薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

アロエ育毛剤の体験

育毛剤ではアロエ成分の育毛剤はどれもよかったです。
あるいは手作りアロエ育毛剤も実行しましたが、これもOK。
発毛サプリメントでは、
スピルリナ
ローヤルゼリー
ビタミンE
レシチン
ビール酵母
黒ゴマ
など。
薄毛を治したい方は、少しずつでも、試してほしいです。
私には効果があります。
副作用もなく、安心して私は使用しております。
髪の悩みを抱えている人は、とにかく自分でできることから改善をしてみることが大切で、髪の毛が突然抜け始めたのには何か原因があるはずです。
まずは、原因をきちんと考えることが重要となります。自分の生活習慣を思い返して、問題点を洗い出しましょう。
じっさい、薄毛に悩む人は、健康雑誌などもよく読むので、育毛の知識を得るとともに、健康オタク的になるようです。
それは、いいことなのです。
ネットで、できるだけひんぱんに、育毛情報を集めましょう。
その一方で、お金も投資して育毛剤を試すことも必要だと感じています。

育毛の成功確率を高めよう

育毛漢方の世界では「髪の毛は内臓を映す鏡」と診ます。
髪の毛と内臓は深く関係しており、具体的な例としては肝機能が弱くなれば、髪の毛が少なくなったり、パサパサになってきます。
生活が乱れたり、暴飲暴食が続けば、内臓が疲労し、薄毛化が始まり、白髪が出現したりします。
髪の毛のダメージが見られたなら、体の中のどこかが不調になってきたと考えて間違いありません。
髪の毛がいきいきとして若々しい人は、肉体的にも若く、髪の毛が元気がなくヘナヘナの場合には、肉体的にも老化しているといっていいのです。

髪の毛を弱らせる原因は、食生活を含めた生活習慣の乱れなのです。
まずは生活習慣を見直してみることから発毛は始まるのです。
髪の毛を増やす生活習慣としては野菜の摂取が大事ですよ。
まずは野菜を取り入れることを意識してみませんか。
私が育毛に成功したのは、昭和56年の対策を始めた頃からずっと、野菜の摂取に留意してきたからだと思うのです。
もし、育毛剤に頼るようでしたら、失敗して、今頃は「ハゲ」と呼ばれる状態だったはず。
セーフ。
助かった。
平成31年の今でも、あまり育毛の成功確率は高くないのです。
プロペシアや、ザガーロなどの育毛薬が登場しましたが、それでも、成功確率は高くはないのです。
野菜を食べなきゃね。
私の成功は、
野菜摂取
充分な睡眠
育毛栄養
心の平安
なのです。

育毛栄養ではカイセイ堂のミレットコラーゲンが一番効果的でした。

 

 

飲む育毛剤や塗る育毛剤を使用する前に、薄毛回復法の基本について考えてみましょう。
薄毛回復法としての方法は、ネットで検索するといくつか発毛効果の高そうなのがみつかることと思います。
しかし併用して、基本的には頭皮マッサージを実行したいのです。
薄毛回復のためには頭皮マッサージを毎日続けることは効果的です。
私はこの26年間、さまざまな育毛関連書籍を読んできましたが、頭皮マッサージに関しては「肯定派」と「否定派」がいることがわかりました。
私は肯定派です。
優しく、ソフトに頭皮をマッサージするのは発毛に有益です。
ただし強く刺激を加えるのは良くないのです。
否定派の人は、強く刺激して失敗した事例をもとに否定しているのだと思います。
また、頭皮マッサージをしたからといってハゲの進行や、髪の毛が細くなるのがピタリと止まったりすぐに髪の毛がボウボウに生えてくるわけではありません。
頭皮マッサージの効果は抜け毛の進行度や個人差はあるでしょうが、毎日続ければ薄毛回復には役立つのです。

