青汁について思うこと。


薄毛に青汁は効くのでしょうか。

成分が「ブロッコリー」などはよいと思います。

が、しかし。

ケールの青汁は私は飲みません。

理由があります。

それは約20年くらい前、ケール青汁の製造者が写真に写っていたのですが、その人が見事なハゲだったから。

「ああ、ケール青汁はハゲには効かないのだな」

と印象付けられたからです。

まあ、ケールの青汁ではなく、ブロッコリー成分のものは、薄毛対策用に、私は飲んでいますよ。
サンスターの製品ですが、これはお勧めできます。


情報について思うこと
あなたが髪の毛を増やすためには、まずは「信頼の置ける情報を収集」しなくてはなりません。
間違った発毛方法をいくら実行してもお金と時間の無駄となるからです。
では、信頼の置ける情報はどこから収集するのか?
まずは、市販の書籍。

 
そしてその次にはネットで販売している育毛電子ブックなのです。
では、これらの情報を読んでいくうちに判明した「飲む育毛剤」についてのレベルについてお話しましょう。

結論から言うと、コラーゲンがもっとも重要なのです。
その理由は、
‖┯性がある
髪の毛のボリュームアップの成果がでやすい。
という二点なのです。
コラーゲンでボリュームアップ成果を感じると、その後「育毛は可能だ」という意識で薄毛対策に取り組むので成功しやすいのです。
バナナの皮にハゲを治す効果があるのです。
安全なのがうれしい。
プロペシアで精子が減少しては「人生の大いなる後悔」になるかも?
安全が大事です。
メンズミレットの安全に薄毛要因を押さえつける方法が好ましいですよね。
薄毛対策にはコラーゲンがもっとも効果があるのかもしれないです。
育毛の即効性や、再現性から言うと、たしかにそのとおり。
コラーゲンでは残念ながら「発毛」の効果は発表されていません。
毛根がなくなったら発毛はできないのです。
が、しかし。
薄毛でも生えていたら、その毛が太く育つのです。
なので、見た目のボリュームをグンとアップさせます。
ありがたいことです。
しかも髪の毛を10%太くするには毎日コラーゲンを飲むことを62日間続ければよいのです。


ウコンについて思うこと
薄毛対策にはウコンがよいのです。
ウコンには、薄毛の原因となる「悪玉酵素」をくい止める成分があるのです。
ウコンは安全ですから、プロペシアを飲まない人は、このウコンを採用すべきでしょう。
ウコン
ノコギリヤシ
大豆イソフラボン
カボチャの種
亜鉛

は、薄毛原因の悪玉酵素を押さえつけてくれます。
ウコンを定期的に、できれば毎日、摂取しましょう。
薄毛の原因を防ぐだけではなく、健康と美容にも良いです。


育毛剤について思うこと
育毛剤は、ふつう、液体を頭皮に塗ります。
頭皮に塗って、成分が毛根にしみていくことを期待しているのです。

ところが、頭皮も含めた「肌」というのは、バリア機能があって、なかなか毛母細胞にまでは、育毛剤の成分がしみこんでいかないのです。

ですから、

育毛成分を口から取り入れることが、ベストといえるのです。
私も育毛剤は使用していますが、メインではないです。

サブの育毛法として育毛剤をとらえています。
では、メインの育毛法というのは、どういうものか?

一言で言うと、

「野菜成分とコラーゲン」

を摂取しましょう、ということです。

野菜に関しては、ジュースも「あり」です。

できればジューサーやミキサーで、作りたてを飲みたい。

自宅で作りたての野菜ジュースを飲むと、育毛の基盤ができたといえます。
飲む育毛剤という称号を与えたいな。

このドリンクに。

ドリンクというよりも、世間的には「野菜ジュース」というべきか。

 
野菜ジュースですね。

これが、薄毛対策には役立つ。

役立つというより、

「野菜を食べる機会がないなら、この野菜ジュースにせよ」

といいたいな。

私の住む地区にも近くにはスーパー、コンビニ、自然食料品店、ドラッグストア、など、たくさんあります。
そこに行けば、いろいろな野菜ジュースが買えます。
もちろん、今までいろんな野菜ジュースを飲んできました。

髪の毛を維持する為に。

髪の毛を増やすために。
野菜は育毛の基礎の基礎。
基礎ができていないと薄毛対策は成功しない。

野菜を、あなたは、たぶん多くは食べていない。
これは、大事なので、繰り返し言いますが、
「日本人の平均的な野菜摂取量をはるかにオーバーする量を食べないと育毛は成功しない」

のですよ。

 
野菜スープ

野菜酵素飲料

そして、

野菜ジュースを飲むのです。