薄毛や抜け毛になぜ、漢方が効くのか?

私なりに考えてみましょう。

多くの漢方の専門書とは少し異なる部分もあるかもしれないですが、私の実感として、育毛についての漢方を考えてみました。


単純に考えて、「人体」というものは食事によって作られると思うのです。

科学的にも人体の細胞は3か月でほぼ全部入れ換わるというではないですか。

ですから、よい食べ物を食べることで、「体質」を含め身体はよくなるということです。

ここが大前提だと思いますね。


髪の毛にとっても、ハンバーガーやコーラ、あるいは缶コーヒーやチョコレートなど髪の毛にはよくないものを取っていると「身体」は髪の毛を成長させないようなコンディションになるわけです。


一方、イワシの缶詰やさけ、あるいはブロッコリーやピーマンを食べ、おやつには黒ゴマクッキーと黒酢ドリンクという生活をしていると、「身体」は変化し、髪の毛をうぶ毛から大きな髪にせいちょうさせる体質に変化するわけです。


これが漢方の育毛方法の根本なのです。

では、なにが体質変換に役立つかというと、育毛酒であり、市販のものならドクダミ酒だと私は感じているのです。

体質改善ができないと、育毛剤だけでは効果はなかなか出ないですよ。

春先は育毛の効果が出やすい時期です。

どくだみ酒
スピルリナ
レシチン
イワシの缶詰
くるみ

などを集中して食べる、飲むことがいい結果につながると思いますね。


睡眠時間は7時間以上はキープすることも育毛成功の前提となります。