薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

黒酢ブームのなかで髪を生やそう

ハゲを改善する飲み物
JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

ハゲ、薄毛を治すための、おいしい飲み物があります。

黒酢です。

私も25年ほど前から、機会あるごとに飲んでいます。

いくつかの健康雑誌でも、黒酢が髪の毛によいことは紹介されました。

飲んでもよいし、塗ってもよいのです。

25年くらい前と比べると、非常に買いやすく、また、味もおいしい。

私がはじめて飲んだのは「元気っ酢」(げんきっす)という黒酢ドリンクでした。

有名経営コンサルタントの船井幸雄氏が、おすすめしていたので、飲むようにしたのです。

ミネラルがあるので、良い飲み物であることは確か。

髪の毛の栄養剤としての黒酢。

黒酢により自宅でかんたんに育毛生活ができますね。

黒酢で発毛を実現。

近年あらゆる健康に関する場面で黒酢がとりあげられています。

なによりも「安価」という面が人気を起こしているのでは?

ニキビや吹き出物にたいし、黒酢を塗るとよいと言われてきました。

黒酢には、殺菌作用と、アミノ酸によるタンパク質を修復する作用があるからです。

タンパク質を修復することは、今ある髪を太く、丈夫にするということです。

使い方は非常にかんたん。

一つは黒酢飲料を飲む。

私は3日に1回くらいパック入りの黒酢を飲んでます。

ハチミツが入っているので飲みやすい。1パック100円。


二つ目は、髪に塗る。

黒酢の原液を10倍くらいに薄め、洗髪後に黒酢液を髪と地肌になじませる。

体験者(57歳男性)の談話では、「黒酢のおかげで髪がフサフサの黒髪で

す。10歳も若く見られます」「根元から髪が立ち、ふんわりとボリューム

感があって、本来の髪よりも多く見える」

とのこと。

市販のシャンプーとコンディショナーもあり、300mlで2500円とい

う手ごろな価格ですね。

カンタンに実行できる育毛法として、女性には、特に良いと思います。

髪の毛と肌がキレイになるとの体験談は多いのです。

男性も、髪の毛の健康を考えると、缶コーヒーなどは飲まず、黒酢を飲んで、髪の毛を生やしましょう。

薄毛とさよなら 即効育毛漢方

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
薄毛とサヨナラ、とっておきの秘訣

薄毛を治すには、ただやみくもに育毛剤や育毛シャンプーを使用しても発毛の成果は得られないでしょう。

重要なのは「これなら、きっと髪の毛が生える」と信じられるノウハウに出会うことでしょう。


とにかく「発毛の成果を出すこと」が極めて大事です。

半年も成果が出なかったなら、もう「あきらめる」気持ちになっても、しかたがないのです。

ですから、6か月以内、できれば3カ月で「発毛の実感」を得たいものですよ。


少しでも発毛の成果が出れば、ヤル気がグングンわいてきますからね。

では、どうすればいいのでしょうか?


「あれも、これも」ということになると、かえって挫折します。

育毛はシンプルなのがいいのです。


では、あなたには、この「即効 漢方療法」をお勧めしたいと思います。


→ → →「即効 漢方療法」


ご縁があったのです。


試してほしいのです。


髪の毛がいくらか、変化すると思いますね。

発毛の再現性の高いノウハウだと思います。

育毛の原点は、スピルリナだった

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
育毛対策の原点。

昭和56年の薄毛遺伝子がスイッチ・オンとなったときから、約30年たちました。


この30年間、いろいろな育毛情報、育毛商品を買ってきました。


育毛情報レビュー その1


育毛情報レビュー その2


育毛情報レビュー その3


30年間の間には、いろんな育毛商品を試してきました。


採用したのが10%

却下した商品が90%

そのなかでも30年近く、ずっと私を薄毛遺伝子から守ってくれたのがスピルリナなのです。




参考:「スピルリナで見る見る髪が生えてくるレポート」




ストレスがたまったとき。

宴会がつづき肉の多食がつづいたとき

睡眠不足のとき

カゼをひいたとき

コーラやポテトチップスを多く食べたとき



なまじっか「育毛の知識」があるだけに、育毛にとって悪いことをしたときなど、



「ハゲるのでは?」



などと不安が生じるのです。



こんなときはスピルリナを普段よりも大量摂取するのです。



スピルリナを一日50粒くらい飲みます。



「ああ、これで髪の毛を育てる成分を血液に溶け込ませることができた・・・・・・」



という安心感。



こうすると、肉を食べ過ぎた時などでも、平気ですよ。



ありがたいことです。



大量摂取できるのはスピルリナ普及会のスピルリナと出会えたためです。



2400粒という大容量なのに、価格は2000円なので育毛成分の大量摂取できます。
 

漢方針で髪の毛は生えてくる

育毛シャンプーとしては「ボウボウキープ石鹸」(まんてん堂)を使用し、育毛漢方のノウハウを加えれば、劇的ともいえる育毛効果が実感できると思います。

もちろん、育毛剤、育毛シャンプーのすべての商品を、私は、体験したわけではありませんが、ネット上で調べる過程で、よい商品というものは、おのずと知られていくのです。

ちなみに、女性用の育毛剤では「リリジュ」がよいです。男の私もたまに使用しています。

男性には、男性型抜け毛のホルモンを抑制するアロエ成分、あるいはミカンの成分が含まれるものがよいのです。

アロエ育毛剤の商品名では「マミヤン アロエ原液」です。

さて、そういった商品を活用しつつ、それだけでは、髪の毛は生えてきませんので、育毛漢方療法をメインに活動することです。

漢方針というイノシシ毛のブラシは使っていますか?