頭皮マッサージをすることで頭皮の血行が良くなるので、血液とともに髪の毛の生育に必要なものが届くからです。
結果として毛乳頭に届く栄養量も増え髪の毛自体も強くなるわけです。
また、若ハゲや抜け毛予防のためには正しい方法でマッサージしないと、こすったりすると、頭皮にダメージを与え、かえって逆効果にあることがあり、要注意です。
こするのは良くないです。私も育毛を始めたころ、容量が分からずに失敗したこともあるのです。
こすらないでください。
飲む育毛剤や塗る育毛剤に頼るだけではなく抜け毛予防には毎日の食事をバランスのいいものに変えていくことも忘れないでほしいのです。
現代の食生活では動物性のたんぱく質は必要量以上の摂取をしているのです。
髪の毛の成分といえるケラチンはたんぱく質の一種ですが過剰な動物性たんぱく質の摂取は抜け毛の原因であると考えられますから、良質なたんぱく源である納豆や豆腐など大豆製品の摂取を心がけましょう。
体全体の調整を行ってくれるビタミンを摂取することを心がけると育毛にはいいですね。
飲む育毛剤を飲む前に、抜け毛予防に良いといわれる昆布やわかめなどの海藻類やかきやレバー、いわしなどに含まれるミネラル類も体にとっては必須です。
ミネラルは体内では一切生成できない成分ですから意識して摂取することです。
不健康な食生活が、薄毛回復を妨げます。食生活と薄毛回復の因果関係は大きくかかわっています。
口から育毛栄養を摂りましょう。

 

育毛のための集中薄毛治療

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

 

 

薄毛対策には「秘密」などありません。

 

「生える」と言われている方法を実行するだけなのです。

 

私自身、こうして育毛アドバイスのブログを書いていますが、一人の「育毛実践者」であるわけです。

 

 

昭和56年の私の体内でカチッと言う音とともに、薄毛遺伝子スイッチオンした日から、

 

 

今日までいろんな育毛法を調べ、そして実行してきました。

 

 

漢方の育毛法を中心とした育毛生活により、もはやハゲ遺伝子は怖いものではなくなりました。

 

 

育毛漢方によってもハゲ遺伝子が消え去るわけではなく、

 

 

抑え込んでいるだけなので、気を抜くと薄毛化が進行します。

 

 

でも、「どうしたら髪が生えるのか」がわかっているので、心は落ち着いています。

 

 

集中的に育毛努力をすると髪の毛は戻ります。

 

 

その方法をいくつか知っています。

 

 

あなたがもし、育毛の実感を得ていないのなら5大育毛法の中の一つ「ごま、どくだみ、レシチン」育毛法を、3か月実行してみてはどうでしょうか。

 

 

バーバラ寺岡の額に髪が生えてきた方法を、私も再現できましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

私の信頼する育毛法の一つなのです。

 

 

大事なポイントは3つを並行して摂取することです。

 

難しいことではないです。

 

 

そして成果は大きいのです。

 

 

どくだみ、ごま、レシチンによる育毛法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急連絡 育毛プログラムのご紹介28年6月スタート

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

緊急連絡です。
私のブログの愛読者から育毛成功者を続出させたいから。

6月スタートの育毛プログラムをご紹介します。


漢方の育毛法の基礎の基礎です。

でも、実行しているのは、100人中4人か5人でしょうねぇ。


あなたには2か月で「髪の毛ボリュームアップ体験」を味わってほしいのです。


期限が非常に限られたキャンペーンなので、急いだほうがよいでしょう。


間に合えば8000円もお得。

しかも髪の毛も増えて、うれしさはさらに「倍」。

参加したい人は急ぎましょう。


➡ 






 

育毛に役立つ言葉をかみしめる

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
育毛漢方療法 役立つコトバ その7
薄毛回復をするには、できるだけ情報を仕入れることです。
たんに育毛情報だけでなく、関係のない話も、薄毛回復に役立つことが多いのです。

今回は、ビジネス世界のコトバを紹介しましょう。

こういった話が薄毛回復には応用できるのです。
「小売業で成功したかったら、満塁ホームランを狙うヤツは失敗する。小さな改善を毎日積み重ねるしか手はないんだ」   藤田田(日本マクドナルドの創設者)

