髪の毛をすこやかに生やすには、首、肩のコリをとり、目の疲れを解消することが重要です。
漢方の育毛法では「コリを治す」ことが育毛において、とても重要視されます。
髪の悩みを抱えている人の多くは、首、肩のコリおよび、目の疲れ、が大きな抜け毛原因となっていることを理解していません。髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係しているといわれていますが、髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎むことで、髪の毛をグングン生やしましょう。



髪の悩みの原因としては関係なさそうな肩こりですが、実は抜け毛や薄毛に密接に関わっています。肩こりや首のコリは、血行不良が原因で起こります。通常血行が良い時には、疲労物質が出てきたときも、そのまま流してしまいますのでコリを感じることはないのです。



肩や首周辺の血行が悪くなると、疲労物質を流すことができなくなります。疲労物質がその場にとどまってしまうことで、発痛物質が筋肉などに影響を与えるようになります。そのために筋肉が硬くなったり、コリを感じるようになります。肩こりの状態を放置していると、血行が改善しませんので、髪の毛に血液が届かなくなり、髪の毛はヒョロヒョロに弱まってしまうのです。



肩こりなどのために血液が頭部に行き渡りにくくなると、毛根に十分な栄養が届かなくなってしまいます。髪の毛が栄養不足になってしまうと、毛根がやせ細り抜け毛の原因となります。デスクワークなどで肩や首が日常的にコリを感じている人が多いと思いますが、長時間同じ姿勢で仕事をしないなどの工夫をすることで、首や肩周辺の血行を保つことが大切です。



また、少しぜいたくと思うかもしれませんが、月に2回ほど短時間のクイックマッサージを受けるのはオススメです。
私は5年位前から、クイックマッサージを愛用しています。
血の巡りがグーンとよくなりますね。
家族に首、肩をもんでもらう、あるいはマッサージ機があれば、活用します。
 
JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
血流がよくなれば育毛は加速します。
特に女性の薄毛は急激に回復するのです。
男性型脱毛症は、残念ながら、抜け毛の遺伝子を、食事等で眠らせなくてはなりませんが。