薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

ネット上に流れる育毛情報について思うこと

ネット上に流れる薄毛対策、ハゲ治療の情報について思うこと。


ハゲや薄毛は大きな悩みなので、ネット上でも多くの情報が流れています。


が、しかし。


私が読んだところ、役に立つものもあるけれど、参考にならない育毛情報もありますね。


ヤフーの読者投稿による悩み解決「ヤフー知恵袋」


私も、このような育毛の悩みに回答したらよいのかもしれません。


まず、ネット上で気付くのは「ハゲは治らないので、スキンヘッドにでもして、男らしく覚悟せよ」というたぐいの意見が多いこと。


私は賛成できません。

育毛の努力をして、自分の髪の毛を増やすことを選択した方がよいですよ。


ハゲは治らないのか?


そんなことは、ないのです。


そういう考えは危険です。


まずは「常識で考えてみればよくわかる」のです。


常識で考えることです。


では具体的なパターンを。


{事案その1」

一卵性の3人兄弟(三つ子)30歳がいるとしましょう。


一人は毎日8時間の睡眠。

野菜中心の食事で、ドクダミ、ゴマ、レシチンを食事に取り入れている。

また、コラーゲンも毎日飲み、スピルリナやノコギリヤシなどのサプリメントを欠かさず摂取している。

運動は散歩や水泳を毎日30分。


育毛シャンプーや育毛剤も使用している。

プロペシアも飲んでいる


ikumou11.jpg


2人目はごく普通の会社員であり、日本人の平均的な30歳の生活を送っている。



ikumou12.jpg


3人目は睡眠時間一日5時間。


焼き肉が大好きであるし、昼は時間がないのでカップラーメントと缶コーヒーでいつもすましている。

タバコは一日2箱。

神経を使う仕事であり、心理的なストレスは大きい。

運動はしない。

休みの日はパチンコ店で一日を過ごしている。

生還習慣病をいくつか持っていて、クスリをいくつも飲んでいる。




というような3つ子の兄弟の頭髪状態を考えてみましょう。


一卵性の三つ子であっても、かなり頭髪状態は違ってくるでしょう。


10年後は?


1年後でも大きく違うはず。


このことを考えると、育毛は努力であるということが、よくわかるわけですよ。

育毛商品の効果をレビュー

薄毛の人が多い国

薄毛の人が多い国があると言う。

平成22年8月22日の4時ころより、そういう特集をした番組が放映されます。


地方によって違うかもしれませんが。


今日のテレビでの予告編を見ました。


薄毛の人が数人テレビに映っていました。



予想どおり欧米系の人でした。



「インディアンにハゲはいない」


という言葉を聞いたことがあるでしょう。


この言葉を宣伝文句にしたシャンプーもありますね。


「ナバホ族は髪が命?」のシャンプーが、40代男性に大人気!



私はまだ、使用したことはないです。


有名ですけどね。



当然ですが、インディアンにもハゲはいます。


が、しかし。


民族的に他の民族と比べると、ハゲは少ないような気がしますね。


ワールドカップのときのサッカー選手でも、国によっては、ハゲの人が多い国は、やはりありました。


「どこの国の人がハゲが多いのか」

というのは、まずはこの番組を見てみないとわかりません。


が、アジアの国ではないでしょう。


欧米だと思います。


まあ、経験的にわかりますよね。

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

リンク