようです。

 

自分の髪の毛をキープし、増やしていきましょう。

 

それを考えると、髪を太くするのに「この程度の出費は安いもの」という判断をすべきでしょうね。

 

育毛シャンプーとヘア・パック。

 

そしてスピルリナ、および育毛酒はメンズミレットは重要です。

 

 

男性の場合、最重要はメンズミレットですね。 

薄毛を治すこの方法

 

 

 

 

今までいろいろ育毛方法を試したあなたが、ダメだったものが


なぜ、あっさりと薄毛を改善してしまうのか?


当たり前ですが手術をするということもありません。

その場しのぎでは薄毛を一時的にストップさせても、根本的に改善することはできません。


発毛で必要なことは根本的な方法で、かつ、体にやさしい方法で治すことが重要です。


これから、あなたの薄毛の悩みをいきなり解決してしまうような
「結論」を話させていただきますが驚かないでほしい。

薄毛の悩み、いろいろあると思います。

「お出かけのときに、気持ちが沈む…」
「知り合いと会うのがおっくうになる。」
「テレビに出たり、写真に撮られたりしたくな…」
「年よりも、老けて見られる…」
「オシャレしても似合わない…」

いろいろと薄毛について考えてしまうことあるはずです。

昭和56年頃、じつは、わたしも同じような、薄毛の恐怖と、悩みを強く抱えていましたから…。

友人や知人からは、

「最近、お前、仕事がきついのか?髪の毛が・・・・・」
と同情されたりもしましたね。当時は。

本人は恐怖におびえ、悩んでいるわけです。
「オレはハゲではないんだ」と日々、ヘアスタイルを研究して、薄毛化を隠し続けるでも、ような毎日を送っているわけです。

 

でも、平成30年の現代では、努力することで遺伝のハゲも対応ができます。

 

プロペシアも、ミノタブも不要!!!


私の実践している薄毛改善方法を教えますから、これが、
あなたが悩みから解放される、よいきっかけになっていただければ私もうれしい。

 

では、その方法ですが、私は「御三家」と名付けました。

 

安価に、かつ、3か月で効果のわかる発毛法なのです。

 

御三家は、以下のサプリを3か月飲みます。

 

これが、結論。

 

 

 

 

 

 

 

 

肉ばかり食べると薄毛は進む

Fotolia_61237470_XS.jpg

 

薄毛体質の人が野菜を食べないと、どうなるのか?

 

男性型脱毛症の体質の人が、肉ばかり食べると、どうなるのか?

 

以前、ライブドア・ニュースに、

 

「野菜食べぬ鉄人・衣笠 肉ばかり食べ「野菜は牛が食うとる」

 

 

という記事が出ています。

 

野球の衣笠選手は、カツラの広告宣伝に出ていました。

 

アデランスか、アートネイチャーか?

 

ネットでいま、検索しました。

 

衣笠選手のかつらCM出演は、アートネイチャーでした。

 

俳優の宝田明さんと共演です。

 

1987年のことでした。

 

とにかく、カツラをつけないときの頭髪は、男性型脱毛症と思われるものでした。

 

それにしても、野菜を食べずに、肉ばかり食べるのは、リスクが大きいのです。

 

私も、一時期、肉を食べ過ぎて、一気に薄毛化が進行したことがあるのです。

 

肉の多食は、薄毛対策を考えるならば、やめておきたいですね。

 

そして、積極的に野菜成分を取り入れることです。

 

野菜成分を、平均以上に2ヶ月も取り入れていると、髪の毛の状態が変化します。

 

「ああ、生えてくるぞ」 という喜びをあなたも迎えるのです。

 

野菜スープを自宅で作って飲むのがベスト。

 

作るのができない場合にはお金を出して、手軽に野菜を摂れる環境が必要です。

 

 

 

 

 

 

