薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

髪の毛を生やす即効高橋式ノウハウにかかる費用。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

髪を増やすための育毛にかかる費用について解説します。

 

育毛シャンプー購入費用など、髪の毛を増やすには、お金がかかります。

 

もっとも、カツラや植毛と比べると、だんぜん安上がりです。髪の毛にかかる費用を惜しんではなりません。

植毛やカツラは「メンテナンス」ということで、維持費が高いのです。

 

今、髪の毛を太くし、抜け毛を防ぐ努力をしないと、カツラなどは百万円など、すぐかかってしまいます。

 

育毛剤や、育毛シャンプー、そして育毛サプリメントには、ある程度お金を使いたい。

 

では、育毛漢方の実践では具体的に、どのくらいの費用がかかるのか?

 

おおよその目安を見てみよう。

 

ちなみに、『みるみる髪が生えてくる』では、おすすめの育毛剤や、育毛シャンプーは本にでてきません。

 

あくまでも私の場合をみてみるだけで、費用には個人差があることに注意。

 

重要度の高いものから記載します。

 

 

1.育毛シャンプー  1か月あたり  1000円
→例:「馬油成分シャンプー」3000円を3か月で使用
2.スピルリナ    1カ月あたり   1200円
→例:2400円のスピルリナを2か月で消費する
3.レシチン     1カ月あたり   2000円
→例4000円のレシチンを2か月で消費する
4.育毛酒      1カ月あたり   2500円
→例:5000円の酒を2ヶ月で消費する
5.ビタミンEとビタミンC   1カ月あたり1500円
→例:1500円程度のビタミン剤を1ヶ月で消費する
6.育毛剤  1ヶ月あたり3000円
→例:マミヤン アロエ原液3000円を1ヶ月で消費
7.プーアール茶、ドクダミ茶など  1ヶ月あたり1000円
→例:2000円で2か月で消費
8.その他   1か月あたり1000円くらい
→豚毛ブラシ、心を明るくするサプリメント「セントジョーンズワート」、亜鉛、鉄、など。
9.肩、首、背中等のコリをほぐすクイックマッサージ
毎月1500円使用。
10.メンズミレット
毎月16000円程度


以上、髪の毛を太くする育毛生活実践に必要な費用です。

 

ちなみに、メンズミレットというのは育毛コラーゲン商品です。

 

高橋先生の本ではコラーゲンは出てきませんが、当初提携していた「自然美」という会社では、現在コラーゲン商品を取り上げています。

 

コラーゲンの太髪効果は、多くの人が体感したので、現在の日本では人気が定着しました。

 

さて、いくつかの商品を取り上げています。

 

これらは抜け毛によいだけでなく、体全体の健康にも良いので、積極的に採用してほしい。

 

育毛剤やサプリメント代をケチるようでは、髪の毛を増やそうとしても、成果が出ないと思います。

 

育毛剤も、ケチらずじゃぶじゃぶ使用するのがよいのです。

 

何度もいいますが、カツラや植毛に一度手をだすと、引き返せません。

 

人の目が気になるし、カツラの下で、ハゲがどんどん進行していくからです。

 

カツラの場合、使用するためのメンテナンスは、年間百万円を越す場合もあるようです。

 

自分の髪の毛をキープし、増やしていきましょう。

 

それを考えると、髪を太くするのに「この程度の出費は安いもの」という判断をすべきでしょうね。

 

育毛シャンプーとヘア・パック。

 

そしてスピルリナ、および育毛酒はメンズミレットは重要です。

 

 

男性の場合、最重要はメンズミレットですね。 

髪の毛を増やすためにはコリをなくすことです

髪の毛をすこやかに生やすには、首、肩のコリをとり、目の疲れを解消することが重要です。
漢方の育毛法では「コリを治す」ことが育毛において、とても重要視されます。
髪の悩みを抱えている人の多くは、首、肩のコリおよび、目の疲れ、が大きな抜け毛原因となっていることを理解していません。髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係しているといわれていますが、髪の毛に影響を与えるような生活習慣を慎むことで、髪の毛をグングン生やしましょう。



髪の悩みの原因としては関係なさそうな肩こりですが、実は抜け毛や薄毛に密接に関わっています。肩こりや首のコリは、血行不良が原因で起こります。通常血行が良い時には、疲労物質が出てきたときも、そのまま流してしまいますのでコリを感じることはないのです。



肩や首周辺の血行が悪くなると、疲労物質を流すことができなくなります。疲労物質がその場にとどまってしまうことで、発痛物質が筋肉などに影響を与えるようになります。そのために筋肉が硬くなったり、コリを感じるようになります。肩こりの状態を放置していると、血行が改善しませんので、髪の毛に血液が届かなくなり、髪の毛はヒョロヒョロに弱まってしまうのです。



肩こりなどのために血液が頭部に行き渡りにくくなると、毛根に十分な栄養が届かなくなってしまいます。髪の毛が栄養不足になってしまうと、毛根がやせ細り抜け毛の原因となります。デスクワークなどで肩や首が日常的にコリを感じている人が多いと思いますが、長時間同じ姿勢で仕事をしないなどの工夫をすることで、首や肩周辺の血行を保つことが大切です。



また、少しぜいたくと思うかもしれませんが、月に2回ほど短時間のクイックマッサージを受けるのはオススメです。
私は5年位前から、クイックマッサージを愛用しています。
血の巡りがグーンとよくなりますね。
家族に首、肩をもんでもらう、あるいはマッサージ機があれば、活用します。
 
JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
血流がよくなれば育毛は加速します。
特に女性の薄毛は急激に回復するのです。
男性型脱毛症は、残念ながら、抜け毛の遺伝子を、食事等で眠らせなくてはなりませんが。

プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