プロペシアを離れ、安全な育毛漢方療法に決めるほうがいいですよ。

育毛漢方との出会い。

私と育毛漢方との出会いは30年以上も前になります。

自分が57歳になるなんて、20代には考えもしなかったなぁ。

それにしても、脱毛の、思いもよらぬ進行の早さに、はたと気づいたときの恐怖感。

「いったい、どうなるのだ?」

「これから、女にもモテたい大事なときに、20代半ばで、ここまでハゲが進行するのかよ!!」

という、怒りにも似た感情が湧いてくるのでした。




高校時代に、遠藤周作のエッセイをよく読んでいましたが、たびたび遠藤氏は、自分の薄毛のことをエッセイに書いており、


私は読むたびに、

「これほどまでに、髪の毛がハゲることは、気になるものなのか?」

と不安に思ったものでした。

高校時代は、薄毛のことなど意識にはほとんどありませんでした。


でも、親類の人たちを見ると、明らかに男性型薄毛体質の者ばかりであり、


「いずれは・・・・」

という気持ちがないわけでは、ありませんでした。

しかし、20代半ばでの若ハゲは、あまりにも早く、また進行が急激でしたので、

「心が折られた」

状態になりましたね。

エメリアー・エンコ・ヒョードルの重いパンチを受けた格闘家のような気持ちです。


心が移ろうような状態で、落ち着いてなどいられませんから、育毛剤を買いに行きました。


見た目に、できるだけ育毛剤らしくないやつ。

ジェット噴射のです。

しかし、育毛剤がなかなか効かないのは、遠藤周作氏のエッセイで、すでに予備知識があり、期待はできませんでした。

しかし、何かをしなければ、落ち着かない。

人の目も気になります。

職場には20人くらい若い女性がいるのですから・・・・・。

また、私は顔がいいだけに(←よく言うよ!!)、ハゲの進行は哀れだったのです。

育毛剤をスーパーで買い、家に帰るときの心のショック状況は、今でも覚えています。

それは、育毛漢方に出会う約10日前のことでした。

結論から言うと、あの日将来の自分の髪の毛を思い描いた悪い状況にはならず、今私は、満足しています。

もちろん、「もっともっと髪よ増えろ」という願いはあります。

3倍多く、3倍太くなれと、今でも努力しているのです。

少しでも気を抜き、漢方育毛を中断すれば、抜け毛が起きる可能性は高いので、努力をしつづけなくてはいけません。

ご先祖様から、そういう男性型脱毛の遺伝要素を受け継いだ者は、やむをえないのです。

「もう、いいか」

と思える日まで育毛を続けるのです。

平成27年6月現在、一番おすすめの商品のキャンペーンをしています。


8000円もお得です。 


早く申し込むようにしたらいいです。