JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

ネットで薄毛対策の情報を読んでいると平成29年11月26日現在、「医療的な育毛法」が広く実施されていることに気づきます。

 

成果を上げている人が、いるのは確かです。

 

私の身近にもいます。

 

「死ぬほどハゲがつらい」

 

という時にはミノタブまで飲んでみるのもいいと思います。

 

「そんなに気にすることないよ」

 

などというのは、ハゲの苦しさを知らない人が言えることなのです。

 

 

で、死ぬほどつらい場合にはミノタブも飲むのもいいでしょう。

 

ところが、

 

「健康的に薄毛を治したい」

 

「身体に負担をかけずにハゲを克服したい」

 

というニーズもあるはず。

 

私の育毛法はそういう人を対象にしています。

 

 

もちろん、医療的な育毛法を選んだ場合でも、漢方のアプローチを併用したほうがいいのは当然です。

 

 

プロペシアの効果が高いのはハゲ要因を押さえつけるからです。

 

ハゲ原因がなくなればハゲない。

 

これは理にかなっています。

 

漢方の育毛法でも「ハゲ要因を押さえつける」ことは重要ポイントなのです。

 

ハゲ原因が荒れ狂っている場合には、髪の毛の生育に良いものを摂取しても「焼け石に水」状態です。

 

なかなか成果に結びつかない。

 

ですから、ハゲ要因を押さえつけることがまずは必要。

 

漢方でのハゲ要因の抑えつけ方は「野菜」と「ハゲ要制御成分」になります。

 

 

自然な成分にもプロペシアのようにハゲ原因を押さえつける成分があるのです。

 

その成分は、第一には野菜です。


色々な野菜を食べてみることでハゲ原因が弱まるのを実感できるはず。

 

実行すればよくわかります。

 

 

体感できます。

 

ブロッコリー、ほうれんそう、ピーマン、ニンジンが4大野菜といえるでしょう。

 

 

あと、ハゲ原因を押さえつけるものとして、

 

 

バナナ皮エキス

 

カボチャの種

 

アロエ

 

亜鉛

 

ノコギリヤシ

 

ウコン

 

ドクダミ

 

ナツシロギク

 

などが有名です。

 

 

クスリではないので、さすがにプロペシアほどは効きませんが、安全に育毛できます。

 

複数の成分をとることで、プロペシア並みのハゲ要因制御が可能になるのです。

 

漢方の育毛法なら副作用はない。

 

 

極めて健康的で見た目がよくなるものが多い。

 

プロペシアやミノタブは不健康な方法です。

 

 

精子が少なくなるなんて、健康的ではないと感じます。