もし使っていないのなら、育毛効果面で、あなたは大きな損失をしていると言わざるをえません。

漢方育毛法では必須のブラシですね。

漢方針の使い方は、ラシの毛の先を頭皮にじんわりと押し付けるのです。

頭をまんべんに、5分程度実行します。

頭には、髪の毛を生やすツボがありますが、全体を刺激、ツボを押す、ことによって、抜かりがなく、ツボにあたるのですね。

この漢方針は、育毛のツールとしては最高のものです。

私もこの25年間に、いろんなツールが売られては消えていくのを見てきました。

電子を利用したものをはじめ、家庭で実行できる育毛器具をみるたび、

「あーあっ(←ため息)、またやってやがる・・・・・」

という、やるせない気持ちになってあいまうのです。

なぜなら、それらは、一見、科学的という見かけをよそおった「えせ育毛器具」だからです。

呪術的なもの、ともいえるでしょう。

効果がありそうな気がするので、高いお金を払う人もいるでしょうが、「効果があった」という声はネット上で調べても聞こえてきません。

では、最後に、最速で発毛の実感を得たいなら、

よい育毛シャンプー

よい育毛剤

漢方針

ヘアパック(トリートメント)

を何もいわず2ヶ月試してほしい。

食事療法を加えるとさらに、さらに加速度は増すのですが、条件をつけると実行がかえって難しい。

ですから、育毛剤と育毛シャンプーは、ネットで1時間でも探してよさそうな評判のよいものを、自分の感性でチョイスする。

漢方針とヘアパックについては、近所の自然健康ショップで買うか、なければ「自然美(しぜんび)」という会社で通販で買うことです。

ヘアパックはスーパーやコンビニのものでも可。ただし1000円以下のものはとりあえずパス。

髪の毛が最速で生える育毛漢方を実行する最初の一歩です。

抜け毛を治す漢方育毛法

育毛漢方こそ、最強の発毛効果を持っていると私は考えています。
育毛剤、育毛シャンプー、育毛食品、発毛促進マッサージなど、どれも漢方治療の補助的な存在なのです。
あなたも、もう気付いているかもしれませんが、男性型の抜け毛は、遺伝的要素によります。
そのことを、認めなければなりません。
抜け毛は血行のせい、というのは認識が甘いです。
抜け毛の一要素でしかありません。10%くらいの影響でしょうね。

若ハゲの遺伝的要素を、弱める、あるいはなくする。
そこから、育毛は始まるのです。
漢方療法の一番の重要ポイントは「体質改善」です。
体質改善が漢方治療の真髄なのです。

「体質」といえば固定されたものと思いがちなのです。

しかし、体質は変わるのです。
体質は変えられるのです。
ハゲ体質だったとしても、それは変えられるのです。
「男性型の抜け毛体質の人が、髪フサフサになる」とまでは、いえません。
しかし、気にならない程度までの状態はほぼ、間違いなくできると思います。

そのためには、第一に食べ物です。
私たちの長年の食生活によって、自分の体質はつくられてきたのです。
栄養面だけにこだわるのではなく、体質作りという観点から見ると、西洋型の食生活は、髪にとって非常に良くないものとなります。
偏った体質を正すには、伝統的な日本食を研究、摂取する必要があります。
ここで、体質改善の一つの例が、「男女産み分け」です。
私たち夫婦は、病院でその方法を学び、実施し、そして思い通りの男女で、子供が授かりました。
そのときの方法も、食事による「酸性、アルカリ性」の体質換えでした。

食べ物で、体質は変わるのです。
これは、非常に貴重な経験でした。
漢方の力で、若ハゲ体質は、変わります。
当たり前なのです。
漢方の力は、想像以上に大きいのです。
抜け毛体質を改善も、当然のごとく変わります。
薄毛の人がいたとして、少し、想像してみてください。

1.やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーを中心とした西洋型食生活。

2.いわし、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など日本食を中心とした食生活。

同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事ですごすかで、3年後、とてつもなく髪の量は違ってくることは、容易に想像できるのではないでしょうか?

