イワシ、食べてる?

 

育毛ノウハウに秘伝なしと言ってきました。
です。

髪の毛を生やすノウハウは、すでに公開されていると、いうことですね。

<効果のある育毛食品がハッキリしています。

「いわしのカンヅメ」

です。

これは、ノーベル医学生理学賞からの大発見である、核酸の研究から生まれたもので、

医学博士 ベンジャミンSフランク博士の言っていることなのです。

育毛の、個人的な体験からではないのです。

ベンジャミン博士は「週に4回 イワシを食べよ」

と主張しています。

若返るのに必要だからです。

こんな簡単で、効果のある方法を、なぜ確実に実行しないのでしょうか。

週に4回、なぜ、確実にイワシのカンヅメを食べないひとがいるのでしょうか。

一缶100円〜200円のイワシカンヅメを、食べて髪の毛を増やす「実践」をしない人がいるのです。

髪の毛が、生え、若返るのに、なぜ食べないのですか?

もしかして、イワシのカンヅメよりも、テレビで宣伝されている育毛剤のほうが、効果が大きいと思っているのではないでしょうけれど。

真理は単純な中にあり、育毛も単純なことを実践するだけです。

 

 

 

 

 

育毛で大切なこと。
栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、不規則な時間の食事は抜け毛を促します。

私はサプリメントで育毛の補助をしています。

抜け毛対策には、まずは栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切で、何ごとも食生活の改善が第一歩となり、髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけると良いでしょう。

ミネラルはサプリメントでとってもよいのです。

抜け毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

どうして、自分は抜け毛なんだろう、と悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのは、なにか原因がある。

その原因にきづけば、きっと髪の毛はよみがえります。

誤った洗髪方法を繰り返すことにより、かゆみやフケがでたり、炎症や血流障害を起こして、毛根の活動を抑制してしまうことがあります。

関しても自分にあったものを選ばないと効果が半減したり、かえって頭皮の状態を悪くする。

とくに、粗悪なシャンプーや、育毛剤は危険です。

抜け毛対策として有効な洗髪方法は、諸説ありますが、やはり毎日の洗爪をたてず洗いましょう。爪をたてて洗うことにより頭皮を傷つけてしまうことがあるのです。

抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。

 

その理由をまとめてみましょう。

体を動かさないために血行が悪くなり、頭まで充分に血液が行き渡らなくなり、それが抜け毛の原因となります。

毎日何かの運動を取り入れたいと思います。

抜け毛の原因が運動不足の場合は、毎日少しずつの運動をおこなうだけで抜け毛対策だけに限ったことではなく、運動不足は今すぐにでも解消するべき。

 

定期的な運動はメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の対策にもなります。

 

抜け毛のリスクを減らす意味でも、毎日の運動を習慣化していきましょう。

習慣化さえできれば、髪の毛に限らず、体は改善できます。

 

 

 

 

ハゲを治す育毛漢方

 

漢方の力によって、体質から改善しないことには、遺伝的な薄毛、抜け毛には対応が難しいです。

 

漢方の力のもとは、数千年のあいだに蓄積された事例研究なのです。

当然その事例の中には、ハゲ、抜け毛といった場合の症状例がのっており、ハゲ治療は、漢方の得意分野でもあるのです。

漢方の育毛方法の基本は「血(けつ)」ということです。

これさえ理解しておれば、非常に発毛に役立ちます。

漢方でいう「血(けつ)」は、字のごとく血液と同様のものと考えてかまいません。

全身を流れて、体中の細胞に栄養を与えるものをいうのです。

この血について

1.血の量が不足
2.血の滞り
の場合に抜け毛をはじめとしたトラブルが発生するのです。

血の滞りにより、特に女性は月経痛、冷え性、子宮筋腫、肩こり、更年期障害、肌荒れ、抜け毛、シミ、などさまざまな悪いものが発症してきます。

血が少ない場合もまた、薄毛、体力不足、頭痛、しびれ、めまい、などの症状がでてきます。

髪の毛が「血」のあまりであるからには、血の不足を解消し、あまりを髪の毛にまわせるようにしたいもの。


血の滞りによる抜け毛、薄毛の症状には有名な漢方薬では、

「けいしふくりゅうがん」
「とうかくじょうきとう」
「しもつとう」
があります。

血の少ない「血虚」の症状では
「しもつとう」
「かみきひとう」
などの漢方薬があります。

漢方のことを初めて体験する方へのアドバイスとしては、
1.漢方はゆるやかな改善と一般にいわれているが、非常に効くものであるということを知る必要があります。
場合によっては、効きすぎるときもあるのです。
慎重に取り扱うことです。
有名な製薬会社の商品を(ツムラ など)説明書をよく読んで使いましょう。

育毛剤によらず、体質改善という作業によって、はじめて育毛は大きな成果を出すのです。

私も30年以上漢方薬で育毛に励んできましたが、副作用はまったく感じたことがないのは、やはり優れた育毛方法だと思うのです。

 

 

 

 

みるみる髪が生えてくる

 

