JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

このブログを書き始めたのが2007年1月。

 

10年になったのですね。

 

 

読者の方たちのうち、10年間に何人かは育毛成果が出て「まったく違う人生」を送るようになっています。

 

これは管理人としてうれしい話です。

 

お役に立ったという喜びです。

 

当初このブログは

 

「粗悪なシャンプーを使わないように」

 

ということをメインテーマにして書く方針でした。

 

漢方育毛法の心の師匠といえる高橋由美子さんも

 

「粗悪なシャンプーを使うと、育毛成果は出ない」

 

ことを力説していましたから。

 

今現在では育毛漢方療法全般について、役に立つ記事を書いています。

 

10年たっても私の育毛法は大きくは変化していません。

 

プラセンタとコラーゲンの比重が大きくなったくらいです。

 

また、この10年間のうちにはミノキシジルとプロペシアの体験もありました。

 

そしてプロペシアなどの医療的な育毛法とサヨナラしてことも記録に残しています。

 

10年書き続けてきて一番大事だと思うことは、

 

「正しい漢方育毛法を実行すると、ハゲ体質でも髪は生える」

 

ということ。

 

「実行」が大事です。

 

知識を得たら実行する。

 

もう、ハゲ要因を押さえつける方法も、髪を増やす方法もわかっているのですからね。

 

淡々と実行するとよいのです。

 

ただし、問題はお金です。

 

私がハゲ体質にもかかわらず平均的な髪の毛を今日まで維持できたのは理由があります。

 

毎月2万円〜3万円を育毛のために使うことができたからです。

 

これはつくづくそう思います。

 

もし、毎月1万円しか育毛にお金を使えなかったのなら?

 

それは、私の髪の毛はずいぶんと寂しい状態になっていたことでしょう。

 

⇒ 育毛漢方まとめ