薄毛やハゲの関連の書籍は毎年数多く出版されています。
私も育毛関連書籍は非常に多く購入しています。
ネットでの「育毛情報商材」といった数万円のものも何冊か購入しました。
それぞれに理論がありますので、言っている内容も少しずつ違ったり、ある時は大きく違っているときがあります。
さて、今回は書店で購入したものです。
タイトルは「なぜグリーン車にはハゲが多いのか」 幻冬舎 刊 です。

 

一言で言うと、
「歴史上にの偉人には薄毛が多いし、知能的にも高いことが多い。だから気にせず胸を張っていきてほしい」
というようなことです。

たしかに多くのハゲ関連書籍は、
.魯欧龍寡櫃鯑票圓某△┐弔韻
▲魯欧麓りにくいが、その方法を私は見つけた
その方法は○○である。
ずなら○○が12800円で販売します。今すぐ注文を!!
みたいな感じですよね。

今回紹介する本は、その点で好感を持てます。
「それほどハゲを気にし過ぎちゃいかんよ」と。
著者がいうハゲの十戒には、ハゲ対策だけでなく、気持の問題を含めています。

ハゲの十戒のうち第3の戒めでは、
「薄毛は優秀な男性の証であると自覚すべし」
と述べられているのです。
ちなみに、著者自身はプロペシアを使用しています。
著者佐藤明男氏は頭髪治療の第一人者ということです。
そんな人がプロペシアを自ら使用していることからも、プロペシアは発毛にとってはかなり有効だと思いますね。
とは言っても、読んでいて、
「これは、おかしいんではないか?」
という部分も何箇所かありました。

その一つが「食事と薄毛は、実際には証明されていない」としています。
ところが、これは私の実感からは非常に隔たりがあるわけです。
また、実際に発毛を実感できた高橋由美子先生のノウハウである漢方の育毛法でいう「髪の毛と食事の深い関係性」とは主張がことなります。

肉の食べ過ぎは明らかに薄毛を促進すると私は感じますが、あなたはどう思われますか?
薄毛対策法についても医学的見地から述べられた良書です。
抜け毛や薄毛の人はぜひ一読をおすすめしますね。
2009年1月30日初版で760円です。

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策