JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ハゲる怖さは体験した人でないとわかりません。

 

「ああ、これからオレはハゲていくのだな・・・・・・」

 

という不安感。

 

 

ましてや20代で、これから楽しい時期をすごそうとするときに遺伝的なハゲの兆候が出始めると、

 

 

「こんなはずじゃ、なかった!!」

 

と理不尽な思いをします。

 

人によっては親を恨んだりもします。

 

 

「ハゲ体質を、俺によこしやがって・・・・・・」

 

あなたの親もハゲたくてハゲたのではないのです。

 

 

天のはからいで、薄毛体質の人20%のほうになったのです。

 

2割程度の確率でハゲ遺伝子は「当たりくじ」になっちゃうからね。

 

 

大当たり!!

 

 

うれしくなんか、ない。

 

悲惨。

 

なぜ、悲惨なのか?

 

 

平成30年の日本社会では、ハゲはからかわれてのしかたがない。

 

 

テレビもよくないよね。

 

ハゲお笑い芸人をからかって、その場をもりあげようとする。

 

トレンディ・エンジエル。

 

自分から、先回りして、薄毛をネタにしたりして。

 

テレビで行われていることを、現実社会でも再現する社会。

 

 

こうなっては、薄毛の人は「絶対にイジられる」と覚悟すべき。

 

 

そして、イジられるのがいやならば、「髪の毛を生やすしかない」わけだ。

 

 

どうしても、生やしたい人は、生やすことができます。

 

 

「できたら、生えればうれしいのだが・・・・」程度の気持ちでは、なかなか髪の毛を生やすことができない。

 

 

40年近い育毛生活で俺にはよくわかっているんです。

 

「体質を変革しないと、髪の毛は生えない」

 

のです。

 

根本的に体質を変えるのは無理。

 

持って生まれた体質は、頭髪の場合、変えられないと理解した。

 

もう、わかっているんだよ。

 

 

でも、「抑え込む」ことができるのも事実。

 

 

ハゲ要因を抑え込む。

 

これが大事。

 

 

育毛剤では抑え込むのは困難。

 

これも俺は体験した。

 

育毛剤では抑え込めない。

 

 

プロペシアはどうなのか?

 

 

抑え込むことができる。

 

これは俺も体験した。

 

ハゲ要因が急速に弱まる。

 

 

ハゲるまえの中学生は髪の毛がある。

 

ハゲ要因が動きだしていないからだ。

 

 

ハゲ要因が動き出すと、これが強力なパワーがある。

 

 

特に20代、30代が強い。

 

 

俺自身の体験では、50代以降は、ハゲ要因が弱くなる気がするね。

 

 

ハゲ始めの1年くらいが強いのが印象的。

 

 

俺の場合には23歳。

 

昭和56年。

 

 

これが恐怖。

 

 

速いスピードで額の後退。

 

 

その後、合わせ鏡で見た「頭頂部の肌色の面積の広さ」の驚き。

 

 

絶望のために吐き気がしたよ。

 

 

ゲボゲボ。

 

 

つらい思い出です。

 

 

でも、少し懐かしい。

 

 

それも、これも、「ハゲからの生還」を成し遂げたから。

 

 

お金と努力については、代償を支払ったけれども、結果には満足。

 

 

あなたが、もし、ハゲを治せない状態であるならば、「育毛漢方療法」を実行したらいいのです。

 

 

漢方と言っても、漢方薬を飲むのではないです。

 

 

ここは誤解のないように。

 

 

漢方薬で育毛をしようというのではないのです。

 

 

「薄毛を治した実例をもとに、再現しましょう」

 

という漢方の考え方をもとにした育毛法が漢方療法なのです。

 

 

高橋由美子先生が唱えた方法です。

 

 

はじめから、全部を実行しようとしたら難しい面がある。

 

 

だから、睡眠時間を7時間以上キープしたうえで、

 

 

.好團襯螢

 

▲瓮鵐坤潺譽奪

 

 

⇒ 薄毛を治す特別セット

 

 

 

の二つを4か月飲むことです。

 

 

これがあなたの絶望感から救い、希望の星がみえるようになるスタートなのです。