JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

髪を増やすための育毛にかかる費用について解説します。

 

育毛シャンプー購入費用など、髪の毛を増やすには、お金がかかります。

 

もっとも、カツラや植毛と比べると、だんぜん安上がりです。髪の毛にかかる費用を惜しんではなりません。

植毛やカツラは「メンテナンス」ということで、維持費が高いのです。

 

今、髪の毛を太くし、抜け毛を防ぐ努力をしないと、カツラなどは百万円など、すぐかかってしまいます。

 

育毛剤や、育毛シャンプー、そして育毛サプリメントには、ある程度お金を使いたい。

 

では、育毛漢方の実践では具体的に、どのくらいの費用がかかるのか?

 

おおよその目安を見てみよう。

 

ちなみに、『みるみる髪が生えてくる』では、おすすめの育毛剤や、育毛シャンプーは本にでてきません。

 

あくまでも私の場合をみてみるだけで、費用には個人差があることに注意。

 

重要度の高いものから記載します。

 

 

1.育毛シャンプー  1か月あたり  1000円
→例:「馬油成分シャンプー」3000円を3か月で使用
2.スピルリナ    1カ月あたり   1200円
→例:2400円のスピルリナを2か月で消費する
3.レシチン     1カ月あたり   2000円
→例4000円のレシチンを2か月で消費する
4.育毛酒      1カ月あたり   2500円
→例:5000円の酒を2ヶ月で消費する
5.ビタミンEとビタミンC   1カ月あたり1500円
→例:1500円程度のビタミン剤を1ヶ月で消費する
6.育毛剤  1ヶ月あたり3000円
→例:マミヤン アロエ原液3000円を1ヶ月で消費
7.プーアール茶、ドクダミ茶など  1ヶ月あたり1000円
→例:2000円で2か月で消費
8.その他   1か月あたり1000円くらい
→豚毛ブラシ、心を明るくするサプリメント「セントジョーンズワート」、亜鉛、鉄、など。
9.肩、首、背中等のコリをほぐすクイックマッサージ
毎月1500円使用。
10.メンズミレット
毎月16000円程度


以上、髪の毛を太くする育毛生活実践に必要な費用です。

 

ちなみに、メンズミレットというのは育毛コラーゲン商品です。

 

高橋先生の本ではコラーゲンは出てきませんが、当初提携していた「自然美」という会社では、現在コラーゲン商品を取り上げています。

 

コラーゲンの太髪効果は、多くの人が体感したので、現在の日本では人気が定着しました。

 

さて、いくつかの商品を取り上げています。

 

これらは抜け毛によいだけでなく、体全体の健康にも良いので、積極的に採用してほしい。

 

育毛剤やサプリメント代をケチるようでは、髪の毛を増やそうとしても、成果が出ないと思います。

 

育毛剤も、ケチらずじゃぶじゃぶ使用するのがよいのです。

 

何度もいいますが、カツラや植毛に一度手をだすと、引き返せません。

 

人の目が気になるし、カツラの下で、ハゲがどんどん進行していくからです。

 

カツラの場合、使用するためのメンテナンスは、年間百万円を越す場合もあるようです。

 

自分の髪の毛をキープし、増やしていきましょう。

 

それを考えると、髪を太くするのに「この程度の出費は安いもの」という判断をすべきでしょうね。

 

育毛シャンプーとヘア・パック。

 

そしてスピルリナ、および育毛酒はメンズミレットは重要です。

 

 

男性の場合、最重要はメンズミレットですね。