育毛漢方こそ、最強の発毛効果を持っていると私は考えています。
育毛剤、育毛シャンプー、育毛食品、発毛促進マッサージなど、どれもが漢方治療の「補助的」な存在です。


あなたも、もう気付いているかもしれませんが、男性型の抜け毛は、遺伝的要素が大きい。
そのことを、まず、認める。


抜け毛は血行のせい、というのは認識が甘いです。
抜け毛の一要素でしかありません。10%くらいの影響でしょうね。

若ハゲの遺伝的要素を、弱める、あるいはなくする。
そこから、育毛は始まるのです。


漢方療法の一番の重要ポイントは「体質改善」です。
体質改善が漢方治療の真髄なのです。

「体質」といえば固定されたものと思いがちなのです。

しかし、体質は変わるのです。


体質は変えられるのです。
ハゲ体質だったとしても、それは変えられるのです。


「男性型の抜け毛体質の人が、髪フサフサになる」とまでは、いえません。
しかし、気にならない程度までの状態はほぼ、間違いなくできると思います。

そのためには、第一に食べ物です。
私たちの長年の食生活によって、自分の体質はつくられてきたのです。


栄養面だけにこだわるのではなく、体質作りという観点から見ると、西洋型の食生活は、髪にとって非常に良くないものとなります。


偏った体質を正すには、伝統的な日本食を研究、摂取する必要があります。
ここで、体質改善の一つの例が、「男女産み分け」です。


私たち夫婦は、病院でその方法を学び、実施し、そして思い通りの男女で、子供が授かりました。
そのときの方法も、食事による「酸性、アルカリ性」の体質換えでした。

食べ物で、体質は変わるのです。
これは、非常に貴重な経験でした。


漢方の力で、若ハゲ体質は、変わります。
当たり前なのです。
漢方の力は、想像以上に大きいのです。


抜け毛体質を改善も、当然のごとく変わる。


想像してみてください。

1.やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーを中心とした西洋型食生活。

2.いわし、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など日本食を中心とした食生活。

同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事を食べて暮らすのかによって、3年後、髪の量はかなり違ってくることは、容易に想像できるはず。

さらに、育毛漢方では、ハゲ体質とオサラバするための、食材があるのです。
紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾などです。これらを食べることで育毛効果は出ます。


抜け毛体質が変わるのです。

 

体質が変われば、遺伝的要素は、なくなる、あるいは「非常に薄められてくる」のです。
発毛を体験するにはこれしか、ないのではないかと思いますね。

 

ハゲを押さえつける成分と髪を育てる成分がメンズミレットなら一度に摂取できる。

 

 

継続率93%!回生堂メンズミレット