薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

肉ばかり食べると薄毛は進む

Fotolia_61237470_XS.jpg

 

薄毛体質の人が野菜を食べないと、どうなるのか?

 

男性型脱毛症の体質の人が、肉ばかり食べると、どうなるのか?

 

以前、ライブドア・ニュースに、

 

「野菜食べぬ鉄人・衣笠 肉ばかり食べ「野菜は牛が食うとる」

 

 

という記事が出ています。

 

野球の衣笠選手は、カツラの広告宣伝に出ていました。

 

アデランスか、アートネイチャーか?

 

ネットでいま、検索しました。

 

衣笠選手のかつらCM出演は、アートネイチャーでした。

 

俳優の宝田明さんと共演です。

 

1987年のことでした。

 

とにかく、カツラをつけないときの頭髪は、男性型脱毛症と思われるものでした。

 

それにしても、野菜を食べずに、肉ばかり食べるのは、リスクが大きいのです。

 

私も、一時期、肉を食べ過ぎて、一気に薄毛化が進行したことがあるのです。

 

肉の多食は、薄毛対策を考えるならば、やめておきたいですね。

 

そして、積極的に野菜成分を取り入れることです。

 

野菜成分を、平均以上に2ヶ月も取り入れていると、髪の毛の状態が変化します。

 

「ああ、生えてくるぞ」 という喜びをあなたも迎えるのです。

 

野菜スープを自宅で作って飲むのがベスト。

 

作るのができない場合にはお金を出して、手軽に野菜を摂れる環境が必要です。

 

 

 

 

 

 

薄毛対策に効果の高いもの体験

青汁について思うこと。


薄毛に青汁は効くのでしょうか。

成分が「ブロッコリー」などはよいと思います。

が、しかし。

ケールの青汁は私は飲みません。

理由があります。

それは約20年くらい前、ケール青汁の製造者が写真に写っていたのですが、その人が見事なハゲだったから。

「ああ、ケール青汁はハゲには効かないのだな」

と印象付けられたからです。

まあ、ケールの青汁ではなく、ブロッコリー成分のものは、薄毛対策用に、私は飲んでいますよ。
サンスターの製品ですが、これはお勧めできます。


情報について思うこと
あなたが髪の毛を増やすためには、まずは「信頼の置ける情報を収集」しなくてはなりません。
間違った発毛方法をいくら実行してもお金と時間の無駄となるからです。
では、信頼の置ける情報はどこから収集するのか?
まずは、市販の書籍。

 
そしてその次にはネットで販売している育毛電子ブックなのです。
では、これらの情報を読んでいくうちに判明した「飲む育毛剤」についてのレベルについてお話しましょう。

結論から言うと、コラーゲンがもっとも重要なのです。
その理由は、
‖┯性がある
髪の毛のボリュームアップの成果がでやすい。
という二点なのです。
コラーゲンでボリュームアップ成果を感じると、その後「育毛は可能だ」という意識で薄毛対策に取り組むので成功しやすいのです。
バナナの皮にハゲを治す効果があるのです。
安全なのがうれしい。
プロペシアで精子が減少しては「人生の大いなる後悔」になるかも?
安全が大事です。
メンズミレットの安全に薄毛要因を押さえつける方法が好ましいですよね。
薄毛対策にはコラーゲンがもっとも効果があるのかもしれないです。
育毛の即効性や、再現性から言うと、たしかにそのとおり。
コラーゲンでは残念ながら「発毛」の効果は発表されていません。
毛根がなくなったら発毛はできないのです。
が、しかし。
薄毛でも生えていたら、その毛が太く育つのです。
なので、見た目のボリュームをグンとアップさせます。
ありがたいことです。
しかも髪の毛を10%太くするには毎日コラーゲンを飲むことを62日間続ければよいのです。


ウコンについて思うこと
薄毛対策にはウコンがよいのです。
ウコンには、薄毛の原因となる「悪玉酵素」をくい止める成分があるのです。
ウコンは安全ですから、プロペシアを飲まない人は、このウコンを採用すべきでしょう。
ウコン
ノコギリヤシ
大豆イソフラボン
カボチャの種
亜鉛

