20代の薄毛と肩こりの関係

発毛のための首、肩のこり解消方法について。


20代では肩こりの時間はないかもしれません。


けれども20代は「会社に就職する」人が多い。


平成27年のいま、多くのデスクワークはパソコンで行われています。


目の酷使から肩こりになり、それがハゲ、薄毛を呼ぶのですから、注意すべきです。


髪の毛を増やしたい20代の人が、勘違いすることがあります。


それは、抜け毛を防ぎ、発毛を目指すときに、「頭皮、髪の毛」ばかりを気にすることです。


まず、血行を良くするには、頭皮や髪の毛だけでなく、肩、首、目、のコリを解消することが先決なのです。


ですから、髪の毛を増やすには、たとえば、足の裏のツボを刺激することも重要なのですね。


特に重要なのは、肩と首のコリを解消することです。


肩こり解消方法を説明していきたいのですが、肩こり自体は、ひどくなっても、

なんとか我慢ができるものですから、肩こりを甘く見てしまう場合があります。


しかし、肩こり解消は発毛の決め手でもあり、決して放置していてはいけませんぞ。


肩は首や頭とつながっているため、首のコリや頭痛などにつながっていくことで、頭皮にまで血液が回らなくなるの

で要注意です。


肩こり解消し、抜け毛を防止するには、肩甲骨周辺の筋肉をストレッチして、固まった筋肉をほぐし、

血行を良くすることが重要となります。そうすることで、肩周りの筋肉は随分楽になってくると思います。


動かさないでいた筋肉を軽く、少しでも動かすことで、自分でも驚くほどコリや痛みが楽になることがあります。


肩こりの解消ができたら、続いて首の痛みやコリを解消しましょう。


首は頭を支えています。頭は非常に重くなっていますので、首の負担はかなりのものです。


首も肩と同様にデスクワークや運転などで動かすことなくいるため、筋肉が固まってしまっています。


肩こり解消と同様に、首のコリも自分でマッサージすることが難しいです。


首は触れることができ、揉んだり叩いたりする人がいますが、首周辺はあまり強く揉んだりしないほうが良いです。


専門家の指圧師も、首はあまり強くはもんだりはしませんよね。


今思い出したけど、私は20代半ばから2か月に1回くらいはマッサージを受けに行っていましたね。


気持ちもいいし、リラックス効果もあります。