育毛ノウハウは「再現性」が決め手なのです。
数年前のSTAP細胞疑惑。

STAP細胞の疑惑で小保方さんが理研から批判されたのは、結局のところ、
まだ、追試に誰も成功しなかったからです。
いや、小保方さんは「私のほかにも成功した人がいます」と記者会見で発言しましたが、
どこの誰とも言いませんでした。
あんなにつらい目に遭っているのに?
追試に成功した人は、なぜ、名乗りを上げないの?
「小保方さんは正しい私もSTAP細胞を作った」
と言えば、一件落着なのに。
 

 

ここが「信じられない」部分です。
疑惑が深まるところなのです。
追試。
自分だけが「成功した」のでは、説得力がないわけだ。
発毛にも同じことが言えるのだ。

「これで、生える」
という言葉が真実味を帯びるのは、再現できる人が大勢出てこそなのだ。
「私も生えた」
という人が次々と名乗りを上げることなのだ。
漢方の育毛法で私は生えた。
強い薄毛遺伝子を抑え込みつつ、髪の毛を維持してきた。
満足している。
だが、
あなたはどうか。
もう、満足のいくレベルまで髪が生えたのか?
まだならば、育毛漢方療法を試してほしい。

⇒ 薄毛を治す特別セット

再現してほしいのです。
もし、再現できない場合は・・・・?
そのときは、べつの方法を検討していけばいいだけ。
平成30年の現在は、いろいろな育毛法があるからね。
有名なのは、
プロペシアやミノキシジル。
あるいは、いろいろな育毛剤を試すのもいいでしょう。
現代の日本にはいろいろな発毛法があるからね。
ハーグ法とか。

 

漢方法で成功したら、ぜひ、できるだけ多くの薄毛で悩む人に伝えてあげてください。