JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

20代で薄毛のスイッチオンとなった。

 

「もう、生えないのではないのか?」

 

と絶望しかけた時もあった。

 

救ってくれたのが高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」です。

 

この方法を忠実に実行した結果、1年後にはかなり復活できました。

 

ハゲ遺伝子を消し去ることはできませんが、「抑え込む」ことに成功できたのです。

 

今、振り返ってみて「どうして成功できたのか」と思い返すと、本に掛かれていることを忠実に実行したからだと思うのです。

 

「自己流」を排除した。

 

生えた実績のある方法を忠実に私もなぞったのです。

 

自己流は成果が出にくいです。

 

 

私がよく例に出すのがスピルリナとプーアール茶の同時活用。

 

高橋先生は「スピルリナは暖かい黒茶(注 プーアール茶のこと)で飲みましょう」と言っています。

 

 

ところが水で飲んだり、ウーロン茶で飲んだりしてはいけないのです。

 

美容と健康に関しては、「成功した人の通りを実行する」のがよいです。

 

自己アレンジはやめておくこと。

 

 

 

 

 

 

一事が万事。

 

「みるみる髪が生えてくる」の中で説明のあった育毛法は、そのまま実行することです。

 

本の中で「ヘアーパック法」の解説があるのに、自己判断してヘアパックをしない人も少なくないようですね。

 

先生の言う通り実行することで、成果が出やすいのにね。

 

 

せっかく「みるみる髪が生えてくる」を読んでも、ヘアパック法を実行しない人もいるんですね。