は、薄毛原因の悪玉酵素を押さえつけてくれます。
ウコンを定期的に、できれば毎日、摂取しましょう。
薄毛の原因を防ぐだけではなく、健康と美容にも良いです。


育毛剤について思うこと
育毛剤は、ふつう、液体を頭皮に塗ります。
頭皮に塗って、成分が毛根にしみていくことを期待しているのです。

ところが、頭皮も含めた「肌」というのは、バリア機能があって、なかなか毛母細胞にまでは、育毛剤の成分がしみこんでいかないのです。

ですから、

育毛成分を口から取り入れることが、ベストといえるのです。
私も育毛剤は使用していますが、メインではないです。

サブの育毛法として育毛剤をとらえています。
では、メインの育毛法というのは、どういうものか?

一言で言うと、

「野菜成分とコラーゲン」

を摂取しましょう、ということです。

野菜に関しては、ジュースも「あり」です。

できればジューサーやミキサーで、作りたてを飲みたい。

自宅で作りたての野菜ジュースを飲むと、育毛の基盤ができたといえます。
飲む育毛剤という称号を与えたいな。

このドリンクに。

ドリンクというよりも、世間的には「野菜ジュース」というべきか。

 
野菜ジュースですね。

これが、薄毛対策には役立つ。

役立つというより、

「野菜を食べる機会がないなら、この野菜ジュースにせよ」

といいたいな。

私の住む地区にも近くにはスーパー、コンビニ、自然食料品店、ドラッグストア、など、たくさんあります。
そこに行けば、いろいろな野菜ジュースが買えます。
もちろん、今までいろんな野菜ジュースを飲んできました。

髪の毛を維持する為に。

髪の毛を増やすために。
野菜は育毛の基礎の基礎。
基礎ができていないと薄毛対策は成功しない。

野菜を、あなたは、たぶん多くは食べていない。
これは、大事なので、繰り返し言いますが、
「日本人の平均的な野菜摂取量をはるかにオーバーする量を食べないと育毛は成功しない」

のですよ。

 
野菜スープ

野菜酵素飲料

そして、

野菜ジュースを飲むのです。

薄毛を治した回顧録

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

薄毛を治した経験を回顧録として、書き残しておきたいと思います。

 

私はたんなる一個人ですので、大手の「育毛剤販売ページ」のような、大勢の人の目につくサイトは作れません。

 

しかし、

 

「本当に生える方法は、どういうものなのか?」

 

をよくわかっている60歳の人間として、私の体験を、明確に記録すべきだと考えました。

 

 

その理由は、

 

あまりにも「薄毛に悩む人」が多い事です。

 

いろいろな薄毛対策の研究があり、それなりの方法がわかっているはずなのに、成功できない。

 

その理由は何なのか?

 

また、なぜ、現状のように、薄毛に悩む人は多いのか。

 

 

また、どうしたら、速攻で髪の毛を生やすことができるのか?

 

そういったことを、平成30年4月22日から、おそらく3年間くらいにわたって、漢方の育毛法として回顧録にします。

 

このサイトに来られた方は、ある意味で「幸せの道しるべ」を見つけたともいえるのです。

 

ネットで育毛方法を検索しても、たいていは「この育毛剤なら生えます」などと、効果の少ない方法しか見当たらないことが多いのです。

 

多くの人が、育毛剤を頼り、成果が出ずに心を折られていると想像します。

 

 

 

このブログでは、あなたが薄毛の悩みと、きっぱりと別れることができる漢方の育毛法を説明していきますよ。

遺伝性の薄毛やハゲでも大丈夫です。

漢方療法なら治せます。

女性の薄毛・抜け毛のお悩み解消BOOK

 女性の薄毛・抜け毛お悩み解消BOOK。

 

女性頭髪専門医が教える。本当のヘアケア。

 

この本はクリニックの院長である浜中聡子さんの手によるものです。

 

では、この本の中で、特に役立つと感じた部分を抽出していきましょう。

 

王道的な育毛法を解説しています。

 

女性にしぼった内容です。

 

 

クスリも活用します。

 

 

育毛漢方療法の素晴らしさ

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

育毛漢方療法の素晴らしさ。

 

昭和56年に高橋由美子先生の著書「みるみる髪が生えてくる」と出会ったのが、きっかけで、今日までずっと続けています。

 

成果には満足しています。

 

