髪の毛が急激に抜けていく恐ろしさは、味わったことのない人でないと理解できないでしょう。

私は25年前に、遺伝性の体質により、急激なハゲの進行を体験しました。

髪の毛が薄くなると誰にも会いたくなくなります。

薄毛をからかわれるのではないかと、人を恐れます。

散髪店で、いすの前にある大きな鏡の中に写った自分の姿を愛せなくなります。

ですから、なんとしても、薄毛、抜け毛は克服して、髪の毛を増やして楽しい毎日を取り戻さなくてはなりません。

抜け毛が多いと、ハゲを恐れ、悩むことになります。

育毛したくても発毛しないと育てられないわけですので、毛はえ薬を早く買おうとします。

発毛を行う上で使用する発毛剤ですが、今は様々な種類のものが発売されています。

発毛剤と言う商品から受けとるイメージは、薄毛になった頭部に発毛剤を塗布することで、髪の毛がグングンと植物の芽のように生えてくる感じでしょう。

ところが、薄毛となってしまった前頭部や頭頂部から新しい髪の毛が、育毛剤で生えてくると言うことはなかなか難しいです。


ハゲが進行し、地肌が見えてきた頭皮を良く見てみると、少なからず産毛が残っていて、完全にはハゲになっていないと思います。

発毛剤や育毛剤はこの産毛状態の毛髪を、太く長く成長させ、密度を増やして地肌を覆ってくれる手助けをしてくれるというものなのです。

薄毛解消に成功し、発毛剤の使用前と使用後では確実に毛が増えたと見える方でも、実際髪の毛の本数は増えてはいないそうです。

様々な要因で脱毛症となり、ハゲとなってしまう方については、髪の毛が抜けてしまっても「発毛剤」と言う名称から新しく毛が生えると思い込んで、育毛剤に頼るのはやめましょう。

私は、漢方の育毛法をおすすめしています。

「漢方で育毛をおこなうレポート」


大手の企業がネット上でお金を出して育毛剤の広告サイトを上位表示させるので、私の漢方育毛法は大手企業の陰に隠れていますが、育毛成果は比べ物にならないほど、漢方法が優れているのです。

「次元が違う」と言いたいですよ。ホント。

抜け毛は生活環境や食生活、ストレスが影響していることが多くて、環境を改善する事で髪の毛が回復するケースもありますので、自分の症状を確認してから育毛の手当てする様にしましょう。