JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

平成30年5月20日追記

漢方の育毛法を解説している記事です。

今も考えは同様です。

ポイントの一つに「新鮮な酸素」としています。

深呼吸をすることです。

今のような新緑の季節に深呼吸をすると、育毛にも役立ちます。

もちろん、これだけで生える訳ではないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

育毛シャンプーを利用していますか?

育毛どころか、脱毛を促す粗悪なシャンプーなどを使っていないでしょうね?

育毛シャンプーに切り替えることで、髪の毛はイキイキとします。

例えば、ウーマシャンプーなどは、洗髪後、明らかに髪の毛の勢いがついていますよ。

他にも日本盛の販売する「米ぬか美人」も育毛シャンプーとして優良なものと思っています。

さて、育毛漢方について。

育毛を成功させるには、漢方育毛法が一番だと思っています。

育毛法については、私はたえず「お試し」を体験しております。

漢方育毛よりも、もっと良い方法が見つかれば、即、そちらに移ることにします。

育毛剤で素晴らしいと実感できるもの。

発毛法で効果が高いと認められたもの。

育毛食品で顕著な改善が感じられるもの。

良い育毛法があれば、なんら躊躇なく私は採用するでしょう。

別に漢方育毛法にこだわることはしていません。


私は育毛・発毛の研究家ではなく、実践者なのですから。

とは言うものの、漢方育毛よりも優れた育毛法を今、現在、知りません。

漢方育毛のすばらしさは、なんと言っても「体質改善」にあります。

これは、非常に残念なことですが、ハゲは遺伝的要素がやはり強いです。


大事なことなので、言いたくないですが、もう一度言います。


「ハゲは遺伝的要素が強い」


ですから、育毛が困難な問題だと言われるのです。

しかし、安心してください。

大丈夫です。


かならず漢方の力で、改善は可能です。

私は知っています。

漢方の力は、自然の力と、医の道の天才の先人たちが築いた偉大な療法なのだから。


では、育毛・発毛の大切なことを3点記載します。

1、睡眠、新鮮な酸素、安心感(リラックス)

2、漢方食を摂取する

3、シャンプー、育毛剤では安全で効果のあるものを使う


特に、睡眠については、どんな理由があろうとも7時間は確保したい。

髪をはやすには7時間未満の睡眠では困難です。

5時間以内だと、確実にハゲは進行する。

遺伝的にハゲ要素がない人は5時間でも心配はありません。ハゲないでしょう。

しかし、薄毛体質の遺伝的要素のある人は7時間。できれば8時間確保したいのです。

この7時間睡眠が守れないなら、さすがに漢方食や漢方育毛剤も効果を上げることはないのです。

睡眠は決して削らないようにしましょう。

ただ、あまり神経質にならないように。

習慣的に7時間未満は育毛に良くないが、たまに6時間しか寝なくとも、それほど気にすることはありません。

しかし、たまにであっても、5時間以内の睡眠はやめておきたい最低の育毛条件です。

 

 

ぐっすり眠ればこそ、即効育毛コラーゲン「メンズミレット」も、効果が出てくるのです。

 

 

継続率93%!回生堂メンズミレット