実践していなかったら、どういう状態になっていただろうかと考えます。

 

おそらく「遺伝的なハゲ体質」の体質の命ずるままにハゲていたことでしょう。

 

平成30年2月現在、同年代のなかでは「普通の髪の毛の量」と考えます。

 

十分満足しています。

 

一時期、プロペシアとミノキシジルの「医療的な育毛法」も実行しましたが、数年でやめました。

 

副作用は、たしかにありましたので。

 

漢方の育毛法と言っても「漢方薬を飲んで髪の毛を生やすのではない」ことに注意してほしいのです。

 

漢方薬を飲んで髪の毛を生やそうとするものではない。

 

 

これ、大事です。

 

私の実践する「育毛漢方療法」は、高橋由美子先生の編み出した育毛法なのです。

 

 

詳しいことは、ぜひ、「みるみる髪が生えてくる」を読んでほしいのですが、

 

ポイントを挙げますと、

 

1.身体全体が健康でなければ、髪の毛は生えない。

 

2.野菜が大事

 

3.髪の毛に悪い生活を止める

 

4.スピルリナ等の育毛成分を摂取する

 

5.イノシシ毛ブラシで頭皮をソフトに刺激する

 

6.心を落ち着ける

 

 

などです。

 

 

育毛剤については、高橋先生は否定的です。

 

私も、育毛剤は、重要視していません。

 

ただし、「ないよりは、マシ」と考えて、有名な育毛剤を、気楽に試しています。

 

チャップアップとかカークランドロゲインなど。

 

アロエ成分のものも使います。

 

整髪にも役立つので育毛剤は使うのです。

 

使用した結果ですが、40年近い育毛生活の中で、どの育毛剤を使おうが、あまり変化はなかったです。

 

変化があったのは、「口に入れるもの」です。

 

これは、かなり髪の毛の量に変化がありますよ。

 

コラーゲン、プラセンタ、酵素飲料、アミノ酸、ビタミンEなどなど。

 

 

ドクダミやレシチンも効果が大きいですよ。

 

3か月もあれば「口からの栄養」は、変化が感じられましたね。

 

平成30年2月現在、一番のお勧めはメンズミレットです。

 

ハゲ要因を押さえつける効果と、髪の毛を増やす効果の二つがあるから、成果が出やすい。

 

カイセイ堂のメンズミレットは、試す価値が高いのです。

プロペシアとミノキシジルタブレットの危険性をもう一度考えてみる

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ネットで薄毛対策の情報を読んでいると平成29年11月26日現在、「医療的な育毛法」が広く実施されていることに気づきます。

 

成果を上げている人が、いるのは確かです。

 

私の身近にもいます。

 

「死ぬほどハゲがつらい」

 

という時にはミノタブまで飲んでみるのもいいと思います。

 

「そんなに気にすることないよ」

 

などというのは、ハゲの苦しさを知らない人が言えることなのです。

 

 

で、死ぬほどつらい場合にはミノタブも飲むのもいいでしょう。

 

ところが、

 

「健康的に薄毛を治したい」

 

「身体に負担をかけずにハゲを克服したい」

 

というニーズもあるはず。

 

私の育毛法はそういう人を対象にしています。

 

 

もちろん、医療的な育毛法を選んだ場合でも、漢方のアプローチを併用したほうがいいのは当然です。

 

 

プロペシアの効果が高いのはハゲ要因を押さえつけるからです。

 

ハゲ原因がなくなればハゲない。

 

これは理にかなっています。

 

漢方の育毛法でも「ハゲ要因を押さえつける」ことは重要ポイントなのです。

 

ハゲ原因が荒れ狂っている場合には、髪の毛の生育に良いものを摂取しても「焼け石に水」状態です。

 

なかなか成果に結びつかない。

 

ですから、ハゲ要因を押さえつけることがまずは必要。

 

漢方でのハゲ要因の抑えつけ方は「野菜」と「ハゲ要制御成分」になります。

 

 

自然な成分にもプロペシアのようにハゲ原因を押さえつける成分があるのです。

 

その成分は、第一には野菜です。


色々な野菜を食べてみることでハゲ原因が弱まるのを実感できるはず。

 

実行すればよくわかります。

 

 

体感できます。

 

