ネット上に流れる薄毛対策、ハゲ治療の情報について思うこと。


ハゲや薄毛は大きな悩みなので、ネット上でも多くの情報が流れています。


が、しかし。


私が読んだところ、役に立つものもあるけれど、参考にならない育毛情報もありますね。


ヤフーの読者投稿による悩み解決「ヤフー知恵袋」


私も、このような育毛の悩みに回答したらよいのかもしれません。


まず、ネット上で気付くのは「ハゲは治らないので、スキンヘッドにでもして、男らしく覚悟せよ」というたぐいの意見が多いこと。


私は賛成できません。

育毛の努力をして、自分の髪の毛を増やすことを選択した方がよいですよ。


ハゲは治らないのか?


そんなことは、ないのです。


そういう考えは危険です。


まずは「常識で考えてみればよくわかる」のです。


常識で考えることです。


では具体的なパターンを。


{事案その1」

一卵性の3人兄弟(三つ子)30歳がいるとしましょう。


一人は毎日8時間の睡眠。

野菜中心の食事で、ドクダミ、ゴマ、レシチンを食事に取り入れている。

また、コラーゲンも毎日飲み、スピルリナやノコギリヤシなどのサプリメントを欠かさず摂取している。

運動は散歩や水泳を毎日30分。


育毛シャンプーや育毛剤も使用している。

プロペシアも飲んでいる


ikumou11.jpg


2人目はごく普通の会社員であり、日本人の平均的な30歳の生活を送っている。



ikumou12.jpg


3人目は睡眠時間一日5時間。


焼き肉が大好きであるし、昼は時間がないのでカップラーメントと缶コーヒーでいつもすましている。

タバコは一日2箱。

神経を使う仕事であり、心理的なストレスは大きい。

運動はしない。

休みの日はパチンコ店で一日を過ごしている。

生還習慣病をいくつか持っていて、クスリをいくつも飲んでいる。




というような3つ子の兄弟の頭髪状態を考えてみましょう。


一卵性の三つ子であっても、かなり頭髪状態は違ってくるでしょう。


10年後は?


1年後でも大きく違うはず。


このことを考えると、育毛は努力であるということが、よくわかるわけですよ。

育毛商品の効果をレビュー