育毛シャンプー漢方育毛で、髪を増やすノウハウをお伝えしております。


『みるみる髪が生えてくる』の高橋由美子先生ですね。

高橋先生が、キリスト教でのキリストとすれば、私は名もない宣教師といった立場です。

しかし、キリスト教の宣教師が、あらゆる苦難をも乗り越えて宣教したように、私も、高橋式を述べ伝えていくのです。

理由は、たった一つ。


救われたから


高橋先生とは何の関係もなく、たぶん、会うことも、話をすることも、ないでしょう。

しかし、私にとっては、若ハゲの恐怖から抜け出し、希望の星の見える場所まで導いてくれた人なのですね。

この高橋式は、漢方の知恵を利用して、髪の毛を増やそうとするものです。

では、キリスト教の宣教師のように、高橋先生の著書の言葉を解説してみようと、思います。

■■高橋先生の御言葉■■

「私の説く即効漢方で、それこそ即効的にハゲは完治するのです。

髪の根元の毛乳頭が死んでいれば不可能ですが、そうでないかぎり、本気で治すつもりなら、漢方にはその方法があるのです」

(『みるみる髪生えてくる』 50ページより)

■■■       ■■■        ■■■

どうですか? この心強い言葉。

育毛漢方法であれば、髪の毛を増やすことは可能なのです。

他のノウハウでは、体質改善までは求めないケースもありますが漢方療法は体質改善が重要です。


体質改善の不要なものにはプロペシアという方法もあります。

ただし、お金の面と、性的(セックス)な部分で、問題がないとはいえません。


高橋式の即効育毛であれば、健康に抜け毛を治せます。

体が若々しくなり、肌もキレイになり、セクスも強くなり、髪の毛の勢いが増します。


しかし、育毛生活の実践が必須です。

ここで、よ〜く、考えてください。

ルックスが勝負の芸能人、映画スター、歌手、あるいは政治家などなど。

お金もあり、ルックスが命であるのに、ハゲの人がいます。


お金で髪の毛が生えるなら、このルックスが大事な、しかもお金もある人たちに、なぜ、薄毛、抜け毛進行中の人がいるのでしょうか?

結局は「お金では髪の毛は生えない」ということなのです。

 

お金をかけて、行動することが必須なのです。

 

 

 

 

具体的な行動

 

育毛ノウハウで、なぜ髪の毛は生えないか、を考えたとき、「育毛ノウハウだけでは髪の毛が生えないが、具体的な実践をすると髪の毛は生えてくる」

ということです。

 

適切な行動を起こせば薄毛は治せます。

 

⇒ 薄毛を治すセット

 

適切な行動を知るには正しい情報がどこにあるのかを知ることです。

ネット上では育毛情報が高価な値段で販売されていますが、余裕がある方は高価な(2万円前後)の育毛情報商材を購入してもOKと思います。

私からみると「これは大げさな表現だ」と思うセールス文章であり、誇大広告ぎみですが。

ただ、

「育毛ノウハウに秘伝なし、育毛情報にシークレット情報なし」

という大原則を忘れないように。

ネットでの投書で、「こんな情報なら、ネットで無料で手に入る」というような感想を育毛情報商材を購入した後に投稿していましたが、そういう感想をもつ人も多いことでしょう。

期待が大きければ失望する購入者もいるわけです。

ノウハウがあっても、髪の毛がはえるわけではないのです。

たとえばFコンサルタント先生。

日本でトップのコンサルタントF先生の私は長いフアンです。

いまも書店に行けば数々のF先生の本が並べられていますが、F先生の本を参考に私は25年ほど前に、「大学の卒業論文」を書いたのです。

25年も前から、フアンとして、F先生を見てきましたが、F先生は写真や似顔絵でわかるように、頭髪はなくなっている状態です。

25年見てきましたが、髪の毛が生えることはなかったように思えます。

ところで、F先生は日本で1〜2番に情報が収集できる方です。

「ビックリ現象」、「本物の技術」、「不思議体験」などはもちろん、育毛や発毛の最新技術、最高ノウハウも集めることができたのです。

実際に「育毛」の新技術について、語ったこともあります。

しかし、結局はF先生の頭髪は回復しなかったのです。

つまり、
「育毛ノウハウでは髪の毛は回復しない」

ということなのです。

ただ、ノウハウを実践すれば、やはり生えてくるのです。

そのノウハウは実は、高いお金をださなくとも、ネット上を2時間程度検索を続けていると、ほぼ完全に近い形で手に入るのです。

「育毛」「発毛」「抜け毛」「育毛剤」などのキーワードにて、ネットで2時間情報収集することで、高価な育毛商材と同等の育毛ノウハウが手に入るのです。

「育毛情報にシークレット情報なし、育毛ノウハウに秘伝なし」

という私の結論は、ゆるがないのですね。

あとは「実行するのみ」です。

しかし、ここがなんとも難しい。

漢方のパワーを最大限に生かす「育毛酒」で、ハゲ体質を発毛体質に変えることができるのにもかかわらず、育毛酒をつくるのが面倒ということで、作らずに、ただ育毛剤を夜に振りかけるだけの人が多いのです。

高価な英会話教材で勉強したら英会話もできるようになりますが、実行できず「ほったらかし」に教材がなってしまうことが多いのですね。

ハゲの程度のひどい人が、かえって早く髪の毛が生えるのは、

「この頭を、なんとかせにゃならん!!」

という思いが強いので、発毛ノウハウを実行、継続できるためです。

 

気持ちが弱いと、薄毛化が進行するだけなのです。

 

それで、いいのですか?