ブロッコリー、ほうれんそう、ピーマン、ニンジンが4大野菜といえるでしょう。

 

 

あと、ハゲ原因を押さえつけるものとして、

 

 

バナナ皮エキス

 

カボチャの種

 

アロエ

 

亜鉛

 

ノコギリヤシ

 

ウコン

 

ドクダミ

 

ナツシロギク

 

などが有名です。

 

 

クスリではないので、さすがにプロペシアほどは効きませんが、安全に育毛できます。

 

複数の成分をとることで、プロペシア並みのハゲ要因制御が可能になるのです。

 

漢方の育毛法なら副作用はない。

 

 

極めて健康的で見た目がよくなるものが多い。

 

プロペシアやミノタブは不健康な方法です。

 

 

精子が少なくなるなんて、健康的ではないと感じます。

マシュマロローションで薄毛を治す

 

マシュマロで髪の毛がよみがえる

 

育毛に効くマシュマロ・ローション

 

育毛に絶大な効果のマシュマロ・ローションというのがある。

 

テレビで大反響のあった手作り育毛液とか。

 

 

参考 マシュマロローション書籍の読書レビュー

 

『育毛剤を手作りする、という方法はしばしば健康雑誌が取り上げている。

 

この機会に言っておきましょう。

 

ネットや書籍で育毛剤、育毛情報、育毛食品の情報を仕入れたとき、どうするかです。

 

今まで、あなたは「育毛剤を手軽に自宅で作る方法」のようなものを、雑誌や、育毛書籍、あるいはネット検索で手に入れたことが一度はあるのではないでしょうか?

 

大切なのは、情報を得た時「すぐ試したか」どうかです。

 

私が知る限りでは、育毛に成功する人は、情報を大量に仕入れ、その中からいくつか実践し、結果を待つというパターンの場合です。

 

「面白い育毛法だ。効くかもしれないな・・・」だけで終わり、実践せずに5000円の育毛剤を薬局で買って髪にふりかける。

 

こういうパターンでは、育毛成功は難しい。

 

育毛法は、現在は研究が進んでおり、かなりの度合いで、遺伝的脱毛ですら、克服する方法があるのです。

 

体質改善、頭皮改善でをして、遺伝的要素も克服できる情報はあるのです。

 

しかし、本当に効果のある方法は意外と面倒くさいので、実行しない。

 

時間と髪の毛のムダで、もったいないです。

 

で、今回のマシュマロ・ローションも、発毛知識だけにとどめず、実行してみました。

 

結論としては「はっきりした育毛効果は感じません」でした。

 

実行期間も短かったせいもあるでしょう。

 

今回は情報のみお届けします。

 

本の表紙には「テレビで大反響の手作り育毛液」とある。

 

まず第一に、本に載っている発案者の先生の顔写真を見る。

 

以前、「ガンをも治す!最後の超念力者 奇跡の病気治療パワー!」みたいな本があった。

 

育毛にも効くかと思い、手にとって見ると、超念力者髪の毛は・・・・・。

 

ガンは治せても、育毛はムリなのか、という失望感。

 

「あなた、本物の病気治しの超能力者ですか?」 と問いたくなるのですね。

 

 

 

 

準備するのはマシュマロを5個、クコの実を10グラム。キウイ2分の1個。

 

ホワイトチョコレート10グラム、焼き海苔2分の1枚を用意しておいてください。

 

ちなみに、育毛液は食べるのではなく、塗ります。

 

おいしそうな材料ですよね。

 

手順1 温度90度くらいの湯400mlにクコを入れて5分待つ。

 

手順2 手順1で作ったものをミキサーに入れ、マシュマロ、キウイ、チョコを温度60度くらいで、かき混ぜる。

 

そしてそのまま30分放置

 

手順3 ザルとタオルで、作ったものを「こす」

 

こした液体が、育毛効果バツグンのマシュマロ・ローションなのです。

 

さて、医学的なことはさておき、とにかく実践をしてほしい。

 

私は実感しなかったが、あなたは効果があるかどうかは、わかりませんよ。

 

理論的には、コラーゲン合成の作用により髪の毛が生えるのです。

 

頭皮の地肌を整え、抜け毛を抑え、発毛・育毛を促進し、白髪を黒くする、しかも安いという5拍子そろった、育毛剤の期待の星なのです。

 

