JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策
ハゲない人は何を食べているのか?

薄毛を治すためにいろいろと研究し、実践してきたなかで、漢方の育毛法で成果が出た。

漢方の育毛法を一言でいうと

「髪が生える血液にして、巡らせる」

ことに尽きる。

この言葉の価値は100万ドルの値打ちがあると思うが、どうでしょうか?

だって、これが納得できたら髪は生えるから。


言葉を足せば、

このことが「理解できて納得できて、行動に移せた」ときに発毛成果につながる。

髪が生える血液は、育毛剤で手に入れたれるのでしょうか?

それはなかなかできないのです。

だから、大きな成果は見られないのです。

頭皮の血行は良くなると思うけどね。

刺激剤でね。


結論を言えば、


「口に入れるもので、生える血液が得られる」

ということです。


有名なプロペシアは、その一つです。

血液に作用することで

「ハゲを押さえつけるパワーを持つ血液」に変化させることができます。

生える血液ではないが、ハゲ要因を押さえつけるので、成果につながりやすい。


私の知人でも、成果の出ている人物を何人か知っている。

特に頭頂部には成果が大きいのです。


私の目視による観察では、プロペシアを飲むと、

最初の1年くらいでドーンと成果が出て、その後、成果が落ちてくる。

本人は、もう、効果が出なくなっても、

プロペシアを止めると脱毛が始まるという知識があるので、

怖くてやめられない。


さて、

プロペシアは血液に作用するので、発毛に関して、何らかの効果が出ますが、

副作用が出るので、私は飲まない。

では、安全に髪の毛を増やすために、

何を食べればいいのか。

ネットで調べればわかるはずですが、


「髪の毛にとって役立つ成分というのは、もう、わかっている」のです。


ハゲ遺伝子があるにもかかわらずハゲない人は、髪の毛にとって悪いものを止めている。

そして、

髪が生えるためにいいものを食べているのです。

シンプルです。

参考ブログ 「育毛食事でみるみる髪が生えてきた」

たとえば、私の「おやつ」を見せましょうか。

写真を撮って、公開しましょう。


 
(平成28年1月1日撮影)

ハゲないための育毛成分としては大事なものですね。

成分としては、

緑色のものがカボチャの種

赤が紅クコ

黒い大きいのがナツメ


ハゲ抑制と発毛促進に良いのです。


これだけで生える、とは言いませんし、私の育毛実践のほんの一部です。

実践している項目の10分の1。

おやつなのですから。


でもね。


おやつとして、このようなものを食べるか、チョコレートやポテトチップスのようなものを食べるかで、


それだけでも1年後、2年後、あるいは10年後には髪の毛の状態は全然違ってくるはずなのです。

参考までに、ネットで手軽に「育毛おやつ」は買えますので、ご紹介しておきましょう。