JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

平成30年5月27日追記

ネット情報を見ていると、育毛に関して「医療的な育毛法「」と「育毛剤の活用」が主流を占めています。

医療的な育毛法は副作用が危険だし、育毛剤ではほとんど効果が期待できません。

プロペシアを飲むことは、強く警告したいと考えています。

今も「ハゲは治らない」と発毛をあきらめる人が多いですね。

ハゲの恐怖に打ち勝つには私が体験した「漢方の育毛法」です。

健康にもよく成果も出やすい。

安心してお勧めできます。

習慣化するまでが、難しいところがある。

お金もかかる。

でも、「やっててよかった」

と心から今、思っていますよ。

私は助かったのです。

追記 ここまで。

 

 

 

 

プロペシアによる育毛法、発毛法が普及してきました。

これは憂える事態だと感じています。

 

 

プロペシアで精子が減少すると、妊娠しにくいのです。

すなはち「不妊」

 

まだ、プロペシアが普及して時間はそれほどたっていません。

これから、いろいろな恐ろしい事例も報告されてくるはずです。

 

プロペシアを10年、20年と飲んだ場合、ただで済むはずがないという気がします。

私は数年プロペシアを飲んだけれども、完全に撤退しました。

 

副作用がなければ、問題はないのですが・・・・。

副作用があることを体験した私としては、この危険性を訴えていくことにしています。

 

私が体験した副作用は精子の減少。

男性にとって、かなり「やばい」事態です。

 

というのも、結婚して子供を作りたいと願った時に、「男性側の不妊」ということになるかもしれない。

ネットで検索すると、「プロペシア 不妊」の情報は数多く出ています。

 

 

精子の量が少ないと、妊娠させにくいのです。

だから、プロペシアをやめて、安全な漢方の育毛法などを選択してほしいのです。

 

⇒ 漢方育毛法の無料レポート

 

 

大量の精子で、元気いっぱいの精子の中から1番だったときに、子孫の繁栄も望めるのです。