私は藤田田さんが好きで本をよく読みました。
面白いエピソードですが、藤田さん自信はハンバーガーを特に好きでなかったようですね。

独特の経営哲学でした。

ソフトバンクの孫社長も、尊敬する藤田さんの影響を受けてコンピューター関係に進路をとったと言う話をきいたことがあります。

さて、藤田さんの言う「小さな改善」です。

薄毛の改善においても、「小さな改善」が重要だと思うのです。

「効果のある育毛剤を探して、一気に発毛させる」
などという考えではきっと失敗します。

育毛では多くの要素が関わってきます。

睡眠時間
食事内容
頭皮マッサージ
肩こり
心の平安
冷え取り
血液の循環
発毛サプリメント
育毛酒、ドクダミ酒
育毛シャンプー
育毛剤

などなど。
それらの要素を、少しずつ改善していくことで、育毛に成功するのです。

何か一つを徹底的に実行していけば、髪の毛がフサフサになるということは、ないです。

人体のことなので、いろんな要素が絡み合っているからです。
薄毛回復に役立ついろんな項目を、少しずつでも実行・改善していくことで、きっと満足のいく髪の毛の状況を取り戻せることでしょう。

育毛はコツコツです。
2か月で大きな成果を出そうとすると、失望します。
回復の成果が1〜2年ががりになる場合もあるのです。
育毛漢方であれば、数か月以内に成功するでしょうが、それでも3か月は必要でしょう。
育毛酒で体質を改善し、野菜とイワシ缶詰や黒ゴマで発毛を実行していきたいものです。
毎日の生活に、少しずつ、発毛に役立つものを取り入れていきましょう。

多くの人は、今よりも野菜成分を多く摂ることで、成果が実現する。

育毛漢方でハゲよさらば

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
ハゲを治す方法はあるのですが、実現できない人もいます。

そのような人は「早く万人がハゲを克服できる方法が現れないものか」と望んでいます。

私自身も、できればカンタンな方法で誰もが髪の毛を増やせる時代が来ればいいと思うのです。

私とて毎月3万円はハゲ対策のためにお金を費やしています。

毎月3万円のお金を使わなくて済む時代が来れば、これはうれしい話です。

週刊誌を読んでいたら、

「資生堂の研究により2年後にはハゲが治せる時代が来る」

と書いていました。


自毛植毛による増毛です。

どれだけの効果があるのかはまだわからないですが、期待できそうです。

ところが、こういう情報は30年以上前から、いつも報道されていたのです。

画期的な育毛剤

画期的な育毛薬

画期的な育毛食事

などなど。

しかし現実には、それらも効果があるものの、いろいろと併用して初めて効果が出るものです。

漢方の育毛法でも「これだけでよい」というものはないです。

いくつかの太髪効果が立証されたものを組み合わせることで髪の毛がドーンと増えるのです。

なかなか満足のいく育毛成果の出ない人は、まずは、野菜が不足していないかを確認しましょう。


➡】野菜で薄毛対策

この3日間で、どれだけの野菜を摂りましたかか?

育毛のために今日実行すべきこと

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

育毛のために毎日実行すべきことを、たんたんと、実行することです。

実行すれば、いずれ「生えてきたぞ!!」と喜びの声を上げる日が来ます。

実行しなければ、毎朝、洗面台の鏡をみるたびに、憂鬱な気分になるのです。

薄毛を治すには、どうしたらいいかは、あなたはわかっているのではないでしょうか。

わかっているが、実行できないことが多いのではないでしょうか。

実行すべき項目の一部をあげると、

イワシを食べたらいいことはわかっているが、食べていない。

納豆とキムチを同時に食べればいいこともわかっていても、食べていない。

大量の野菜を食べればいいとわかっていても、少ししか食べていない。

コラーゲンを飲めばいいとわかっていても飲んでいない。

プラセンタを摂ればいいとわかっていても、摂っていない。

シルクアミノ酸を取ればいいとわかっていても、摂っていない。


言いかえると、「絶対に、日々の行動を継続するぞ」と決意し、実行すると髪の毛は生えます。

実行し続けて3か月、4カ月たつと、ある日、生えてきた髪の毛に気づくのです。 

 