薄毛対策に効果の高いもの体験

青汁について思うこと。


薄毛に青汁は効くのでしょうか。

成分が「ブロッコリー」などはよいと思います。

が、しかし。

ケールの青汁は私は飲みません。

理由があります。

それは約20年くらい前、ケール青汁の製造者が写真に写っていたのですが、その人が見事なハゲだったから。

「ああ、ケール青汁はハゲには効かないのだな」

と印象付けられたからです。

まあ、ケールの青汁ではなく、ブロッコリー成分のものは、薄毛対策用に、私は飲んでいますよ。
サンスターの製品ですが、これはお勧めできます。


情報について思うこと
あなたが髪の毛を増やすためには、まずは「信頼の置ける情報を収集」しなくてはなりません。
間違った発毛方法をいくら実行してもお金と時間の無駄となるからです。
では、信頼の置ける情報はどこから収集するのか?
まずは、市販の書籍。

 
そしてその次にはネットで販売している育毛電子ブックなのです。
では、これらの情報を読んでいくうちに判明した「飲む育毛剤」についてのレベルについてお話しましょう。

結論から言うと、コラーゲンがもっとも重要なのです。
その理由は、
‖┯性がある
髪の毛のボリュームアップの成果がでやすい。
という二点なのです。
コラーゲンでボリュームアップ成果を感じると、その後「育毛は可能だ」という意識で薄毛対策に取り組むので成功しやすいのです。
バナナの皮にハゲを治す効果があるのです。
安全なのがうれしい。
プロペシアで精子が減少しては「人生の大いなる後悔」になるかも?
安全が大事です。
メンズミレットの安全に薄毛要因を押さえつける方法が好ましいですよね。
薄毛対策にはコラーゲンがもっとも効果があるのかもしれないです。
育毛の即効性や、再現性から言うと、たしかにそのとおり。
コラーゲンでは残念ながら「発毛」の効果は発表されていません。
毛根がなくなったら発毛はできないのです。
が、しかし。
薄毛でも生えていたら、その毛が太く育つのです。
なので、見た目のボリュームをグンとアップさせます。
ありがたいことです。
しかも髪の毛を10%太くするには毎日コラーゲンを飲むことを62日間続ければよいのです。


ウコンについて思うこと
薄毛対策にはウコンがよいのです。
ウコンには、薄毛の原因となる「悪玉酵素」をくい止める成分があるのです。
ウコンは安全ですから、プロペシアを飲まない人は、このウコンを採用すべきでしょう。
ウコン
ノコギリヤシ
大豆イソフラボン
カボチャの種
亜鉛

は、薄毛原因の悪玉酵素を押さえつけてくれます。
ウコンを定期的に、できれば毎日、摂取しましょう。
薄毛の原因を防ぐだけではなく、健康と美容にも良いです。


育毛剤について思うこと
育毛剤は、ふつう、液体を頭皮に塗ります。
頭皮に塗って、成分が毛根にしみていくことを期待しているのです。

ところが、頭皮も含めた「肌」というのは、バリア機能があって、なかなか毛母細胞にまでは、育毛剤の成分がしみこんでいかないのです。

ですから、

育毛成分を口から取り入れることが、ベストといえるのです。
私も育毛剤は使用していますが、メインではないです。

サブの育毛法として育毛剤をとらえています。
では、メインの育毛法というのは、どういうものか?

一言で言うと、

「野菜成分とコラーゲン」

を摂取しましょう、ということです。

野菜に関しては、ジュースも「あり」です。

できればジューサーやミキサーで、作りたてを飲みたい。

自宅で作りたての野菜ジュースを飲むと、育毛の基盤ができたといえます。
飲む育毛剤という称号を与えたいな。

このドリンクに。

ドリンクというよりも、世間的には「野菜ジュース」というべきか。

 
野菜ジュースですね。

これが、薄毛対策には役立つ。

役立つというより、

「野菜を食べる機会がないなら、この野菜ジュースにせよ」

といいたいな。

私の住む地区にも近くにはスーパー、コンビニ、自然食料品店、ドラッグストア、など、たくさんあります。
そこに行けば、いろいろな野菜ジュースが買えます。
もちろん、今までいろんな野菜ジュースを飲んできました。

