育毛最速ノウハウ「高橋式」解説 抜け毛を止め、育毛を最速で可能とする「高橋式」ノウハウ解説。

 

あなたも、お忙しいでしょうから、さっそく、高橋先生の著書から、今日も御言葉をいただくこととしましょう。

 

まず高橋先生の著書『みるみる髪が生えてくる』をご覧ください。

 

あなた、もしかしてこの本をお持ちでないのでしょうか?

 

え?「私は5冊も、持っている」ですって?

 

素晴らしいです。 私も3冊しか購入していませんよ。

 

何冊も買いたくなる、その気持ちようくわかります。

 

あなたも、この書籍により、ハゲの恐怖から解放され、若々しくいられる喜びを感じているのですね!!

 

では、まず表紙をみましょう。

 

タイトルの「みるみる髪が生えてくる」という、この言葉の響きを味わいましょうよ。

 

土から新芽が生えてくる新鮮な写真がありますね。 そしてタイトルの「髪が生えてくる」というこの言葉の輝き。

 

育毛の勇気を与えてくれます。

 

ある日、急速に抜け毛が進行し、髪の毛が細く、弱弱しくなったことに、気づいたときの衝撃をあなたも、きっと味わったはず。

 

「どうしよう。こんなヘアスタイルでは、人前に出られないよ!」 というあせり。

 

髪が少ないと、どんなにオシャレしても、「決まり」ません。

 

鏡の前で、いろいろと髪の毛が「薄く見えない」髪型を考えるが、うまくいかないのです。

 

女性の好意を得たい20代前半に、ハゲの恐怖はやってきますので、やりきれないのです。

 

「女性にモテなくなる」 という恐怖、屈辱感、あせり、絶望感。 私なども、顔がよく、女性にモテモテだっただけに、その苦悩は大きかったのです(よく言うよ!!)

 

本のタイトルの下には、 「4ヶ月で根治する驚異の高橋式」 と書かれていますね。

 

地獄に仏とはこういうことをいうのでしょう。

 

若ハゲの恐怖のさなかで、私も、この本に出会うことができました。

 

昭和56年のことです。 昭和56年かぁ。 早くも四半世紀が過ぎたのですね。

 

昨日のことのように、思えますがね。

 

昭和56年のハゲに気づいたときから、今日まで、本当に自分でもよくやったと思うのです。

 

当時、将来を悲観した「将来の自分の頭髪予想イメージ」と比べ、非常に満足のいく、髪の毛の状態です。

 

そんなに、抜け毛を恐れることはなかった、という実感です。

 

「なんとかなるもんだな」、という感想です。

 

しかし、それも、この高橋式育毛ノウハウのおかげなのです。

 

この育毛漢方の方法で、私は救われたし、あなたも、満足のいく育毛体験、発毛体験を得たいなら、この方法を、忠実に実践することでしょう。

 

おや、今日は高橋先生のご本の表紙だけで、時間切れとなりました。

 

このペースでいくと、本の解説を終えるまでは3年くらいかかりそうですね。

 

あなたも、わたしも、その頃は、今よりもさらに、髪の毛をぼうぼうに生やしていることでしょう。