たぶん薄毛を治したい人の95%くらいは、育毛剤を朝晩に振りかけて、育毛サプリを2粒くらいを口に放り込んで終わっているはず。

 

これでは、なかなか成果に結びつかない。

 

育毛は「いろいろとやらないといけない」から難しい。

ハゲない人は何を食べているのか

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
平成30年5月27日追記
漢方の育毛法では血液が重要。
「生える血液」にならないと、ハゲは治せない。
生える血液は口に入れる食べ物が決める。
食事はもちろん、おやつも含めて、口に入れるものを厳選しましょう。
ポテトチップスや缶コーヒーがよくないのは、わかりますよね。
この日の投稿記事は、漢方の育毛法のポイントを明記した内容となりました。
おやつにはアーモンドやクルミもグッドです。
追記 ここまで

ハゲない人は何を食べているのか?

薄毛を治すためにいろいろと研究し、実践してきたなかで、漢方の育毛法で成果が出た。

漢方の育毛法を一言でいうと

「髪が生える血液にして、巡らせる」

ことに尽きる。

この言葉の価値は100万ドルの値打ちがあると思うが、どうでしょうか?

だって、これが納得できたら髪は生えるから。


言葉を足せば、

このことが「理解できて納得できて、行動に移せた」ときに発毛成果につながる。

髪が生える血液は、育毛剤で手に入れたれるのでしょうか?

それはなかなかできないのです。

だから、大きな成果は見られないのです。

頭皮の血行は良くなると思うけどね。

刺激剤でね。


結論を言えば、


「口に入れるもので、生える血液が得られる」

ということです。


有名なプロペシアは、その一つです。

血液に作用することで

「ハゲを押さえつけるパワーを持つ血液」に変化させることができます。

生える血液ではないが、ハゲ要因を押さえつけるので、成果につながりやすい。


私の知人でも、成果の出ている人物を何人か知っている。

特に頭頂部には成果が大きいのです。


私の目視による観察では、プロペシアを飲むと、

最初の1年くらいでドーンと成果が出て、その後、成果が落ちてくる。

本人は、もう、効果が出なくなっても、

プロペシアを止めると脱毛が始まるという知識があるので、

怖くてやめられない。


さて、

プロペシアは血液に作用するので、発毛に関して、何らかの効果が出ますが、

副作用が出るので、私は飲まない。

では、安全に髪の毛を増やすために、

何を食べればいいのか。

ネットで調べればわかるはずですが、


「髪の毛にとって役立つ成分というのは、もう、わかっている」のです。


ハゲ遺伝子があるにもかかわらずハゲない人は、髪の毛にとって悪いものを止めている。

そして、

髪が生えるためにいいものを食べているのです。

シンプルです。

 

たとえば、私の「おやつ」を見せましょうか。

写真を撮って、公開しましょう。


 
(平成28年1月1日撮影)

ハゲないための育毛成分としては大事なものですね。

成分としては、

緑色のものがカボチャの種

赤が紅クコ

黒い大きいのがナツメ


ハゲ抑制と発毛促進に良いのです。


これだけで生える、とは言いませんし、私の育毛実践のほんの一部です。

実践している項目の10分の1。

おやつなのですから。


でもね。


おやつとして、このようなものを食べるか、チョコレートやポテトチップスのようなものを食べるかで、


それだけでも1年後、2年後、あるいは10年後には髪の毛の状態は全然違ってくるはずなのです。

参考までに、ネットで手軽に「育毛おやつ」は買えますので、ご紹介しておきましょう。
 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

薄毛体質の人が「理不尽だ」と感じるのは当然

薄毛が始まる時期というものがあります。

ハゲのスイッチ「オン」

 

 

多くの人は20代のようです。


ハゲ遺伝子がある場合には20代で「来ます」よ。

 