成分からいって、効果はあると予想します。

 

クコの実は食べても育毛効果のある食材なのです。

 

頭髪用ローションは、シミにも効くとのこと。肌に良いことは、頭髪にも効くという原理・原則に照らしあわせても、このローション育毛に有効といえると考えてよいのです。

 

 

参考 育毛漢方無料レポート

 

 

 

 

 

 

薄毛とハゲを治すための3か月集中育毛実践法

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

髪の毛はこうすれば生える。

 

定年が近くなって、昔の友人たちと会う機会が増えました。

同年代の人たちです。

 

60歳近くなると、若いころの姿とはずいぶん見た目も変化します。

とくに髪の毛があるのと、ないのとでは、ずいぶん見た目の印象が違ってきますよね。

 

昔は髪の毛があったのに、今はハゲていると、昔のクラスメートや友人からは、

 

「ずいぶん変わっていたので、誰だか、すぐにはわからなかったよ」

 

などと言われるのです。

 

今回の記事は、髪の毛を増やしたい人に向けて書いています。

強烈なハゲ遺伝子を持っている私が「なぜ、髪の毛を維持できたのか」ということを書きます。

 

このブログも10年以上書いていますが、最近になって、

 

「ハゲ体質の自分が、漢方の知識によって、ハゲなかったのは、すごい価値があることなのではないだろうか」

 

という思いを抱いています。

 

会社では出世もせず、お金持ちにもならず、ごく平凡な社会人生活でした。

 

ところが、

 

ハゲ遺伝子を持ちながらも、薄毛を克服できたのは、

 

「実は、人類にとって価値のあることなのではないだろうか」

 

そう思うようになったのです。

 

大げさな言い方かもしれませんが、「本当につらいハゲ苦悩を解決する方法」を知っていることは、責任重大なことなのではないかと思うようになりました。 

 

知っていることは正直に多くの人に伝える必要があると感じています。

 

ハゲを克服するのは容易ではないのですが「不可能なことではない」のです。

 

私は「どうしても、ハゲだけはいやだ!」という思いのままに、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」を実践したことでハゲずにすんだ。

 

実践したことで救われた。

 

 

 

ところが、「みるみる髪が生えてくる」を読んだのは私以外にも大勢いたはずなのに、成功したのは5%くらいではないかと思うのです。

 

みるみる髪が生えてくる」を読んでも、失敗した人もいます。

 

 

結局は「読んだだけでは、髪の毛は生えない」というシンプルな理由。

 

実践しないといけないのですね。

 

育毛のブログを書いているので、いろいろな人から相談を受けるようにもなりましたが、

 

なかなか髪が生えない人は、野菜成分の摂取が少ないのです。

 

漢方育毛法の基礎は野菜から始まるのです。

 

野菜の成分の中には「ハゲ要因」を弱めてくれる成分があります。

 

なにもプロペシアだけにハゲ原因を消す力があるのではない。

 

野菜にもハゲ要因を弱める効果がある。

 

これは実践した人だけが「体感」できます。

 

私の思うに「3か月間、集中して、全力で取り組んでみましょう」と言いたい。

 

3か月間は野菜を多く摂取して、その他の育毛ノウハウも実践しましょう。

 

集中、集中、集中、集中、集中、集中。

 

野菜、野菜、野菜。

 

もっと野菜、野菜、野菜。

 

 

何度言っても多すぎることはないのです。

 

育毛剤ではなく野菜を摂りましょう。

 

 

 

参考資料の写真

 

平成29年9月19日 マキノ出版

 

「ブロッコリーで楽々やせる 病気を撃退」

 

この本ではブロッコリーのパワーを解説している。

薄毛や白髪にも効果があるのです。

 

 

 

 

読みづらいが「薄毛」「白髪」に効果あると記載している。

 

 

 

 

 

 

 

平成29年10月2日発行 マキノ出版「安心11月号」

 

野菜スープの効果を解説している。

 

 

読みづらいが「白髪 抜け毛がストップ」と書いているね。

 

 

 

野菜ジュースの活用

 

私は数年来1日に小さめの缶野菜ジュースを飲んでいるのです。

 

内容の良い野菜ジュースが薄毛原因を弱めてくれるよ。

 