髪の毛を維持する為に。

髪の毛を増やすために。
野菜は育毛の基礎の基礎。
基礎ができていないと薄毛対策は成功しない。

野菜を、あなたは、たぶん多くは食べていない。
これは、大事なので、繰り返し言いますが、
「日本人の平均的な野菜摂取量をはるかにオーバーする量を食べないと育毛は成功しない」

のですよ。

 
野菜スープ

野菜酵素飲料

そして、

野菜ジュースを飲むのです。

薄毛を治した回顧録

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

薄毛を治した経験を回顧録として、書き残しておきたいと思います。

 

私はたんなる一個人ですので、大手の「育毛剤販売ページ」のような、大勢の人の目につくサイトは作れません。

 

しかし、

 

「本当に生える方法は、どういうものなのか?」

 

をよくわかっている60歳の人間として、私の体験を、明確に記録すべきだと考えました。

 

 

その理由は、

 

あまりにも「薄毛に悩む人」が多い事です。

 

いろいろな薄毛対策の研究があり、それなりの方法がわかっているはずなのに、成功できない。

 

その理由は何なのか?

 

また、なぜ、現状のように、薄毛に悩む人は多いのか。

 

 

また、どうしたら、速攻で髪の毛を生やすことができるのか?

 

そういったことを、平成30年4月22日から、おそらく3年間くらいにわたって、漢方の育毛法として回顧録にします。

 

このサイトに来られた方は、ある意味で「幸せの道しるべ」を見つけたともいえるのです。

 

ネットで育毛方法を検索しても、たいていは「この育毛剤なら生えます」などと、効果の少ない方法しか見当たらないことが多いのです。

 

多くの人が、育毛剤を頼り、成果が出ずに心を折られていると想像します。

 

 

 

このブログでは、あなたが薄毛の悩みと、きっぱりと別れることができる漢方の育毛法を説明していきますよ。

遺伝性の薄毛やハゲでも大丈夫です。

漢方療法なら治せます。

女性の薄毛・抜け毛のお悩み解消BOOK

 女性の薄毛・抜け毛お悩み解消BOOK。

 

女性頭髪専門医が教える。本当のヘアケア。

 

この本はクリニックの院長である浜中聡子さんの手によるものです。

 

では、この本の中で、特に役立つと感じた部分を抽出していきましょう。

 

王道的な育毛法を解説しています。

 

女性にしぼった内容です。

 

 

クスリも活用します。

 

 

育毛漢方療法の素晴らしさ

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

育毛漢方療法の素晴らしさ。

 

昭和56年に高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」と出会ったのが、きっかけで、今日までずっと続けています。

 

成果には満足しています。

 

実践していなかったら、どういう状態になっていただろうかと考えます。

 

おそらく「遺伝的なハゲ体質」の体質の命ずるままにハゲていたことでしょう。

 

平成30年2月現在、同年代のなかでは「普通の髪の毛の量」と考えます。

 

十分満足しています。

 

一時期、プロペシアとミノキシジルの「医療的な育毛法」も実行しましたが、数年でやめました。

 

副作用は、たしかにありましたので。

 

漢方の育毛法と言っても「漢方薬を飲んで髪の毛を生やすのではない」ことに注意してほしいのです。

 

漢方薬を飲んで髪の毛を生やそうとするものではない。

 

 

これ、大事です。

 

私の実践する「育毛漢方療法」は、高橋由美子先生の編み出した育毛法なのです。

 

 

詳しいことは、ぜひ、「みるみる髪が生えてくる」を読んでほしいのですが、

 

ポイントを挙げますと、

 

1.身体全体が健康でなければ、髪の毛は生えない。

 

2.野菜が大事

 

3.髪の毛に悪い生活を止める

 

4.スピルリナ等の育毛成分を摂取する

 

