育毛食事と食生活の改善による脱毛症予防

円形脱毛症は、よくストレスからくる症状であると言われるのですが、正確な要因はまだハッキリしていません。

私も円形脱毛症になった取引先の人(男性 年令45歳くらい)を知っていますが、

「なぜ、円形脱毛症になったのか」

は、本人でもわからないようです。

彼の上司は、自分の出世のみを目差す人なので、おそらくストレスであろうと、周りの人は話していますが、私が本人に確認したところ、

「いや、そんなにストレスで苦しんだわけではない。
食事の面で、良くないものが多かったのかも。
自分に合わないものがあったために円形脱毛症になったのかとも思う」

と言っています。

彼も脱毛症によりハゲてから、2年くらいたちますが、髪の毛が復活する気配はないです。

それにしても、ハゲる前と、ハゲてからでは、

まるで容貌が違っているのいるので、脱毛する前に彼を見ていたら、とても同一人物とは思えないでしょうね。


ところで、彼は

「自分はストレスで円形脱毛になったのではないと思う」

と自己分析していましたが、

髪の毛に影響のあるストレスというのは精神的なものだけではなにのです。

食事の偏りなどの食生活においても、知らないうちに人間の体にはストレスが蓄積しています。


ハゲないために効果的な育毛食事をする事で、円形脱毛症などに強い体作りができるとされていますので、知識として知っておくべきでしょう。

ハゲ遺伝子を持っている人は、円形脱毛症にもなる恐れがあると私は考えます。

脱毛症にならないために、一番重要なのは栄養バランスを考える事です。

頭皮に良いとされている「亜鉛」「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」などは不足しないように育毛食事の中に取り入れることが大事です。

もし、足りていないようであれば育毛サプリメントなどで補っておきたい。

育毛サプリであれば、必要な成分を直接選んで体内に吸収できるのです。

ただ、すべてを育毛サプリに頼るのではなく、あくまでも補助的な位置づけてほしい。

育毛や、脱毛予防の基本は食事から必要な栄養分を摂取する事にあります。

とくに、薄毛やハゲ対策では野菜を豊富に摂取することです。

野菜を手軽に摂取できるとして、青汁や野菜ジュースなどが最近では人気です。

ちなみに、ジュースにするときは、効果のある野菜ジュースを飲みましょう。

野菜成分を十分に保存できる方法で作ったジュースでないと、意味がなくなります。


具体的に言うと、スーパーマーケットなどで買うパック入りの野菜ジュースはあまりお勧めはしないです。

野菜ジュースでベストなのは、自宅でジューサーで野菜ジュースを作って飲むことです。

できることなら、ジュースより、野菜酵素や野菜スープが育毛のために良いですね。

そして、トータル的に栄養分を摂取できるような食事バランスを毎日続ける事です。

毎日の育毛食事が習慣になってくると、自然と円形脱毛症などに強い体が形成されているはずです。

食べるものこそが身体の、そして髪の毛の元気の源といえます。

ぜひ脱毛症対策に効果的な食生活ができるように工夫しましょう。

コンビニ弁当やファーストフード、レトルト食などで食事をすまさないようにすることです。