JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ネットで薄毛やハゲのことを検索すると、「あきらめ」「絶望」の声が見受けられます。

 

遺伝的なハゲでも治せるのですが、容易ではない。

 

 

私の思うに、育毛に失敗するから、絶望する。

 

では、「なぜ、失敗する」のでしょうか?

 

私の考える「理由」の一つに育毛剤が関係しています。

 

平成29年現在、そして、私がハゲの苦悩に悩まされていたころも、

 

「ハゲを治すとなったら、まず、育毛剤」

 

という発想があるからでしょう。

 

育毛剤を振りかけることで、髪の毛が生えてくるという発想。

 

わかりやすい。

 

昔話の「枯れ木に花を咲かせましょう」のように、効果を出したい部分に振りかける発想。

 

実際には、枯れそうな木に花を咲かせるには、木の根っこに栄養を補給することだと思うのですが・・・・・。

 

 

ハゲた頭に、「魔法の水を振りかける」というような・・・・・。

 

育毛剤で生えるなら問題はない。

 

でもね。

 

育毛剤の方法には目立った効果はないのです。

 

昭和56年から私は育毛剤を活用してきました。

 

効果は少ないと知っていましたが、「どうせ使うのだから、少しでも効果の高いものを買おう」と心がけました。

 

どれも、似たようなものでしたね。

 

では、どうしたら、髪の毛は生えるのか?

 

育毛漢方のノウハウによって、「髪の毛が生える血液を作り、その血液を潤滑に身体を巡らせる」ことなのです。

 

⇒ 育毛漢方無料レポート請求