JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
育毛漢方の効果が出やすい理由。

漢方の育毛法は「多くの人が成功した事例をもとにしている」のです。

私も20代に、高橋由美子先生の著書をきっかけにして、漢方育毛法を実践し始めたのです。

「● ●を食べたら髪の毛が増えた」

「〇 〇を飲んだら髪の毛が太くなった」

そういう事例を積み重ねているんです。

その結果、もう、だいたいのことは解明されているのです。

肉を食べすぎるとハゲるとか、

睡眠不足が続くとハゲるとか、

髪の毛の量と食べ物、生活習慣の関係はわかっているんですね。

薄毛遺伝子がどのような作用をするのかもわかっている。

薄毛遺伝子をおさえつける方法もわかっている。

私のお勧めの方法は、コラーゲンや核酸です。

結果が出るのが早いからね。

よく何かを始めるときに「ビギナーズラック」ということを言うじゃないですか。

たとえば、ギャンブルでも、最初に儲けると、

「なるほど、こんなことで儲かるんだ」

と体感してしまうので、「はまる」のです。

薄毛対策でも、最初に少しでもいいから「育毛の成功体験」を得なくてはならない。

おそらく何十年も今後続けることになる育毛生活です。

最初に「ああ、髪の毛は生えるんだ」

ということを実感することの大切さは、何度でも言い続けたいのです。

核酸やコラーゲンは2か月もあれば、髪の毛の変化がわかるからね。

髪のボリュームがアップする。

なので、

「いける」

という実感が得やすいんです。

反対に、

育毛剤を使っても生えないので、

「やはり、遺伝だから治らないんだ・・・・・」

と、心を折られる恐れが大きいんです。