薄毛と遺伝の関係は、やはりあると考えるべきです。

自分の父親が薄毛だから、自分もいずれハゲてしまうのではないかとか、母方の祖父がハゲているから、遺伝的に自分もハゲてしまうなどと思っている人も多いことでしょう。

「薄毛と遺伝の関係は正確には証明されてはいません」

という人もいるが、私の経験では、


ハゲ、薄毛は、遺伝が強く関与しています。


薄毛を遺伝させてしまう遺伝子の存在は、まだはっきりと確認されたわけではありませんが・・・・・。


あなたが、「自分が薄毛になったのは遺伝のせいだ」と考えるのは早い可能性はありますね。


髪の悩みが親子で似てしまうことは身近でも多く見られます。


これは遺伝および生活習慣が原因でそうなっていると考えられます。


遺伝プラス生活習慣


なのです。


親が太っている家庭の子供が太っている事例があります。


これも、体質プラス生活習慣なのでしょう。



親の生活習慣や食生活を子供も受け継いでしまった要素があります。


さて、

あなたがハゲているのなら、子孫には引き継がないようにしたいですね。


ハゲを受け継ぐことの無いよう、ハゲの連鎖をとめる必要があります。

薄毛の悩みを抱えている人のなかには、自分が薄毛になったのは遺伝のせいだと思っていると思います。


そのことを肯定しつつも、


「自分はハゲ体質だが、漢方の育毛法ならハゲずにすむ」


ことがわかると、元気に人生を送れるのです。