JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

漢方の育毛法の基本は「髪の毛が生える血液にすること」です。

ネットなどを見ると「漢方薬を飲む育毛法」として解説している方もいます。

でも、高橋先生の説いた漢方育毛では「血液」に着目したノウハウであり、「漢方薬を使った育毛法」ということではありません。

 

⇒ 育毛漢方まとめページ

 

では、髪の毛が生える血液にするにはどうするのか?

プロペシアを飲むと血液にクスリ成分が溶け込み、ハゲ要因を押さえつけます。

私は副作用があったので今は、使用していません。

使用はしていませんが理論的にも「効果がある方法」ということができます。

 

高橋式漢方療法では、プロペシアの持つハゲ要因を抑える効果を、ごく自然な栄養成分で行うものです。

「効果があった」という事例をもとに、いくつかの成分が重要視されているのです。

 

薄毛要因を押さえつける成分を摂りつつ、一方では髪の毛を育てる成分を取り入れる。

これができれば、生える。

 

ただし、たとえば、「野菜成分が大事」ということは漢方法の基本ですが、この部分が十分ではないことが多いです。

一般的な日本人の食生活では、圧倒的に不足します。

一日に食べる3度の食事において、「ラーメン」「うどん」「親子どんぶり」「牛丼」「ハンバーガー」などを食べたとすると、よほどの努力をして、その日の野菜不足分を取り戻さないといけないわけですね。

 

野菜だけで生えるのではないですが、野菜を多く食べるのが育毛の基盤になるのです。

 

⇒ 育毛漢方まとめページ