薄毛の悩みに効く対策8の方法
発毛・薄毛対策薄毛の悩みを解決する15のノウハウを解説します。

その前に、言いたいことを言っておきます。

私の体験からハゲ遺伝子があっても、ハゲは治る。

フサフサになるとまでは言いません。

私自身、かなりの薄毛対策努力をしましたが、

「同年代の平均まで」が限度ですね。
やはり、ハゲ遺伝子の手ごわさを感じています。

ただし、平均まで行けば上等とも言えます。

その「同年代の平均」までは可能なのですが、そこまでいかない人もいるはず。

その人は実行していないのです。

私の説く方法は、でたらめを言っていることはなく、どれも髪が生えるという説を私が実践して、成果を実感したものだけを紹介しているのです。

今回も以下で説明しますが、どうか知識にとどめず、実行してほしいのです。

1.肌と髪の毛は、おなじようなものと考える髪の毛に良いことは肌にも良い。肌に良いことは髪にも良い

2.髪の毛は体の外から、および、中からケアすべし育毛剤だけでは生えないのです。身体の中から生やすことをメインとします。

3.髪の毛のデトックス機能を考えよう髪の毛はデトックスの機能があります。有害物質を、髪の毛で、体外に排出するのです。有害物質が多いと、抜けることが多いとも考えられます。

4.毛穴の清潔を考えよう毛穴というか、頭皮が清潔であることは最低限必要。毛穴に汚れがつまると、髪の毛は生えないです。

5.ストレス解消を身につける肌も髪も、ストレスには弱いのです。ストレスはハゲの大きな要因なのです。

6.ハゲないように睡眠を7時間以上とろう12時までに睡眠をはじめ、7時間は眠りましょう。

7.野菜中心の食生活野菜が髪の毛の生育には欠かせません。ブロッコリー、ピーマン、ニンジンなどを摂取しましょう。野菜スープにしてもよいでしょうね。

8.遺伝のハゲに対応する男性で、決意をした人はプロペシアは飲んだほうがよいのです。

プロペシアを飲まないのなら、ノコギリヤシ、ウコン、ドクダミ、大豆イソフラボン、亜鉛などを摂取しましょう。
内容のよいサプリが新発売で私はボストンとともに愛用しています。

新育毛栄養補助食品GROW UP(単品)

まずは実行。
JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策