JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
ハゲと人生は大きな関係があると思う。

自分自身について、もし、ハゲ遺伝子を受け継いでいなかったら、

「かなり違った人生を送っていただろう」

と思うのです。

このブログでも話したことですが、

20代以降今日にいたるまで、自分の場合は、お金と時間を髪の毛のために投資してきましたからね。

もちろん「まったく後悔はしていない」です。

これは確か。

もし、ハゲてしまったら、朝起きて自分の顔を鏡で見たときにどのようなことを思うのだろうか?

鏡の中の自分に好意を持てるのだろうか?





もしかしたら、ハゲた自分を見たくないので、鏡のなかの自分と目を合わせられないのではないのか?


そんなことを思います。


人間は、自分の心の中で対話しているものです。

自分の中から

「お前はハゲているので、カッコ悪いよな」

という声が聞こえてくるのでは、逃げようがないわけです。


一方、ハゲからの生還を果たした場合には、毎日、鏡を見るたびに、

「よかった。助かったのだ」

という悦びがあるのです。


毎日あるんです。

これは、ありがたいことです。


人生はつらい経験も大事だとよく言われますよね。


それは、


「つらい目に合った日のことを考えると、普通の毎日は最高のハッピーなのだ」

と感じられるからです。


私も、昭和56年のハゲの兆候を感じたときのことは、「人生最悪の日」のように思うのですが、


振り返ってみて、「もう一度人生があったとしても、同じ経験をしたい」とまで思っています。

本心です。

薄毛に苦しんだ日があるから、平均的なまでに髪の毛を増やせたことがとてつもなくうれしいのです。


朝、鏡を見るたびに、


「よかった」

と思うのです。


では、

私の選択はベストだったかというと、それはわからないのです。


スピリチュアルな研究をしていると、


「人間は生まれてくる前に、『あの世」において、次の人生のシナリオを書いてこの世に誕生する」


ということがいわれます。


これは、たぶん本当の話だろうね。


だから、人によっては

「ハゲを受け入れる選択」

をした人もいるのだろうね。


その人はあの世において、

「次の人生ではハゲ遺伝子をうけついで、ハゲの人生を送ることで、いろいろな感情を味わおう」

とシナリオを書いたのかもしれません。


育毛情報を見ていたら「ハゲをポジティブに受け止めるテキスト」というのが販売されていました。


(写真はポジティブヘッドXのテキスト)


テキストの名前は「ポジティブヘッドX]といいます。

私は「ハゲからの生還人生」が一番だと思うのですが、


「ハゲを受け入れる人生」

「かつらをかぶる人生」

「黒い粉を髪に吹き付けて、ハゲを隠す人生」

などなど。

そのような人生にも関心があります。

皆、どういう人生を選択し、どのような人生を送るのかが知りたいんだね。

だから、値段も手ごろなので購入し、読んでみました。


共感できる部分もありました。


「ハゲを受け入れる前に、漢方の育毛法を実践すればよかったのに・・・・・・」

と残念な思いもしましたが、


「ハゲを気にしすぎて、消極的な人生を送るのは良くない」

という部分は、すごく共感できました。

ハゲることで、人生を「引きこもり」状態にしてはならないんですね。

そういう意味で、ポジティブにハゲを受け入れる姿勢は、

一つの生き方として「あり」だと思う。

今、育毛をしている人も、ハゲを気にしすぎてストレスを感じているようなら、一度読むといいでしょう。

ハゲを気にして気分が落ち込むと、髪の毛は生えにくいからです。


このテキストを育毛の補助テキストとして、明るい気持ちで育毛に励むといいかもしれないです。

「あまりハゲを気にせずに過ごしていたら、いつの間にか髪が生えていた」

ということがあるのです。



ポジティブヘッドX