脱毛が20代で始まると、悲惨です。

 

男性も、女性も異性を意識する時期だからです。

 

 

恋人

 

結婚

 

などなど。





「理不尽だよ・・・・・」


と思う気持ちはよくわかる。


でも、いったん受け入れて、対処することです。


それしかないし、努力するとハゲなくて済むのは確かなのですから。

 

 

 

お見合いの場合、薄毛、ハゲだと、きっと写真の段階で大きなハンデがあります。

 

 

薄毛だと写真の段階で断られることも、多いとか。

 

好んでハゲの人と見合いをしたい人はいないのでは?

 

20代でハゲてきた場合、それは「男性型脱毛症」の体質を受け継いだ可能性が高い。

 

そうだとすると、もう、覚悟を決めるしかないわけですよ。

 

「そのまま」にしておくと、きっとハゲます。

 

そのうちに生えてくる、ということはないのです。

 

何らかの育毛対策を講じないと、

1年後には、かなりハゲが進行している可能性は高いです。


➡ 漢方の育毛法と原理を同じにするこの方法を


行動が結果を生むのです。

 

薄毛やハゲを治すには心の問題を考える漢方育毛法

平成30年5月27日追記

心の問題について投稿しています。

ストレスはハゲ原因だと感じています。

私が大学から社会人になり、生活環境が激変し、それがハゲ・スイッチを押した。

実感している。

ストレスがなければ、ハゲ遺伝子の活動も、急激ではなかったはず。

この記事では具体的にセントジョーンズワートという具体的なサプリを紹介しています。

仕事の悩みがあるときなども、その後の人生でも大いに役立ったサプリです。

安価なのがうれしい。

追記 ここまで

 

 

 

 

 

薄毛の悩みも漢方なら解決可能。

それは、体質変換を行うことで育毛を目指すからです。


髪の悩みをもつ人の多くが、生活習慣の乱れが髪の毛のトラブルの大きな原因でることを、

理解していないように思えます。

髪の毛の健康は、生活習慣と密接に関係しているのです。

髪の毛に影響を与えるような悪い生活習慣をストップすることで、髪の毛の健康を取り戻しましょう。

薄毛、抜け毛を招く生活習慣とは、具体的には。急激なダイエットや出産、大病、貧血症などあります。

そして、ストレスもハゲ原因の大きなものとなっています。

髪の悩みとストレスについては深い関係があるのです。

だから、ストレスの解消を行いたい。

ストレスは髪の毛だけではなく、多くの病気や症状の原因となっています。


ストレスは万病の元ということは知れ渡ってはいますが、ストレスを感じずに生活をすることは、この現代社会では難しいのが実情です。

過度のストレスを抱えてしまうと、身体にはよくない変化が起こるのです。


ストレスを身体が受けると、血管を収縮させ、血流量が減ります。

そうなると、育毛や発毛にとって重要な栄養素を血液に乗せて身体の隅々にを運べなくなります。

髪の毛に栄養が行き渡らないと、当然、毛根がやせ細り、

髪の毛は細く、弱弱しくなってしまうなどの症状が出てきてしまうのです。

薄毛などの髪の悩みを抱えている状態もストレスです。

髪の毛のストレスによりいっそう髪の毛が抜けるという状況が起こるのです。


日頃のストレスが抜け毛の原因となり、その抜け毛で悩んでいる状態が、更に抜け毛を助長させます。

一度髪の悩みを抱えてしまうと、改善に向かうのが難しいのは、顔に付属しているだけに「隠す」ことができないからです。

薄毛のストレスに悩むなら、早めに頭髪の専門医に相談するなどして、髪の毛の悩みを解消する努力が必要です。

たとえば、セントジョーンズワートというサプリメントは心の平安に効果があります。

1000円〜4000円くらいでサプリメントが売られていますので、心の不安感を消すには役立ちます。

 


心が青空のようにパーッと明るく、晴れ晴れとした気持ちになったとき、貴女の髪の毛はスクスク成長するのです。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