薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

薄毛対策の育毛漢方でハゲと決別しましよう。育毛に関する情報と、発毛情報に基づいた行動があれば、育毛、発毛は何歳になっても可能なのです。

 

核酸で薄毛を治す

核酸とその他の栄養素で髪を生やす
核酸とその他の育毛効果のある栄養素たち。
まず、あなたに重要な原則を言いましょう。



「髪の毛はあなたが口から摂取したものでできている」
ということ。
髪の毛も身体の一部なので、口から取り入れた栄養をもとに生育できるのです。
だから、当たり前な話ですが、
髪の毛の成長に役立つものを食べる、飲むことです。



薄毛を改善するためには、核酸を始め、育毛効果が期待される栄養素を中心に、栄養バランスが整った食事を摂取することが大切です。
特におすすめしたい栄養素は、たんぱく質とビタミンA、C、E、B群、亜鉛です。
たんぱく質には、納豆、豆腐などに含まれる植物性たんぱく質と、肉、魚、乳製品などに含まれる動物性たんぱく質があります。
丈夫な髪の毛を育てるために特に必要とされる必須アミノ酸の1つであるメチオニンは、食べ物からしか取り入れることができません。
両方のたんぱく質をバランスよく摂取するようにしましょう。
また、核酸が多いのはいわし、さけ、ブロッコリーなどです。



イカや貝も核酸が多いので、髪の毛を増やすにおは有効な核酸食と言えるのです。
食事では不足するときにはサプリメントも活用します。

また、ビタミンAには頭皮や髪の毛を健康に保つ効果があります。
うなぎやレバー、緑黄色野菜に多く含まれています。



ビタミンCには、コラーゲンの合成を助け、頭皮の血管を丈夫にする効果があります。
野菜や果物を積極的に摂取して、ビタミンCを不足させないようにしましょう。
ビタミンEは薄毛の予防に欠かせません。
毛細血管の流れをよくして、毛乳頭まで栄養分を届ける重要な働きをする栄養素だからです。
魚、野菜などに多く含まれています。



そしてビタミンB群のなかでも、ビタミンB2、B6を多く摂取するようにしましょう。
ビタミンB2、B6には皮脂の分泌を抑える効果があると言われているのです。
ビタミンB2は乳製品、レバー、卵から、ビタミンB6は肉、魚、大豆から摂取しましょう。
亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンを作るために必要な栄養素です。



カキ、うなぎ、海藻類に多く含まれています。食生活が乱れていると、髪の毛に必要な栄養分が毛乳頭や毛母細胞まで届きにくくなります。
また、栄養分は体のなかでも重要な部分から順に届けられるため、栄養分が不足していると髪の毛まで行き渡らないのです。
薄毛を改善したいのなら、食生活を見直すことも重要と言えるでしょう。


髪の毛を育てるには核酸が非常に役立ちます。核酸による育毛についてもっと詳しく知りたい場合は、
「老化は食べ物が原因だった」という本を読みましょう。
口からの栄養素が満足できると、育毛の行動が大きな成果を出せるようになります。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

薄毛を治すには食事療法が決め手であったのです

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
薄毛を治すには食事療法が決め手であったのです。

ところが、

多くの人は野菜を摂れていないのです。

ここで、正直に自分の24時間以内の食事を思い出してください。

「平均的な日本人の2倍の野菜」

を取れているでしょうか。

野菜スープ、野菜酵素は野菜と見なしてもいいです。

ただし、市販の野菜ジュースなどは除きます。

野菜ジュースを除く理由は私の体験からです。

育毛の面で、野菜の代わりにはならないんですね。

野菜ジュースも低速ジューサーで作って、

すぐに飲む場合には野菜摂取に加えてOKです。


お昼のランチなどについているキャベツの千切りなどは、ほぼ「0」とします。

野菜もブロッコリーやピーマン、ニンジンなどは評価が高い。

ナス、キャベツなどはあまり高い評価はないです。

で、自分に正直になって、「日本人の2倍の野菜を摂れているかどうか」を考えてみる。

もし、不足しているなら、

今日からスタートしなくてはならないです。

野菜酵素、野菜スープなども活用することです。

ベータ食品の野菜スープなどを私は活用します。


ただし、自宅での手作り野菜スープがいいのは、もちろんです。


プロフィール

プロフィールと
育毛生活33年の記録

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