薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

ハゲると、爆笑されるのか?

ハゲると、爆笑されないといけないのか?
今日、「毛髪川柳」という本を買いました。

 

川柳が好きで、自分も楽しんでいますが、ハゲを句にはしたくない。
ただ、川柳としては、レベルが高く、よい川柳もある。
しかし、ほとんどは、まあ、当然ではあるが薄毛を笑う内容である。

本の帯に「爆笑の毛髪賛歌!!」とあるが、どこが賛歌なのか?

例えば、「頭見て 敬語使うな 年下だ!」などは、いいとしよう(同著より引用)。しかし、それにしても哀しくなるほどハゲは笑われるのですね。
毛髪川柳のコンテストの主催は「日本自毛植毛センター」というところ。髪の悩みを笑い飛ばそう、という趣旨らしいが、髪の毛が少ないという体の悩みを笑うのは、注意が必要だろうと思う。

髪の毛がないと、なぜこのようにまで笑われるのか?例えば歯がなくても、川柳ができるほど、笑われることはない。
以前、テレビであるカツラをつけた若者が「ハゲという言葉が良くない。例えば、薄毛状態を「ブルース」と呼べばいいのではないか」と主張していた。ハゲという言葉の響きが良くないということは言える。

やはり、見た目ということか。外国人はハゲが多く、日本人は比較的すくないので、薄毛が注目をあびるということは、ある。また、金髪だとハゲてもカッコいい場合もある。日本人タレントでも、髪の毛が薄くなると、明るい色に髪を染めるケースも多い。たしかに薄毛が目立たなくなります。

また、カツラについても「ヅラ疑惑」などと、なぜか「犯罪」のように言われるのも気の毒です。歯が抜けて「義歯」にしても、べつに世間は何も言わない。しかし、もし、あなたが明日、職場に「カツラ」をつけていくと・・・・・。想像するだけでゾットします。ハゲ隠しを世間は許してくれないような雰囲気です。視力が落ちてめがねをかけても何も言わないのにね。

しかし、こうなれば対策は一つ。笑われたくないなら「髪を平均近くまで生やす」しかないのではないか?社会の意識を変えることはできません。だったら、何も考えず、髪を増やすこと。自分の髪を増やすことです。そして、漢方の力で発毛は可能なのです。努力で育毛は可能ならば、ただ育毛生活を実践することです。
最後に、同著よりもう一句引用します。

「元気よく 根づいた髪に 妻を呼び」

漢方を中心とした育毛法で、このようなことは現実となるのです。
育毛漢方の成功方程式の第一は、イノシシ毛ブラシでうぶ毛を生やし、スピルリナとコラーゲンで太く育てるのです。

 

ハゲに関する高価情報商材の感想・レビュー2

ハゲに関する高価情報商材の感想・レビューその2

前回につづき、情報商材のレビュー。

『カッコいいハゲになるためのマル秘テクニック』

発売 オフィス フレック


このハゲに関する情報商材のポイントは、

「もう、ハゲで悩むのはやめよう」ということだ。

ハゲは男性の悩みの中でも最大のものといわれている。

できることなら、髪を生やしたいわけです。

それで悩みを解決できます。


ところが、ある人は「もう果てしないハゲとの戦いに疲れ果てた・・・・」

ということもあるのです。


この商材では、基本的な育毛法も述べられており、育毛にかんしても王道の

ノウハウであった。

裏技的で危険なノウハウでない点に、好感が持てた。


肝心のポイントは「カッコイイはげになろう」ということ。


デブ・チビ・ハゲは、3大コンプレックスと言われています。


しかし、もしそれが劣等感でなく、無関心になればどうだろう。

さらには、自信につながったなら・・・・・。コンプレックスは消え去るのです。


ハゲが苦しいのは、自分に自信がなくなり(仕事にも、恋愛にも)、ウジウジしてしまうから。消極的になってしまうから。


ポジティブなハゲになれば幸福な一日が訪れるのです。


育毛・発毛を考えている人。

植毛を希望している人。

カツラを注文したい人。


そういう人は、一度は、

「ハゲのまま、幸せになるのもいいのではないか?」

とじっくり考えてみてはどうでしょうか。


その意味で、この高価な商材は、読む価値がありました。


要は、幸せになればいいのです。


私自身は、まず、いろいろな育毛情報を収集し、実践し、自分の髪の毛を、ぼうぼうに生やすことに力をそそぐことを目指しています。

あなたにも、まずは、育毛情報を収集し髪をグングン生やしてほしい。


それは可能だからです。


しかし、もし、人により、状態により「もう生えない」という事態になった時。

ハゲをうらんで、暗く過ごすのではなく、このような情報商材があることも思い出してほしい。

高価なマニュアルではあるが、ハゲても、ぜひ、イキイキ・ワクワクした人生を全うしてほしいのです。   (次回へ続く)
 
 

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

リンク