さらに、育毛漢方では、ハゲ体質とオサラバするための、食材があるのです。
紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾などです。これらを食べることで育毛効果は出ます。
抜け毛体質が変わるのです。

 

体質が変われば、遺伝的要素は、なくなる、あるいは非常に薄められてくるのです。
発毛を体験するにはこれしか、ないのではないかと思いますね。

 

育毛・発毛には生活習慣と育毛の酒の役割が大

育毛のための漢方で、育毛酒があります。

最新に漬けた育毛酒は12月末に漬けました。

成分をご紹介。

紅くこ

ハスの実

山の芋

黒なつめ

蜜脾(みつひ)

この育毛に顕著な効果をもたらす漢方5品目を、酒に漬けるのです。

約3か月で完成です。

それまでは、湯でせんじて飲むとよいです。


どんな食品や、飲み物にも勝る育毛効果です。

めんどうがらずに、作ってみましょう。飲んでみましょう!!

薄毛や脱毛などの髪に関するトラブルは男性にとっても、女性にとっても悩みのもとになります。

発毛剤や育毛剤の宣伝がテレビコマーシャルでさかんに行われています。

育毛に関心のある方は、今までいろんな育毛剤を試したことがあるのではないでしょうか?

そして、その効果に失望しつづけてきたはず。

なぜ、育毛剤はリピート率が低いか?

それは、発毛効果を実感できないからですね。

男性の薄毛、脱毛は食生活の乱れやストレスを含めた「生活習慣」が大きく

影響していますが、やはり遺伝的なものがあるため、治療については難しい

面があります。

遺伝的なものは、「薄毛が遺伝するのではなく、薄毛の体質が遺伝する」と

はいうものの、体質改善は、気長に漢方療法を実践することです。

薄毛の遺伝的体質を克服するには、漢方的治療しかないのでは?とさえ私は思うのです。

体質を改善すれば髪はよみがえり、薄毛の悩みはなくなります。

漢方による育毛は、即効性というポイントでは、せっかちな人には待ちきれ

ないかもしれませんが、市販の育毛剤を使うよりはるかに早く、実感できる

のです。

高価な商品を買うようにススメたりはしませんし、本を買えとも言いません。

とにかく、信じて実行いただければ、その効果を体験できるのです。

私が最初に髪がぬけてきたのは、25年前。20代中ごろでした。

遺伝的要素が出てきたうえ、睡眠不足、仕事の悩みで、私にとっては、

「あっというまに!!」

というスピードで、抜け毛状態は進行したのです。

そのとき、漢方育毛を知らなかったら・・・・・、と思うと、神様に感謝したい気持ちなのです。

よい育毛成分を取り入れると、髪の毛は成長します。

育毛を促進しハゲを治す漢方の力

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

育毛シャンプーを利用していますか?

育毛どころか、脱毛を促す粗悪なシャンプーなどを使っていないでしょうね?

育毛シャンプーに切り替えることで、髪の毛はイキイキとします。

例えば、ウーマシャンプーなどは、洗髪後、明らかに髪の毛の勢いがついていますよ。

他にも日本盛の販売する「米ぬか美人」も育毛シャンプーとして優良なものと思っています。

さて、育毛漢方について。

育毛を成功させるには、漢方育毛法が一番だと思っています。

育毛法については、私はたえず「お試し」を体験しております。

漢方育毛よりも、もっと良い方法が見つかれば、即、そちらに移ることにします。

育毛剤で素晴らしいと実感できるもの。

発毛法で効果が高いと認められたもの。

育毛食品で顕著な改善が感じられるもの。

良い育毛法があれば、なんら躊躇なく私は採用するでしょう。

別に漢方育毛法にこだわることはしていません。


私は育毛・発毛の研究家ではなく、実践者なのですから。

とは言うものの、漢方育毛よりも優れた育毛法を今、現在、知りません。

漢方育毛のすばらしさは、なんと言っても「体質改善」にあります。

これは、非常に残念なことですが、ハゲは遺伝的要素がやはり強いです。


大事なことなので、言いたくないですが、もう一度言います。


「ハゲは遺伝的要素が強い」


ですから、育毛が困難な問題だと言われるのです。

しかし、安心してください。

大丈夫です。


かならず漢方の力で、改善は可能です。

私は知っています。

漢方の力は、自然の力と、医の道の天才の先人たちが築いた偉大な療法なのだから。


では、育毛・発毛の大切なことを3点記載します。

1、睡眠、新鮮な酸素、安心感(リラックス)

2、漢方食を摂取する

3、シャンプー、育毛剤では安全で効果のあるものを使う


特に、睡眠については、どんな理由があろうとも7時間は確保したい。

髪をはやすには7時間未満の睡眠では困難です。

5時間以内だと、確実にハゲは進行する。

遺伝的にハゲ要素がない人は5時間でも心配はありません。ハゲないでしょう。

しかし、薄毛体質の遺伝的要素のある人は7時間。できれば8時間確保したいのです。

この7時間睡眠が守れないなら、さすがに漢方食や漢方育毛剤も効果を上げることはないのです。

睡眠は決して削らないようにしましょう。

ただ、あまり神経質にならないように。

習慣的に7時間未満は育毛に良くないが、たまに6時間しか寝なくとも、それほど気にすることはありません。

しかし、たまにであっても、5時間以内の睡眠はやめておきたい最低の育毛条件です。

 

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