5.イノシシ毛ブラシで頭皮をソフトに刺激する

 

6.心を落ち着ける

 

 

などです。

 

 

育毛剤については、高橋先生は否定的です。

 

私も、育毛剤は、重要視していません。

 

ただし、「ないよりは、マシ」と考えて、有名な育毛剤を、気楽に試しています。

 

チャップアップとかカークランドロゲインなど。

 

アロエ成分のものも使います。

 

整髪にも役立つので育毛剤は使うのです。

 

使用した結果ですが、40年近い育毛生活の中で、どの育毛剤を使おうが、あまり変化はなかったです。

 

変化があったのは、「口に入れるもの」です。

 

これは、かなり髪の毛の量に変化がありますよ。

 

コラーゲン、プラセンタ、酵素飲料、アミノ酸、ビタミンEなどなど。

 

 

ドクダミやレシチンも効果が大きいですよ。

 

3か月もあれば「口からの栄養」は、変化が感じられましたね。

 

平成30年2月現在、一番のお勧めはメンズミレットです。

 

ハゲ要因を押さえつける効果と、髪の毛を増やす効果の二つがあるから、成果が出やすい。

 

カイセイ堂のメンズミレットは、試す価値が高いのです。

プロペシアとミノキシジルタブレットの危険性をもう一度考えてみる

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ネットで薄毛対策の情報を読んでいると平成29年11月26日現在、「医療的な育毛法」が広く実施されていることに気づきます。

 

成果を上げている人が、いるのは確かです。

 

私の身近にもいます。

 

「死ぬほどハゲがつらい」

 

という時にはミノタブまで飲んでみるのもいいと思います。

 

「そんなに気にすることないよ」

 

などというのは、ハゲの苦しさを知らない人が言えることなのです。

 

 

で、死ぬほどつらい場合にはミノタブも飲むのもいいでしょう。

 

ところが、

 

「健康的に薄毛を治したい」

 

「身体に負担をかけずにハゲを克服したい」

 

というニーズもあるはず。

 

私の育毛法はそういう人を対象にしています。

 

 

もちろん、医療的な育毛法を選んだ場合でも、漢方のアプローチを併用したほうがいいのは当然です。

 

 

プロペシアの効果が高いのはハゲ要因を押さえつけるからです。

 

ハゲ原因がなくなればハゲない。

 

これは理にかなっています。

 

漢方の育毛法でも「ハゲ要因を押さえつける」ことは重要ポイントなのです。

 

ハゲ原因が荒れ狂っている場合には、髪の毛の生育に良いものを摂取しても「焼け石に水」状態です。

 

なかなか成果に結びつかない。

 

ですから、ハゲ要因を押さえつけることがまずは必要。

 

漢方でのハゲ要因の抑えつけ方は「野菜」と「ハゲ要制御成分」になります。

 

 

自然な成分にもプロペシアのようにハゲ原因を押さえつける成分があるのです。

 

その成分は、第一には野菜です。


色々な野菜を食べてみることでハゲ原因が弱まるのを実感できるはず。

 

実行すればよくわかります。

 

 

体感できます。

 

ブロッコリー、ほうれんそう、ピーマン、ニンジンが4大野菜といえるでしょう。

 

 

あと、ハゲ原因を押さえつけるものとして、

 

 

バナナ皮エキス

 

カボチャの種

 

アロエ

 

亜鉛

 

ノコギリヤシ

 

ウコン

 

ドクダミ

 

ナツシロギク

 

などが有名です。

 

 

クスリではないので、さすがにプロペシアほどは効きませんが、安全に育毛できます。

 

複数の成分をとることで、プロペシア並みのハゲ要因制御が可能になるのです。

 

漢方の育毛法なら副作用はない。

 

 

極めて健康的で見た目がよくなるものが多い。

 

プロペシアやミノタブは不健康な方法です。

 

 

精子が少なくなるなんて、健康的ではないと感じます。

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