JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

 

 

髪の毛はこうすれば生える。

 

定年が近くなって、昔の友人たちと会う機会が増えました。

同年代の人たちです。

 

60歳近くなると、若いころの姿とはずいぶん見た目も変化します。

とくに髪の毛があるのと、ないのとでは、ずいぶん見た目の印象が違ってきますよね。

 

昔は髪の毛があったのに、今はハゲていると、昔のクラスメートや友人からは、

 

「ずいぶん変わっていたので、誰だか、すぐにはわからなかったよ」

 

などと言われるのです。

 

今回の記事は、髪の毛を増やしたい人に向けて書いています。

強烈なハゲ遺伝子を持っている私が「なぜ、髪の毛を維持できたのか」ということを書きます。

 

このブログも10年以上書いていますが、最近になって、

 

「ハゲ体質の自分が、漢方の知識によって、ハゲなかったのは、すごい価値があることなのではないだろうか」

 

という思いを抱いています。

 

会社では出世もせず、お金持ちにもならず、ごく平凡な社会人生活でした。

 

ところが、

 

ハゲ遺伝子を持ちながらも、薄毛を克服できたのは、

 

「実は、人類にとって価値のあることなのではないだろうか」

 

そう思うようになったのです。

 

大げさな言い方かもしれませんが、「本当につらいハゲ苦悩を解決する方法」を知っていることは、責任重大なことなのではないかと思うようになりました。 

 

知っていることは正直に多くの人に伝える必要があると感じています。

 

ハゲを克服するのは容易ではないのですが「不可能なことではない」のです。

 

私は「どうしても、ハゲだけはいやだ!」という思いのままに、高橋由美子先生の「みるみる髪が生えてくる」を実践したことでハゲずにすんだ。

 

実践したことで救われた。

 

 

 

ところが、「みるみる髪が生えてくる」を読んだのは私以外にも大勢いたはずなのに、成功したのは5%くらいではないかと思うのです。

 

みるみる髪が生えてくる」を読んでも、失敗した人もいます。

 

 

結局は「読んだだけでは、髪の毛は生えない」というシンプルな理由。

 

実践しないといけないのですね。

 

育毛のブログを書いているので、いろいろな人から相談を受けるようにもなりましたが、

 

なかなか髪が生えない人は、野菜成分の摂取が少ないのです。

 

漢方育毛法の基礎は野菜から始まるのです。

 

野菜の成分の中には「ハゲ要因」を弱めてくれる成分があります。

 

なにもプロペシアだけにハゲ原因を消す力があるのではない。

 

野菜にもハゲ要因を弱める効果がある。

 

これは実践した人だけが「体感」できます。

 

私の思うに「3か月間、集中して、全力で取り組んでみましょう」と言いたい。

 

3か月間は野菜を多く摂取して、その他の育毛ノウハウも実践しましょう。

 

集中、集中、集中、集中、集中、集中。

 

野菜、野菜、野菜。

 

もっと野菜、野菜、野菜。

 

 

何度言っても多すぎることはないのです。

 

育毛剤ではなく野菜を摂りましょう。

 

 

 

参考資料の写真

 

平成29年9月19日 マキノ出版

 

「ブロッコリーで楽々やせる 病気を撃退」

 

この本ではブロッコリーのパワーを解説している。

薄毛や白髪にも効果があるのです。

 

 

 

 

読みづらいが「薄毛」「白髪」に効果あると記載している。

 

 

 

 

 

 

 

平成29年10月2日発行 マキノ出版「安心11月号」

 

野菜スープの効果を解説している。

 

 

読みづらいが「白髪 抜け毛がストップ」と書いているね。

 

 

 

野菜ジュースの活用

 

私は数年来1日に小さめの缶野菜ジュースを飲んでいるのです。

 

内容の良い野菜ジュースが薄毛原因を弱めてくれるよ。

 

1 本200円のものがよいです。

スーパーなどでも買えるはず。

 

ただし、補助的に考えましょう。

 

本物の野菜を食べていくこととして、足りない分を野菜ジュースで補完。

 

意識していても、どうしても現代では野菜が少ないので、1日にジュース2本は育毛には必須です。

 

 

 

伊藤園のジュース

 

 

伊藤園のプレミアムな野菜ジュース「純国産野菜」

 

 

 

 

 

 

 

 

緑でサラナ

 

コレステロールを下げる!緑でサラナはコチラ