JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

髪の毛が薄くなる体質の人。

 

この人は「薄くなるのが正常」なのです。

 

そういう体質なのですから。

 

 

体質なのです。

 

背の高くなる体質の人は、背が高くなるのがあたりまえ。

 

太る体質の人は太るのが当たり前。

 

体質に「逆行」するのは、並大抵のことではないのです。

 

具体的には、食べ物を武器として、体質変換を図ることです。

 

 

身長も体重も頭髪も、食べ物で大きな変化が起こりうる。

 

 

背を伸ばしたくないなら栄養を取らないことです。

 

お菓子ばかり食べて、睡眠不足状態にしておく。

 

 

そうしたら背は伸びにくい。

 

 

太りたいなら、カロリーの高いものを食べまくる。

 

そうしたら太る。

 

 

ハゲたいのなら脂質の多いものを食べる。

 

睡眠もあまりとらない。

 

 

そうしたらハゲてくる。

 

 

食べ物と生活習慣で人間の体は変化するのですね。

 

医療的な育毛法ではプロペシアで悪玉酵素を押さえつけます。

 

 

一方漢方育毛法も、口から取り入れる栄養によって悪玉酵素を押さえつけるのです。

 

安全面からは漢方療法が優れています。

 

 

私はプロペシアの体験があるのですが、「もう、いやだ」と感じています。

 

 

副作用あり。

 

私の場合にはね。

 

結局、長く続けることでプロペシアの副作用も大きくなると思うのです。

 

 

ですから、安心して続けられる「漢方の育毛法」を実践するほうが、結局は成果が出やすいのです。

 

 

昭和56年に実行し始めた漢方育毛。

 

 

当時、私が利用していました「自然美」という漢方育毛法の商品販売部門は今も運営されています。

 

 

今までいろんな「新しい育毛法」が登場しては消えていった。

 

 

マイナス温度の冷気を頭皮に当てて、刺激を加えるサロンなども私の住む町にあったが、もちろん今はない。

 

効果があるものが長く愛用されるのです。

 

 

参考  自然美

 

 

薄毛を治す特別セット