1 本200円のものがよいです。

スーパーなどでも買えるはず。

 

ただし、補助的に考えましょう。

 

本物の野菜を食べていくこととして、足りない分を野菜ジュースで補完。

 

意識していても、どうしても現代では野菜が少ないので、1日にジュース2本は育毛には必須です。

 

 

 

伊藤園のジュース

 

 

伊藤園のプレミアムな野菜ジュース「純国産野菜」

 

 

 

 

 

 

 

 

緑でサラナ

 

コレステロールを下げる!緑でサラナはコチラ

 

薄毛を治す心の法則と決意

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ネットで薄毛やハゲのことを検索すると、「あきらめ」「絶望」の声が見受けられます。

 

遺伝的なハゲでも治せるのですが、容易ではない。

 

 

私の思うに、育毛に失敗するから、絶望する。

 

では、「なぜ、失敗する」のでしょうか?

 

私の考える「理由」の一つに育毛剤が関係しています。

 

平成29年現在、そして、私がハゲの苦悩に悩まされていたころも、

 

「ハゲを治すとなったら、まず、育毛剤」

 

という発想があるからでしょう。

 

育毛剤を振りかけることで、髪の毛が生えてくるという発想。

 

わかりやすい。

 

昔話の「枯れ木に花を咲かせましょう」のように、効果を出したい部分に振りかける発想。

 

実際には、枯れそうな木に花を咲かせるには、木の根っこに栄養を補給することだと思うのですが・・・・・。

 

 

ハゲた頭に、「魔法の水を振りかける」というような・・・・・。

 

育毛剤で生えるなら問題はない。

 

でもね。

 

育毛剤の方法には目立った効果はないのです。

 

昭和56年から私は育毛剤を活用してきました。

 

効果は少ないと知っていましたが、「どうせ使うのだから、少しでも効果の高いものを買おう」と心がけました。

 

どれも、似たようなものでしたね。

 

では、どうしたら、髪の毛は生えるのか?

 

育毛漢方のノウハウによって、「髪の毛が生える血液を作り、その血液を潤滑に身体を巡らせる」ことなのです。

 

⇒ 育毛漢方無料レポート請求

 

 

 

 

 

プロペシアによる不妊の危険を避けるためにも漢方育毛を実践する

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

平成30年5月27日追記

ネット情報を見ていると、育毛に関して「医療的な育毛法「」と「育毛剤の活用」が主流を占めています。

医療的な育毛法は副作用が危険だし、育毛剤ではほとんど効果が期待できません。

プロペシアを飲むことは、強く警告したいと考えています。

今も「ハゲは治らない」と発毛をあきらめる人が多いですね。

ハゲの恐怖に打ち勝つには私が体験した「漢方の育毛法」です。

健康にもよく成果も出やすい。

安心してお勧めできます。

習慣化するまでが、難しいところがある。

お金もかかる。

でも、「やっててよかった」

と心から今、思っていますよ。

私は助かったのです。

追記 ここまで。

 

 

 

 

プロペシアによる育毛法、発毛法が普及してきました。

これは憂える事態だと感じています。

 

 

プロペシアで精子が減少すると、妊娠しにくいのです。

すなはち「不妊」

 

まだ、プロペシアが普及して時間はそれほどたっていません。

これから、いろいろな恐ろしい事例も報告されてくるはずです。

 

プロペシアを10年、20年と飲んだ場合、ただで済むはずがないという気がします。

私は数年プロペシアを飲んだけれども、完全に撤退しました。

 

副作用がなければ、問題はないのですが・・・・。

副作用があることを体験した私としては、この危険性を訴えていくことにしています。

 

私が体験した副作用は精子の減少。

男性にとって、かなり「やばい」事態です。

 

というのも、結婚して子供を作りたいと願った時に、「男性側の不妊」ということになるかもしれない。

ネットで検索すると、「プロペシア 不妊」の情報は数多く出ています。

 

 

精子の量が少ないと、妊娠させにくいのです。

だから、プロペシアをやめて、安全な漢方の育毛法などを選択してほしいのです。

 

⇒ 漢方育毛法の無料レポート

 

 

大量の精子で、元気いっぱいの精子の中から1番だったときに、子孫の繁栄も望めるのです。

 

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