薄毛対策における食事は野菜中心とする。

これは多くの人が知っているが実行できない事でもあるのです。


育毛に役立つ食事がある一方で、


薄毛化を促進する食事もあるのです。


ポテトチップスや缶コーヒー。


そして、肉も薄毛の原因となる。


欧米人が薄毛比率が高いのはそのせいもあるのです。


育毛理論では、AGAは旺盛な男性ホルモンと皮脂腺の発達が二つのハゲ条件になっている。


また目本で、薄毛の人は、肥満気味の人に多いのです。

見た感じですが。


薄毛の人は、ヤセ型にもいますが、どちらかといえば、見た目にガッシリしかタイプが多いですね。


薄毛の原因では、まずは、男性ホルモンが多く、皮脂腺が発達しやすい体質があげられます。


遺伝的な素因によるハゲです。


父親か、母親が薄毛の場合には、その息子もたいてい薄毛になることが多いです。


遺伝的な原因以外では、後天的な要因もあります。


髪にとってよくない生活週間です。


食事を含めた生活習慣の影響もあって、日本人にも急激に若ハゲが、ふえています。


食事の内容が髪の毛の状態を大きく左右します。


皮膚に脂質を供給する組織として「皮脂腺」があります。


脂肪を食べると、皮脂腺もが発達します。


皮脂腺が肥大化するとハゲになりやすい。


もともと、日本人は、近代まで動物肉を食べる習慣はなかったのです。


近代までは、米とイモだけの栄養で生きてきたのが、多くの日本人なのです。


ハゲる若者が増えているのは、戦後、食習慣を欧米の高脂肪食になってきたのが原因とといえるのです。


欧米人や肥満気味の人に薄毛が多いという現実から、


対策として、

1、野菜を多く食べる


2.肉を食べ過ぎない


3.適度の体重にするためにダイエットも必要に応じて実行する


4.昔ながらの日本食を心がける。



ということが薄毛対策には必要なのです。